上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11日からずーーっと被災地の様子や、避難所、原発とTVで見ていたら、だんだん落ち着かないどころか、落ち込んできて無気力方面へと……。

いやいや、これではダメでしょう。
被災していないのに、震災ショックで、ふさぎ込んでいてはいけないと思い、守るべき家族や自分にとって、「いざ」という時に、どうしたらいいのか考えてみています。

いけうら防災ネット 非常持出袋で命は救えない

非常持出袋とは必要となる人には持ち出す余裕もなく、安全に持ち出せる人には不必要、というちょっとした悩ましい逆説を抱えているのです。



これは、まさにごもっともです。
これがあるので、防災グッズを、非常食をどうしたらいいのか、悩ましかったのです。

個人で常備すべきもの
世帯で常備すべきもの

このへんも大変に参考になります。

日常的に使うランニングストック内で、常備品を揃えるのが一番無理なく、無駄なく運用できるのでしょうね。

家から避難しなきゃいけない時に、持ち出す衣類も、以前のような状態だと、無駄に時間がかかるだけです。
先日、UPした画像のような状態まで減らして収納してあれば、いざというときには、カバン(大型リュック)を掴んで、かたっぱしから詰め込んでも10分かからずにいけそう。

煮炊きできない時の食料として、常備しておこうと考えているものの一つに、乾パンのかわりに

ヤマザキナビスコ の リッツ
あるいは、クラッカー
コーンフレークのようなもの

このへんなら、日常的におやつ代わりに消費できます。

あとは

インスタントみそ汁
お湯をかけるだけの卵スープ

このへんも日常的上手に使いながら、常備ストックにしようかと思っています。

いくつか、時期をずらして買いそろえておいて、賞味期限の切れそうなものをおやつにしたりして、常に新鮮なものが定量常備できるようにしてみようかと思っています。

飲料も、特別なものではなく、市場が落ち着いたら箱買いしておいて、使いながら常備する形にもっていきたいです。

懐中電灯だけは、買い直さないとだめなんです。

理由 壊れてしまったから。
原因 ニャコムが土間のコンクリートタタキの上に蹴り落として破損

あとは、いざとなったらどうにでもなるという前向きな気持ちと、ちょっとしたサバイバル知識を持つことでしょうか。

以前、食用油でランプを作る方法をご紹介しましたが、天ぷらの廃油を固めるとロウソクに使えるというのもあります。

こうしたことは、使える、使えないは別にして、知っていると気持ちに余裕が持てます。

もしかして、本当の備えって、気持ちと持ち物と知識の整理整頓も大事なんじゃないかしら、と思い始めています。


Secret

TrackBackURL
→http://tumbleweed1000.blog36.fc2.com/tb.php/1009-3bbe84c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。