15-04-29 コースター02

15-04-29 コースター01

上は、九谷焼のイメージで。
私は、九谷焼のMADとも言えるような尖った自由奔放なところが好きなんです。

斬新すぎる…!九谷焼とコラボしたアイテム色々 7選

九谷焼の招き猫は、欲しいものの一つなんですが、カブトムシもいいなw
でも、ドクロはさすがに勘弁です。


下は、ハンドタオルの柄から。

ちなみに、下の5枚は、できあがって撮影が終わったら、さくっと叔母がお持ち帰り……w
同じものをまた作ろうかしら。


GWの入りですが、今日は朝から、冬物の大物の毛布を洗ったり、捨てる衣類をまとめたり、クローゼットの中を整理整頓したりと、冬の間に荒れ放題になった部屋の大掃除に着手です。
何年もかかって、ようやく「もういいかな」と思えるようになったものもいくつか。

要・不要を選ぶことよりも、実は選んだ後の捨てる作業のほうがめんどくさい。
プリンター2台、使わない家具、失敗した買い物……。
連休明けには、一度、清掃センターへ直接搬入になるかなあ。

連休の間、片付けだけでなく、縫い物もしたいなあ。





15-04-25 丸コースター-02

15-04-25 丸コースター

夏むけの青を基調にしたコースター
イメージは藍染め?
写真だと明るめの色になっているけど、もっと落ち着いた藍色です。
隙間時間でちょこっと遊べるので楽しい。


最近、モチベーション維持のためにも、ほかの方の片付けブログを読ませていただいているのですが、そこでなんとなく気になったこと。
みなさん、一生懸命に頑張って 捨てるもの を探していらっしゃる様子。
いらないもの、必要でなくなったもの などなど。

自分でもいろいろとやってきて思ったのですが、「いるか・いらないか」 で選択すると、いらないと明確に言い切れるものは、ほとんど無いのじゃないかなあ。
うちの母親に、物を選んでもらったときに、いるか・いらないかでやったら、ほぼ9割は「いる」だったしw
だから、いらないものを選ぶ というのは、その人の価値観とか、ものに対する意識(欲とも言う)によっては、あまり効果が無いことがあるんじゃないかなと思いました。

我が家の場合、私もそうだけど、母親の価値観的にも、いらないものを選ぶというのは、最初以外はあまり効果がなかったのです。
じゃあ、どうやったのかというと、基準を変えてみたのです。

それが無いと困るか・困らないか

ここまで根源的な選択肢にしちゃうと、いま持っているものの5分の1くらいに減っちゃうんですよねw
無いと困るものだけでは、日常生活がおもしろくないので、本当はこういう選び方は現実的じゃないのですけどね……。
こうすることで、基本の本当に必要なものだけは理解できるので、残りの物を時間をかけてどうするかです。

自分が疲れていたり、体調が良くなかったりして、あまり動きたくないときにギリギリまわせるぐらいのモノの持ち方・配置にするというが、最近のゴールイメージなので、そのためにどうするか考え中です。
今年の大きな目標は、本を今よりさらに半分以下にすることかなあ……。




15-04-22 オーナメント

15-04-22 コースター

上は、海外のparlorbeadsの図案から作ったクリスマス用のオーナメント。
手のひらサイズのミニ。

下は実用する気で作ったコースター。
四角より六角のほうがデザインしやすいのと、大きさが揃えやすい。
四角は実用するつもりなら、シンプルな図柄のほうが作りやすく、使いやすいと思う。
四角のうちで、たぶん使い物になるのは、真ん中の白と青のチェッカー柄ぐらいじゃないかな……。
まあ、他のものも作るのは楽しかったから良いけど……w


さて、趣味の話はおいて、片付けなお話を。

片付けを本格的にはじめて、はや7年目でしょうか。
一部はずいぶんと片付いたのですが、だからといって、きっちり・すっきり、ステキ家になったかというと……(返事がない、屍のようだ)
……ま……まあ、これでも随分と進化したと自画自賛ですよw

これだけの時間を、心の片隅に常に「片付け」を意識しつづけていると、なんとなく自分の特性というか、癖のようなものが見えて来ます。
その中のひとつに、物事への向上心というやつ。
小学校のころから、これだけは学校の先生や、社会人になってからは上司からも、常に評価されてきた「長所」のはず。
これがあるから、もうすこしマシにならんかなー、もうちょっと良くしたいなー と BESTを目指して、よりBetterを積み重ねて来られたと思うのです。

最近、ふっと気づいたのですが、このBetterを目指す向上心というやつ、私のまわりでモノが増える原因じゃなかろうかと。
よりBetterを目指すってことは、常に試行錯誤がセットになっているわけです。
片付けや収納において、試行錯誤って、単純にあるものだけで、あーでもない、こーでもない とやってりゃいいのですが、往々にして「モノ」の導入が伴うことが多いのです。
それが当たりならいいのですが、よーく考えたはずなのに、やっぱりどうも違うなあ、失敗したなあ ということもしばしばあります。
そうなると、導入して失敗したモノをどうするかですが、これが意外と厄介。
なんせ、ほとんど新品w

片付け・収納品にかぎらず、趣味や仕事のアイテムでも、もうちょっと便利にしたい・楽にしたいとモノが増える傾向にあるのが、いわゆる 向上心が根底 にあるんじゃなかろうかと気づいてしまったのです。

もっと良くなろう
もっと欲なろう


向上心って、ある意味では諸刃の剣かもしれないなあと気づいてしまった今日この頃。
どこかで、バカボンのパパのように 「これでいいのだ~!」 と線引きしないとね。

GWは、春の大掃除から始めますかねえ。


15-04-11 スノーフレーク


なんだか、すっかりハマってる? な感じになってきたアイロンビーズ遊び。
仕事の合間にちょこちょこっと作れるのが楽なのかも。
中断もしやすいのです。
あんまり使わない大きめのお盆の上で作業をして、中断するときにはそのままお盆ごと棚の上に退避です。

今回は、スーパーで買ったビーズを使い切ったので、きちんとカワダのパーラービーズを買いました。
どうせ初心者だし、最初はミックスビーズの5000個入りのやつで。
これにはピンセットとプレート(四角、丸、六角)、アイロン用のペーパーが付いているので、これだけあれば普通になにか作れます。

使ってみて思ったのは、やっぱりちゃんとしたものは使いやすいし、仕上がりもきれい。
スーパーで買ったやつは、「Made in China」って書いてあったのですよw
アイロンしたときのビーズの溶け具合にムラがあったり、ビーズを並べていくプレートにバリがあったし、突起部分が微妙にばらつきがあってビーズが安定しなかったけど、カワダのものはやっぱり使いやすいです。
ビーズもアイロンしたときの溶けかたが均一で綺麗に仕上がります。

画像は、前々から作りたかった雪の結晶パターンのコースターです。
白と透明のビーズだけは、単色で書いたしたのですが、1000個入りで200円ちょいくらいのものなので、割とお安く遊べるかなとw

そして、同じく、お安く使えるけどなかなかに良い感じの化粧水。

菊正宗 日本酒の化粧水 500ML

500mlでこのお値段なのです。
ただ、日本酒が原料なので、体質的にアルコールにアレルギーがある人には使えないのですが、私にはかなり合っているのでお気に入りの化粧水です。

安くても良い物、おもしろい物もいっぱいある、今の日本って良い時代だなあと、改めて思ったりしました。



15-04-09 アイロンビーズ-01

15-04-09 アイロンビーズ-02

スーパーで売っている「アイロンビーズ」で、ちょっとだけお試しです。
いや、さすがに地元で顔見知りも多いスーパーで、これを買うのはちょっと恥ずかしかったですw

ちょいちょいと短時間で作れるのは楽しいです。
色の使い方を工夫すれば、図は普通に刺繍や編み込み模様なんかが使えそうです。
これで、編み込み模様のサンプラーみたいにしても楽しいかもw
大人でも十分に遊べますねー♪



DIY – Les sous-verre en perles Hama

従姉妹の子供さんと、パーラービーズという遊びをしたのですが、楽しかったです。
ネットでいろいろと調べてみると、子供向けだけじゃなくて、大人でも楽しめるデザインとか幅広く遊べそう。

日本だとドット絵ふうにキャラを作って遊ぶのが多いですが、かさばらなくて楽しそうに見えちゃうw

うーん やってみたい……!


15-04-03 スイセン

本格的に春になった実感がするのが、このスイセンの花。

作り置きの常備菜を、いろいろとやってみていたのですが、いくつか新しいレパートリー(?)なものが出来てきました。

ひとつは、豆苗をつかったもの。
もやし売場においてある「スプラウト」の豆苗は、エンドウ豆を発芽させたものです。
貝割れ大根より大きくて、特有の辛みがないので使いやすいです。
しかも、上手に刈り取ってやると、根っこの部分をお皿などにおいて水を毎日替えてやれば、10日後くらいにもう一回収穫できるというコスパの良さw

15-04-03 もやしと豆苗

フライパンにもやしと一緒に放り込んで、酒、白出汁を入れてフタをして、中火で数分、しんなりしたら、火を止めて軽くかき回したら出来上がりです。
しゃきしゃきっとした歯ごたえが残っていて美味しいです。

そのまま食べても良いし、パスタなどに沿えてもいいし、ゆでた薄切りの豚肉と合わせて中華サラダ風に使ってもいけます。

ちなみに、この蒸し煮をつくると、かなりの量の残り汁が出るのですが、これがなかなか美味しいのです。
小鍋にうつして、水とコンソメ少々を足してやると、ちょっとしたスープになります。



15-04-03 玉ねぎマリネ

こちらは、いきつけの美容院で教えてもらったマリネ。
写真のは、セロリと玉ねぎのマリネで、ポイントは普通のお酢じゃなくて、らっきょう酢を使った酢漬けなことです。
セロリはそのまま、葉っぱだけよけて、斜め切りにします。
玉ねぎはクシ切りですが、玉ねぎの辛いのが苦手なので、レンジで歯ごたえを失わない程度に加熱しています。
セロリと玉ねぎを、フタの出来る容器にいれて、らっきょう酢をさらっと掛け回した後、フタをしてカシャカシャと振り混ぜたら、そのまま冷蔵庫にいれて1時間もしたら食べ頃です。
美容院で教えて頂いたのは、らっきょう酢だけのバージョンでしたが、わが家では、これに薄口しょう油を小さじ1杯を追加です。
お好みで、鷹の爪を入れてピリ辛にしても美味しいです。

ちなみに、メインはセロリで、それにプラスなにか別の野菜という感じにシンプルに作ったほうが飽きが来ないです。
玉ねぎ、大根、人参、きゅうりが美味しかったです。
人参も玉ねぎと同じように、歯ごたえを残すくらいに加熱したほうが食べやすいです。
4種のうち、大根が一番好評でした。



15-04-01 クロッカス-01

ようやく春です。
庭のあちこちで、クロッカスの群生地ができていましたw

冬の間、仕事の忙しさにかまけて荒れ果てた我が領土(自室)。
現在、立て直しに躍起になっているところです……。

15-04-01 捨てる本

我が六畳の領土は、昔に比べたらずいぶんとすっきりしているんですけど、それでも最近は、あきらかに容量オーバーになっています。
主に本が原因……。
今回、改めて、本当に必要な本なの? と、自分自身に問いかけてみて、出て来たものが上の画像のもの。
これ、年賀状の素材集ですw
毎年、新しい物を買っていたのですが、ここ数年は、いろいろと考えることもあって、親の代からの延長戦の年賀状のやりとりも減っていき、最近では決まった枚数に落ち着いたので、もう出来合いのヤツでもいいかなと思うのです。
なにしろ、年賀状の時期って、本当に忙しくて自分のものなんて正直やりたくない……。
宛名書きだけなら、すぐに作れるのですがw

ということで、もういらないなあと思って抜き出して積み上げてみると、かなりの量です。
それに、心動かなかった編み物関係のもの。
もう古くなって意味の無いソフトのテクニック本。
ぜーんぶ積み上げてみると、軽く60センチくらいのタワーになってしまいましたw

こういう流行にかかわるものって、12年前のものでは、使えるけど使いたくない(センス的に古い)、使えないものになってしまうのですよね。

この本の山は、次の資源ゴミの日にわが家から旅立ちます。

これが終わったら、衣服のほうも選別しないとねー……。