上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母上が、珍しく数枚の洋服を買った。
軽いニットのカーディガンで、裏にフリースのついたジャケットにもなるもので、流行のグレーの杢調。
軽いし、温かいし、いいんじゃない? とコメントしておいた。

帰宅してから、とくとくと解説してくれたのだが、
「これなら、よそのお宅にお邪魔するときにいいかなと思った。」
とな。
よそのお宅のお座敷に座るようなときに着るという話である。
しかし、今現在、そんな予定は無い
親戚関係を考察してみても、そんな必要性が予想されるような家はない。
近しく遊びに行く親戚の家もあるけど、冬場は危ないのでよほどの用事が無い限り行かない。
いくなら、温かくなってからなので、この場合には着られないし、着るつもりはないらしい。

つまりは、「何かあったら」のためのものだという‥‥。

用意が良いのは悪い事じゃない。
だけど、違うだろうと言いたくなったけど、ぐっと我慢。

「お母さんの衣装箱、その 何かあったときに着る予定の服 ばっかりで、ほとんど着ないままに、体に合わなくなったものばっかりじゃない。」
と、チクリとやってみる。
「今になってみたら、何十年も前のものなんて、サイズも合わないし、重たいし、着たくないんだよね。」
しぶしぶという感じで頷いていたw
意地悪娘もほどほどにしておくとして、それでもひとつだけ釘をさしておく。

「せっかく買ったお気に入りなら、いつ着るかわからないような扱いをするより、普通に着たら?」
「とっておき」「よそ行き」や、宝物だからこそしまい込んでおくのが「大事にする」ことだという価値観の母親には、「上手に使って大事にする」という考え方は馴染まないので、生返事しか返ってこないw

「隣のおじさん(故人)のモグラ獲り器と同じだね。」
ニヤリと笑って言ってみた。
とたんに、苦笑いになる。
「‥‥あれはなあ。」

隣のおじさん、昔、ちょっとお高いモグラ獲り器を買ったのが自慢で、よくそれを撫でさすりながら
「これは良く獲れる良いやつなんだぞ。」
と、奥さんに自慢しては、おもむろに箱にいれて棚にしまい込んでいたそうな‥‥。
そして、その大事な自慢のモグラ獲り器は、購入以来、一度も実際に使われたことはなく、隣のおじさんが亡くなって数年たってから、片付けをしていた娘さんによって発掘されたけど、錆びだらけになっていて一度も使われることなく不燃ゴミとして終焉を迎えたという。

奥さんからその話を聞いて、笑っていた母上だけど、同じじゃないかという私の言葉にご不満顔w

「同じようなのを2枚買っているんだから、1枚だけお母さんの言う「何か」のためにおいて、もう一枚は普通に家で着たら?」
「今、良いと思ったものは、今着ないと損だよ。人の感覚や流行なんてすぐに変わるから、年数がたってから着ても、今着るような嬉しさは無くなるよ?」

そうして、結局1枚は「何かあったらのもの」、1枚は普通にご近所にいくような用事のときにも着ることになった。

備えることは悪いことではないけど、備えることだけしか考えないで、今を我慢しすぎるのは違うと思う。
備えても、時間経過の変化というものを計算にいれていない備えは、結局使い物にならないのだからと思う。
ことに洋服については、よほど場にそぐわない突飛なものであったり、ひどい状態でないかぎり、自分が思うほど他人は人の衣服について気にしないと思うのだが‥‥。
やはり、自分でちゃんとオシャレしてる、いい格好をしていると自信を持ちたいのかもしれない。

ただ、自分がいろいろとやってみて思ったことは、洋服というのはきっちりとしたフォーマル以外は、普段着・ちょい外出着のグレードを少し上げることで、ほとんどのシチュエーションに対応できるということだ。
まあ、これも自分がそう思うだけで、他人からみたら至っていないのかもしれないけどw



スポンサーサイト

脱出ゲーム

たまには、こんなゲームはいかがでしょう。
メモ必須です。
現在は、「Linkage」と「VISION」の2つをやりかけです。

これやっていると、いかに自分の頭が固くなっているか実感してしまいましたw
ガチガチに視野が狭くなっているなあと自覚できるので、たまにはこういうゲームもお薦めです。



これって断捨離の進化系?捨ての効果を体感した後、女子が次にやる事

「思い出の品は写真に撮っておけばそれで充分」という考え方は、ちょくちょく見聞きします。
写真に撮るというのは、人それぞれの価値観なので、スルーするとして、この記事の中で気になったのが一カ所。

思い出の品は写真に撮り記録、その写真も含めてすべての写真はすべてデジタル化、PCのハードディスクの中にスキャンして入れると良いそうです。


これについては、ちょっと異議ありかなあ。
だって、ハードディスクって、割とよく壊れるよ?

仕事でPCを日常的に使っている体験からいうと、ハードディスクに大事なデータを保管しっぱなしなんて、怖くて出来ません。
デジタル化する部分に関しては、問題ないのですが、そのデータの保管について、PCのハードディスクに保管するというのは、ぜんぜん良くないと思う。
ハードディスクに入れっぱなしでも良いものは、壊れても簡単に入手できるものや、別に失っても問題ないものだけだと思います。

大事なデータは、デジタル化した後に、必ずDVDやCDなどの外部メディアに焼き出して保管することが一番望ましいのではないでしょうか。

むろん、クラッシュしたハードディスク内部のデータを復旧する手段はあります。
それをやるには、少し専門的なソフトや機材が必要になりますし、時間も相当にかかります。
専門の業者に委託する手段もありますが、それなりのお金がかかります。

仮に壊れなくても、5年以上たてば、どうしてもPCの買い換えが出て来ます。
そのときに、新しいPCへのデータの引っ越しという、めんどくさい作業が生じます。
ずっと持っておきたいデータなら、PC内部のハードディスクではなく外部メディアに保管すべし、と思います。

写真に関しては、CDやDVDに焼き出すのですが、ある程度まとまったら、フォトブックにしています。
フォトブックもいろいろな種類があるのですが、アルバムほどかさばりません。
フォトブックを作ろうとする過程で、予算とページ数という制約があるので、否応なしに、どれを入れるのか選別せざるをえなくなります。
フォトブックなら、コンパクトにまとめられて、しかも、ふっと思い出したときに手にとってパラパラと見られる。

漫画や小説本を自分でデジタル化している体験からも、scanして一時的に作業のために保管するため以外にハードディスクにデータを保管するな というのが私のルールです。

くれぐれも、ハードディスクを過信しすぎないほうがよろしいかと。





片付け・収納についていろいろと考えていると、煮詰まってくるので、そういう時には、ほどほどに別の視点というものも参考になります。

物を捨てると脳が「痛がる」!片付けがツラい意外な理由。

このへんもおもしろいのですが、最後の


片づけはほどほどに☆

"片付けすぎは、完璧主義や潔癖性の人に多い傾向にあり、スッキリしすぎた部屋は、実はとても居心地が悪く、神経質な感じを与えます"

出典きれいな部屋は男が寄り付かない!? 片付ければ片付けるほど、婚期を逃す! - ハピズム

"家のなかが片付きすぎていると、夫は「居場所がない」と感じて、仕事が終わってもなかなか家に帰りたがらないことがあるそう"

出典要注意!実は妻がキレイ好きすぎると夫婦仲が悪くなる

"西村則康さんは著書『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』で、「片付けきれていないリビングのほうが子どもの成績はいい」と言っています。"

出典まとめラボ。 : 整理整頓は逆効果!散らかったリビングの方が脳にいい事が判明


このへんが、なかなかに興味深いです。

というのは、BSで「酒場放浪記」という、飲み屋・酒場のルポ番組を見ていて、ピシッと綺麗にしつらえられた店には、あまり客がいないなあと思ったのを思い出したのです。
きちんと清潔に掃除はされているけど、ほどほどに小汚さ(不潔とは違う)のある店のほうが、客の入りが多いように見えました。
つまりは、だらしなくくつろいで居られるくらいの、ほどほどの片付けのほうが、家族にとっては居心地が良い家なのかもしれません。

だから、もしかしたら、まだまだぜんせん綺麗になっていないし! もうちょっとがんばらないと! と、私達が思っているレベル程度にしておくのが、家族にとっては良いのかも知れません。

安全とか、健康に(アレルギー対策など)、ストレスの少ない収納方法などに配慮するというのは、大切なことだし、そのことについて改善していく姿勢は止めるつもりはないのですが、何ごともほどほどにしておくのも大事なのでしょうねえ‥‥。



雪に埋もれて、お仕事三昧な日々。
そして、ご飯作りに四苦八苦。

片付け、収納について、いろいろと考えているのですが、微妙にイマイチ感。
モチベーションのために、世の片付けブログをあちこち拾い読みしてみました。
その中で、秀逸だったのが

「汚部屋住人」の片付けは何が間違っている? 片付けられない人間の大いなる勘違い

こちらでした。

その1 汚部屋には「背の低い家具」が多い
その2 汚部屋には「収納」が多い
その3 汚部屋の住人は「機能的」で「合理的」

部屋が片付けられない人の5つの罠

全部が全部、納得できる内容ではないですが、合理的にやろうとする人ほど片付けがうまくいかない というのは、妙に納得してしまいましたw
言葉を変えると「完璧にやりたい主義」ということなんでしょうね‥‥。
自分自身をふり返ってみると、アイタタタッ と思えることもちらほらw

辛口な内容なので、お口直しに

永安大大&二胡精選

ここ最近の作業用のBGMです。
バイオリンよりも柔らかい、二胡の変幻自在な音色に聞き惚れてしまいます。
リラックスタイムのお供にどうぞ。


コーンフレーククッキー

これ、作ってみたのですが、美味しかったです。
コーンフレークは、味のついていないプレーンなものが良いです。
個人的には、コーンフレークの量を1.5倍か2倍にして、サクサク感を増量したほうが好みです。
フライパンとクッキングシートがあれば、すぐに出来ます。

材料3つ♪♫♬  マシュマロババロア

抹茶のマシュマロムース

マシュマロで♪簡単アイスクリーム♪

この3つも、すぐに出来る簡単なおやつです。
しかも、私のような下手っぴいでも、ほぼ失敗無し!(ここ大事)

マシュマロ、便利に使えるので、使い回す備蓄品の仲間入りです!





お正月3日目 正月礼で宮参りのときに撮影したものです。
もっさり、ふかふか、みっちりと積もっております。

今年も明けて、すでに一週間近くにもなります。
一年の計は元旦にあり とか申しますが、実は今年の目標がイマイチ定まらぬのです。
一番大事なことは、当たり前ながら

健康でいること(寝込まないこと)
 このへん、実は私、あんまり体が丈夫な方じゃないので、それなりに弱い部分を抱えてなんとかバランスを維持してるのが現状。
普通に健康というのとは少し違うのでしょうけど、寝込んで動けなくならないように、負荷を掛けすぎないようにしたいです。
ところが、いい年になってくると、世間様の付き合いも、それなりに責任やらなにやらと背負う重さが増えてくるものです。
そのへんを加減はしたいけど、加減しきれない部分の方が多いものです。
そうなると、自分の自由裁量で加減できる部分といったら、暮らしに関わる家事ものくらいですよねえ‥‥。
それも「減」をやり過ぎると、今度は肉体的・精神的な健康に影響がでますし、世間様に「汚屋敷」だとか「汚臭ん」などの認定を受けるようになったら困ります。
なので、より少ない労力で最大の効果を得られるように、家事のまわし方に工夫していきたい。
そのためにも、ものの持ち方、収納の仕方、配置の仕方など、しっかりと見つめていきたいなと思います。
これも、モノがあふれている状態では見えてこなかった、片付けて初めて見えてくる次の段階なのかもと実感しています。

家内安全
親も気を付けているつもりでも、足下が危なくなってくる年齢なので、できるだけストレスなく動けるように、動線の整理と安全に心掛けたいです。
これは、親だけでなく、自分やほかの家族にとっても恩恵のあることです。

正月で集まった親戚から聞いた話しですが、その親戚のご近所のお宅で娘夫婦と子ども達が帰省してきたときに、気の毒な事故があったそうです。
そこのお宅は、わが母上と同じように園芸好きな奥様で、冬場には足の踏み場ないほど鉢植えを屋内で冬越しさせているそうな。
そこにもってきて、ものを捨てない「もったいない教」の「なにかあったら節」が得意な奥さん。

人間、年を取って若かった頃のように体が動かなくなると、ものを手近な場所に置きたがるようになるもの。
「もったいない・なにかあったら」で、今使わないけど、とりあえず置いておこうなものも、今使うものも一緒くたに通路の片側や、壁際に置くようになります。
整理はしてないけど、整頓はしている状態なので、やっている本人としては「きれいにしている」つもり。
そんなふうに家の中は、人が気を付ければ問題ないくらいのスペースを残した状態だったらしいです。

小さな子どもというのは、かなりの運動量だし、遊びに夢中になると、周囲への注意がおろそかになりがちです。
家の中で追いかけっこが始まって、親がやめるように注意しようとした矢先に、逃げるのに夢中になっていた子どもが床のものにつまづいて倒れ込んだ先に、サボテンの鉢植えがあったのだそうです。
倒れ込んだ子どもの顔にささるサボテンのトゲ‥‥。
あわてて泣き叫ぶ子どもを病院に担ぎ込んで処置してもらったそうですが、もうすこし運が悪かったら失明していたかもしれかったそうです。
そのお宅の奥さんは、怒った娘さんに、「片付けて!」と言われて、しょんぼりされているとか。

本来は、行動に際して、自分で周囲の状況を判断して注意して動けば事故など起こらない。
年配の方ほど、不注意なほうが悪い、自分が気をつけて動けば問題ないはず、と思われるようで、なかなか安全についての考え方のジェネレーションギャップに悩むことがあります。
気をつけるだけでなく、「事故が起こりにくい環境にする」ということが大事なポイントなのにと、我が家でもため息がでることがあります。

高齢になるにしたがって、ものの収納も、元気で体が動いていたときには苦にならなかったやり方が、少しずつめんどうになったりして、ついつい床の上に出しっぱなしになったりします。
そういう部分にうまく対処する方法や、家具の入れ替えも視野にいれて、考えてみたい部分もあります。
安全第一と思うと、やっぱり片付けありきなんだろうなと思います。


そんなこんなで、今年はいまだにこの2つくらいしか大きな方針が見えてこないのですが、ゆるゆるとがんばりますかねえ。



2015-01-01 年賀状

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年は、いろいろと怒濤の年でしたが、今年は穏やかに流れる水のように過ごしたいものです。
ほどほどにがんばれますように。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。