母親は、「敷きたがり」。
私は、面倒なので「敷きたくない」。

畳部屋の出入り口など、必ず通る場所にマットを敷きたがる。
畳がすり切れるのを防ぐためだそうだ。

母親も加齢によって、だんだん足元が若い頃のように上がらなくなってきた。
よく見ていると、やっぱりマットの厚みに引っかかる時がたまにある。

いろいろと考えてみて、将来的なものもあるので、以前から気になっていた「置くだけタイルマット」の吸着・つまづきにくいタイプを買ってみた。
薄いカーペットタイルの裏に吸着処理がしてあるものだけど、いままで使っていたキッチンマット(自作)をはぎ取って、タイルマットに敷替える。

動かない
薄い割には結構足触りがよい
薄いので床との段差があまりなく、つまづきにくい
タイルなので、粗相したところだけ洗える
当然に敷替え用の予備も数枚あるけど、タイルなので、収納に場所を取らないのも良い。

使用感・メンテナンス性・収納スペースともに、とても良いのだけど唯一の欠点がある。

高い!

ここだけ、もうちょっとなんとかならんもんだろうか……w

居間に使っているコルクタイルマットも、一年中使えて快適な上に、猫のやんちゃの対応も楽。
四畳半サイズの敷物であっても、剥いだり敷いたりして、メンテナンスするのは、もう若くないので年々嫌になってきた結果の選択だった。
こっちもトータルで言えば、結構なお値段だったけど、導入に後悔はない。

欲を言えば、もう少し欲しいけど、もうちょっと懐を暖めてからでないと無理w


Secret