12-06-04 クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズという名前なんだけど、ほとんどの品種は、春に咲きます。
我が家では、五月が花盛りです。

庭木の下生えにしています。


今日も雨。
台風4合のあとを5号が追っています。
明後日は、古紙の日なんですが、困ったなあ。

終日、雨でどこにも出られないと、猫に八つ当たりされながら、縁側に積み上げた、収納庫から出た処分するものを分別して、ゴミ出しできるように処理していました。
その作業中にでてきたもの。

値札付き、新品、未使用なダイビングマスク。
我が家は海には縁のない場所。
父親の購入品かしら?

居間にいる母親のところに持っていって聞いてみる。
「これ、新品だけど、お父さんが買ったのかな? それとも、親戚の誰かの忘れ物?」
母親も首をかしげている。
「おばあさん(父親の方・同居していた)が、ラッキョウを剥くときに、かぶっていた。」

なんですと!
ラッキョウ剥きに……?!

うーん、ばあさん、やるな~ と、密かに感心したのはナイショ。

「でも、これ新品。それに○○の店の値札が付いていたし、ばあさんが行ける場所じゃない。あと、ばあさんは使った後、こんなふうに箱に戻して片付ける人じゃない。たぶん、お父さんが買ったのだと思うけど。」
「なら、そうかも。」
「で、これどうする?」
と、聞いたら、すぐさまに
「まあ、おいとけ。」
お返事が……!

かーちゃん、あなた、いま何にも考えずに、反射的に返事しただろう!!


「ふーん、じゃあ、これ使うの?」
「こんなもん、使わない。」
「誰かにあげるの?」
「あてが無い。」
「………」

気を取り直して

「使う気もないものを置いても、意味ないよ~。」
「……」
「これ、大事なもの?」
「いんや、ぜんぜん。」(いや、まったく)
「じゃあ、捨ててもいいよね。」
「……うん。」

というような一幕がありました。
(この会話のBGMに、時々、猫の「にゃー」(遊んで)が入ります)

ほんとにもう、「置いとけ」節が好きだよねぇ……。


Secret