上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.04 【料理】麩
11-07-03 へメロかリス

ヘメロカリス

ユリの仲間です。
日本や中国原産のユウスゲやカンゾウ類(ノカンゾウ、ヤブカンゾウなど)がヨーロッパなどに導入されて品種改良されてできた園芸品種をいいます。

出世して、お里帰りしたようなもの?w

今日は意外と涼しかったけど、1日、大雨でした。
今年は、あちこちで災害の年かしら……。



魚柄さんの台所ノートに良く出てくる「麩」。
炒め物に使ってみました。

ピーマン、タマネギ、白菜、豚肉の野菜炒めなのですが、どれも取れたてなので、どうしても炒めていると水分がいっぱい出て来ます。
今回は、豚肉を通常の1/3に減らして、その分「麩」を使うことにしました。

本当は、車麩とか油麩のようなものがいいのでしょうが、こちらのほうでは通販でも使わない限り手に入りません。
なので、普通にスーパーで買える煮物用の麩を使ってみました。

水で戻した麩を、固く絞って、適当に刻んだモノを、調味料を入れてほぼできあがりつつある炒め物に投入して、一緒にかき回します。
材料に火が通ったらできあがりです。

食べてみると、かなりいい感じでした。
野菜炒めの汁気を、麩がしっかりと吸い込んでしまって、肉の量が減ったことが気にならない濃厚さでした。
しかも、水っぽいベショベショになるのを防いでくれて、いい感じでした。

ある程度の年令がいくと、肉々した料理は売れ行きがよくないのですが、これは食べやすかったらしく、かなり好評でした。

夏の定番のゴーヤーチャンプルーでも、豆腐のかわりに麩を使うのもアリかも。
麩なら、豆腐や肉と違って、長期保存が利く乾物ですし、いいかも!




Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1104-0fc32c3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。