上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜、宮城沖で大きな余震がありました。
余震というには、あまりにも大きな震度6強。
まだまだ油断はできないのですね……。


Adobe に代表される、海賊版込みのビジネスモデル

ソフトウェアの宿命である海賊版。

海賊版の横行によって Adobe は圧倒的なインストールベース (今後正規版を購入する可能性のあるユーザ) を得ている



ネガネガと海賊版を撲滅すると騒ぐより、こういう前向きな考え方は好きです。
むろん、不正なソフトウェアというのは、よろしくないことです。

Adobeの製品は、昔から高いのです。
それが明確に必要だとわかっているプロユース以外の人が、手を出すのには、あまりにもお高いのです。
しかも、それを自分が扱えるかどうかわからないモノなのです。
グラフィック系のソフトというのは、インターフェイスでの相性があります。
なにも知識がなくても、求める結果になるというツールではありません。
しかも、一番お安いのでも軽く8万円。
これでも、昔に比べたらずいぶんとお安くなったなあと思いますw

使ってみなくては、そのソフトの真価はわからないものです。
音楽でもマンガや小説などの作品でも、同じだと思います。。
使って、聞いて、読んでみないと、それが自分にとって好みであるかどうかわかりません。

マンガや小説は、本屋で多少は試し読みな機会がありますが、音楽とソフトウェアに関しては、そういう機会がほとんどないように思います。
タダで聞けるTVの音楽番組が激減している今、音楽に関しては、よほどユーザー側でアンテナの立っている人以外は、新しい音楽に触れることが無くなりました。
アニメとかCMの音楽が人気になるというのは、結局は「タダ」で「広く」大勢の視聴者が耳にしているからではないでしょうか。

まずはそれに触れて、使ってみて、知って貰うことが第一なわけです。




Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1016-5fd19f43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。