言霊 wiki

まあ、こんなに神道でオカルティックで、スピリチュアルな事じゃないんですが、人間というものは不思議なもので、言葉にして声に出す、文字にして書くという行為には特別な効果があるように思います。

「思考は言語と言葉によって構成される」という言い方もあります。
頭の中で、いろいろと考えたり、想像したりするときには、半分以上は「言葉」が浮かんでは流れ、流れては浮かびします。
とりとめのない事を思っても、やっぱり基本は「言葉」。
むろん、ビジュアルな想像の場合もありますけど、概念的なものはほとんどは言葉ではないでしょうか。

言葉にして、文字にして自分の外に出したときに、改めて目で見て、耳で聞いて、自分の中に再インプットされることで、そのことが自分の中で強く意識されるようになっていきます。
意識がそのことに向いていけば、周りの起きる物事へに対処とか、選択とか、感じることが変化していきます。
今までは全然関心がなかったので、なんとも思わないし、気づきもしなかったけど、一度意識するようになると、そのことに関する周りの情報がどんどん目につくようになってきたという経験がありませんか?
ネットや新聞や雑誌などの情報だけではなく、家のホコリや汚れでも、一度そういうことに意識が向くと、あれ……あれ? と気になって、よく目につくようになってしまったりします。

自分に言い聞かせる という、言い回しもあります。

言葉や文字というのは、そういうふうに意識のコントロールに大きな力があるように思います。
これがたぶん、「言霊」の本当の正体なんだろうと思います。

sonicaさんの、「夢を叶える 10大ニュース」という方法も、実はこういう理屈があるのかな。
鉄道関係の有名な、指差し点呼というやつも、基本的には同じ効果だと思います。

言葉にして声にして聞いてみる、書いて見る、というのは、大事なことかもしれませんね。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1311-d2f78790