上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11-06-23 きゅうりの中華風

夏はきゅうりの季節
たくさん収穫できるようになると、一週間に2度くらいは作るのがコレ。

きゅうりの中華風

ごま油と醤油と鷹の爪に生のまま一晩漬け込む方法とは別のやり方で、コレはすぐに食べられます。
調味料はほぼ一緒。

きゅうりを食べやすい拍子木に切ります。
フライパンにごま油をひいて、鷹の爪を投入。
その後、きゅうりを入れて、ざざっと軽くごま油をまぶす感じにかき回します。
すぐに出汁の素、醤油、日本酒少々を入れます。
その後、濃いめの水溶き片栗を入れて、手早く混ぜます。
とろみのついた汁が絡んだらできあがり。

きゅうりをフライパンに入れてから、3分くらいで完成します。

余熱でほどほどにパリパリ感を残したままで食べやすくなります。

今夜はカレイの煮付けを作ったので、煮汁がもったいないので流用してみたのですが、いい感じにうまみがでて好評でした。
そのまま作りたてをご飯のおかずにもいいですが、多めにつくって、残りをタッパーにいれて冷蔵庫に入れておくと、次の日はひんやり、ピリ辛の味が楽しめます。

味付けは基本、醤油と鷹の爪とごま油ですが、五香粉や豆板醤、みりんと酢で甘酢も美味しいです。





Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1093-ce5f18dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。