上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節操なしのジャンル気にしない雑食なので、当然のことながら時代小説も読みます。
池波正太郎なんかも好物ですw
池波作品はほとんど持っていますが、鬼平シリーズが一番好きです。

宮部みゆきさんの江戸物で、

ぼんくら
日暮らし(ぼんくらの1年後の物語)

そして、現在読み中なのが、シリーズ最新の

おまえさん

ミステリーとしての緻密な謎解きというより、読み物としてのおもしろさのほうが大きいように思います。
なによりも登場人物たちに、自然な活き活きとした魅力があります。

宮部さんの時代小説は、どこか暖かくて好きです。
思い通りにならないハッピーエンドじゃない結末でも、読後感は悪くないのが、やはり作者の人柄でしょうか。

もう1冊は、これはミステリーとは言いにくけどミステリー。
本の帯には「なんちゃってミステリー!?」と書かれていますw

そして、巻末の作者の言葉に、犯人捜しがメインではないし、間違ってもミステリーではないので、お間違えのないように! と書かれていますw

祝もものき事務所 茅田砂胡 著

やる気無し、根性無し、能力なしの事務所の所長が、凶器あり、指紋あり、目撃者あり、動機もありで、アリバイなしの被告人の無罪証明をを頼まれるというお話。
え? そうくるか……な、唖然とするような真相と、主人公なのになぜか主人公とは言いにくい不思議な存在。

でも、かなりおもしろいですw

おこたでのんびりタイムにどうぞ。

Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1248-c105e535

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。