上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父親の「道具」たち。

私が都会暮らしから戻って数年は、こっちも転職やらなにやらで、精神的にも体力的にも余裕がないので、家族のいろいろな問題には見て見ぬ振りをしていました。
私自身は、自分のテリトリーである自室以外には、ものを置かないし、ほかの家族のルールを優先して元に戻すことを心がけていました。

本格的に「どうにかしたほうがいいなあ」と思うようになる少し前くらいに、父親に何度か進言したことはありました。
「一カ所にまとめて、整理整頓したほうが良くない?」
最初はそれなりに反応がありましたw

片付けをされた方ならわかっていただけると思いますが、勢いだけではできないんですよね……。
我が家のようなどうにでもなる広い一戸建てでも、こと収納となると、思い描いたようにはなりません。
気力・体力・知力が必要なんです。

そうして、ちょっとやっては投げ出してしまいます。
二度目からは、厭そうな顔をしますw
親の面子もありますので、決して「出来ない」とは言いませんw
そうして、逃げ続けて、最後まで逃げ切ったわけですが……(苦笑

工具でも、同じ規格のものが何個もありました。
ドライバーなんて、数えてみたら、同じ+ドライバーが20本……orz
ハンマー、金槌、のこぎりなどなど。

こんなふうな持ち物だけでなくても、「逃げた結果」というのは、普通に日常のことでもよくあると思います。
一番簡単なのが、「夏休みの宿題」w

掃除しないとなあ…と、思いつつも、見て見ぬ振りをし続けた結果、もの凄い時間と労力を費やしても汚れが落ちなくなっていた。
自分の時間と労力だけでなく、見ないふりをして逃げ続けたことで、失ったものも多かったという体験談を見たことがあります。
溜まるのは、ものだけでなく、自分や周りの「負の気持ち」もありますよね。

自分自身でも、ものを買うときに、失敗した買い物というものが結構あります。
買ったけど、自分が最初に思ったのとは違って、どうにも体に合わない(通販などでたまにあります)
便利そう! と買ったけど、実際に使ってみたら意外と面倒で、使わなくなってしまったキッチングッズ。
100均で、考えなしに飛びついて買ってしまったものたち
その時は、そういう気分で、流行り物に飛びついて買ったけど、すぐに飽きてしまって放置。

そういうものたちは、ほぼ新品です。
捨てるのはためらわれるので、ついついどこかに押し込んでしまいますw
だって、失敗したと認めにくいんですもの……w
当然のことに、そのことで「あ~あ、ちょっとしくじったねえ」とは思うけど、あんまり反省とか、今後どのように改善しようとか、きっちり考えないんですよね。
特に100均ものだと、安いから失敗してもダメージが少ないせいもあるかもしれない。

そうやって逃げて、気が付いたら、失敗したものたちが、結構な量で溜まってしまっています。
でも、失敗したと思いたくないから、収納しちゃうわけです。

本当に、片付け・自分の暮らし方、どういう風に生活したいのかと考えるようになって、最近ようやく、そういうのが「逃げ」だったんだなあと。
そりゃあ、人間誰しも、いつも常に元気でビシバシ行こうぜ! な時ばっかりじゃない。

疲れていて気持ちも体も余裕がない
優先することがあって時間がない
面倒なことは考えたくない時もある

そんな時も、結構あります。
ええ、ええ、私もしょっちゅうですよ……w

時には、逃げてもいいと思うのですよ。
でもね、「逃げるは、溜まる」 これだけは忘れてはいけないと思う。




Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。