上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログの記録を振り返ると、冬の終わりから春の初めにかけてが、私の「片付け」の起動タイミングらしい。
つまり、冬眠からさめる熊よろしく、片付け熱が芽生えるらしい……w

ということで、今年もやっぱり同じく、「片付けたい」欲求に突き動かされております。
今年は、「捨てる・処分する」という段階はもう終わったと思うので、次のステップに進みたいと思うのです。
理由は、もはや「モノを減らす」ことでは、解決しない段階にあると思うから。

次のステップは「収納」。
ま、いまあるモノは、家具やらに収納されてますけどね。
でも、それは「美的収納」的に言えば、未だ「仮置き」状態なんだと思います。

現在は、自室の最大のスペース食いでもあった漫画本のデジタル化と、小説本のうちの一部(傷みの激しい文庫もの)をデジタル化しては、捨てています。
本棚に出来ていく空きが、なんだかとても嬉しい気持ちになります。

せっかく空きスペースが増えつつあるので、改めて、本棚の中身の並びを手直ししたりしていたのですが、その中身のうちの音楽CDの一角で、ふと考え込んでしまいました。
CDもプラケースを外して、メディアパスという薄いケースに入れ替えて、省スペースにしてから本棚に入れていたのですが、取り出しやすい良い場所に置いています。

ここに収めてから、このCDたちを出し入れした記憶はほとんどないのです。
よく考えたら、最初にCDを購入したら、MP3にエンコードして、iPodで聞けるようにしてしまいます。
音楽はよく聞いているけど、オリジナルのCDは、ほとんど必要ないという状態。
なら、この音楽CDたちは、こんなに便利な本棚の中の一等地に無くてもいいんじゃないだろうか。
箱づめして、本棚の一番下の取り出しにくい奥にあっても、問題ないんじゃないかしらと。
ということで、本棚の一等地から音楽CDは移動です。

音楽CDの入っていた場所は、棚の間隔を調整して、最近増えつつある映像関係のDVD(TVコンテンツで気に入って買ったものとか、著作権切れの古い映画とか)置き場になりました。
このへんになると、もうBefore/Afterの写真は意味がないですw

今年は、主にこういうふうに、地道にものの収め方を見直して、手直ししていこうと思っています。
もちろん、その過程で、ものの選別もしていきます。

来週は、食器棚に取りかかるかなあ。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1371-0fa25882

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。