寒いですが、猫は元気すぎるくらい元気で、生傷が絶えません……w
最近では、引き戸のサッシを開けることを覚えて、うっかりすると、勝手に開けて出て行くようになって、家族ともども頭を抱えております。

曰く
「開けたら閉めてくれ!」
「出るのはいいけど、足を綺麗にふいてくれ!」
などなど。


さて、本題ですが、先日購入した「エスニック・デニム」のコットン糸ですが、あれは棒針で編むのは激しく難しいようです。
なんというか、風合いが良いのですが、その分、よりが緩いので、糸割れしやすいのかな。
まあ、自分の腕が悪いのが、大方の理由なんでしょうけど……。

普通のかぎ針編みだと、ドミノ編みにはちょっと面白くない。
工夫すれば出来なくもないだろうけど、そこまでの技術がないので……。

いろいろと調べていると、ふと思い出したのが、アフガン編み!
棒針とかぎ針の合体した、ちょっと変わった編み針なんですけどね。

アフガン編み いろいろ

アフガン編み プレーンアフガンの編み方

昔、編み方は、母親に教えてもらったことがあります。
普通のかぎ針編みのような、華やかな模様は出せないのですが、非情にシンプルで編みやすいのです。
しかも、糸割れしにくいのと、編み地をひっくりかえす必要がないので、整えやすいという編み方。

ネットでチェックしてみると、なんと、アフガン編みでドミノ編みをされている方がいらっしゃいました!
ガーター編みとはちがった表情で、とてもいい感じでした。

試しに自分でやってみると、棒針より手数が少なく楽にさくさくと編めます。
さくさく編めると、かなり楽しいw



Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1280-c5db741c