2012.02.08 【日常】猛威
らばQ ヨーロッパが凍ってる…大寒波で氷漬けになってしまった写真26枚

こうなると、雪が積もるよりタチが悪いと思います。
積もるのも怖いんですけどね……
先日、東北で帰省中の幼い子どもさんが、屋根からの落雪の下敷きになって亡くなるという、いたましい事故がありました。
子どものころ、私も大人たちに、この季節になると家の周りで遊ぶなと、耳タコになるほど注意されていました。
屋根から落ちてくる雪も恐ろしいですが、もっと恐ろしいのがツララだと。

山の斜面、崖際、水路のある付近なども、注意して歩くように言われていました。

斜面は雪崩、崖際は雪庇といって積もった雪がひさしのように張り出しているので、そこをうっかり踏んだら下に転げ落ちます。
水路の周りもそうです。
雪が積もっていて、実際の水路の様子も見えにくいし、縁がどこかもわからないので、簡単に落ちてしまいます。

車を運転していて、何よりも恐ろしいのが、夕方の4時くらいに吹雪きになることです。
一面の真っ白……道路も路肩も空も白一色。
これを「総白(そうじろ)」と呼んでいます。
自分の走っている位置どりも分からない状態なんです。
かろうじて分かるのが、上下だけw
この状態で、一度、車を雪だまりに突っ込んで、立ち往生したことがありました。

夏の猛暑も恐ろしいですが、真冬の白さも恐怖です。
ああ、早く春が来ないかなあ。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1326-8d273a7e