上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.15 【雑記】増税
11-09-15 猫-01

叔父から還暦のお祝いのお返しに、「水屋着」2着セットをいただきました。
箱を開けてみると、きれいにたたまれた水屋着の上に、それぞれに
「お母様」
「お嬢様」
と書かれた短冊が……w

お嬢様……わぁ~~~、そんな呼称を目にしたのは、何十年ぶり?(ぇ
母親と二人、キャッキャ、ウフフフとなってしまいましたw
ありがとう、おじさん(奥さんが選んでくれたんでしょうけど)


さて、そろそろ、増税への本格的なステップが始まろうとしています。

「タバコ1箱、700円」……軽すぎる&耐えられない閣僚の言葉

このへんは、なにせ民主党だしなあ という一言で、納得しそうになったりw
正直なところ、政治家というのは言葉を使った駆け引きのプロであるはずなのに、この2年間、口害・口は災いの元という実例ばかり見せられた気がします。

増税関連で、チェックしていたら、見つけたのがこちらで

ちきりんの“社会派”で行こう!:「消費税は低所得者に厳しい」ってウソだと思う (1/3)

タイトルだけでも、「え?!」となって、読まざるを得ませんw

これを拝見して、基本的に疑問に思ったのが二つ。
食品とかを非課税という、現状、案にすら出ていないものを前提での論であること。

消費が激しい金持ちのほうが、消費税を払う額が多いというのはわかります。
問題は、それを「持っている金額(収入・資産)」に対して、どれくらいの割合なのかではないでしょうか。
1万円しか収入がない人の1000円と、30万円の収入の人の1000円では、痛さが違うんじゃないかしら。

それと、もう一つ疑問に思ったのは、食品、薬などの税率を下げるというけど、いまの製品というのは、それ単体だけで成り立つものじゃないのですよね。

仮に、ゴボウサラダという冷凍食品で、最終の消費者からすれば食品なんだから、非課税、あるいは低い税率で買えるとします。
製品には、パッケージ、燃料コスト、輸送コストがかかります。
原材料の野菜も、生産する農家は、それを商品になるように育てるための農業資材、燃料に費用がかかります。
当然のことに、それらには食品を作るためであっても、食品そのものではないので、消費税がかかってくるのではないでしょうか。

低い税率、あるいは非課税であっても、製造側、販売側ともに損をする気はないと思いますので、しっかりと元値段へ反映されていくように思いますが、どうなんでしょう。

経済とか金融とか、ぜんぜんわからないけど、いま現実に話し合いの案にも上らない仮定の設定で、低所得者に厳しいというのはウソ と言い切るのは、どうなんでしょうねえ。

福祉制度や医療制度も違う海外と、単純に数字だけを比べるのもねえ……。





Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1178-e6cc6c50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。