17-0222 靴下と腹巻き帽子

靴下編みのキットと腹巻き帽子
しましまです。


17-0222 猫

しましま仲間の至福の時間。

ちなみに、靴下の履き心地はすてきです。
靴下を編んだ残り糸で、指無し手袋を製造中。
残り糸ゼロ作戦展開中。




17-0209 opalの毛糸

ずーっと前にNHKで放送された「猫のしっぽカエルの手」で、梅村マルティナさんの腹巻き帽子を見てからのファンでした。
あのopalの糸のおもしろさの虜になって、お小遣いをやりくりしては一冬に1~2個買っていました。
マルティナさんの気仙沼のお店を知ったのはごく最近のことです。

【唯一の正規販売代理店】梅村マルティナOpal毛糸

webショップです。
オリジナルシリーズも充実していて、ここでしか買えない糸がたくさんあります。
しかも日本人好みの色使いです。
opalの糸は、正直言っていくつかを除いては、ほとんどが日本人の好みとは違うカラーリングが多いので難しい糸です。

今年は思い切って3玉+靴下編みのキットを購入しました。
キットに付いていた靴下編みの冊子が秀逸です。
普通の日本の編み本の靴下の編み方は、22cmサイズが基本で、その詳細な編み図が掲載されています。
でも私、22cmじゃないです。
身長でかいです。足も大きいのですw
22cmじゃない人のための修正の仕方なんて載っていないし、初心者に毛の生えたレベルの私には自力でその編み図を自分サイズにする方法も分からない。
ネックウエアとか手袋とかなら、編み本のとおりに編んでも問題はないのですが、靴下とか服系は作っても使い物にならないのでお金と時間の無駄と手を出さないようにしていました。

今回、購入したキットについてきた冊子には、マルティナさんの「幸せを編む魔法の糸」の靴下の編み方をベースにして、いろんなサイズの靴下を編むためのポイントが書かれていました。
いわゆる編み図ではなく、文章でのやり方が書いてあるのですが、図もあってとても分かりやすいです。

私は靴下は、綿の五本指ソックスを愛用しています。
でも、冬はさすがにそれだけでは寒いので、上にウールの先丸ソックスを重ね履きしているのですが、重ね履き用のソックスがなかなかジャストサイズのものが無いのです。
レディースでは重ね履きはきつくて不快なので、メンズのサイズになるんですが、気に入ったものが少ないし、長すぎて落ち着かない。

靴下編みをマスターして、自分サイズの重ね履き用の靴下を作りたいという野望に燃えて、いろいろと試行錯誤してみたのですが、どれもイマイチ……。
このキットでダメだったら諦めようと思っていたのですが、冊子のおかげで下手は下手なりに片方が編めました。
糸の始末をして履いてみると、ジャストサイズ!
しめつけ感はないのにちゃんとフィットしてる!
浮かれて母親に見せたら、編み物を仕事にしていた元プロのダメだしをいっぱいくらって軽くorz状態になったのはご愛敬w
自分サイズのものが編めた嬉しさで、もう片方も鋭意製作中w

ちなみに、これを買った勢いで、Knit proの靴下編み用の短針15cmのセットを買いました。
うん、やっぱりKnit proの針は自分には合っているみたいで、苦手な短針編みも割とストレスなく編めます。
この冬のお小遣いはすっからかんになったけど、後悔はしていません。

キットの糸で靴下を編み終わったら、新しい腹巻き帽子を編みます。
その後は、モグラグラブとつけられた指無し手袋を編みたいです。
残り糸と単色で靴下を編めるかぎり編んでみたい。

10数年ぶりの記録的な大雪になりまして、毎日雪かきにおわれていますが、春まであと少しです。
編みこもって、寒いけど、冬は冬なりに楽しい♪