夏を思い出すようないい天気です。
今日は布ゴミの日。

先日、ホームセンターでPBのフリース毛布を買いました。
薄くて柔らかく肌触りが良くて、熱反射機能のある素材を挟み込んであるそうです。
お値段、なんと2000円でお釣りが来るw
安物だけど肌触りがいいので1シーズンでダメになってもいいやと思い、使ってみたら薄くて軽いのにものすごく気持ちのいい暖かさでした。
今まで使っていた15年前のへたった高級毛布なんかより、はるかに気持ちよかったのです。
もともと去年から毛布を買い換えたかったので、入れ替え決定です。
ということで、今まで使っていた毛布は、本日めでたく資源ゴミとして旅立ちましたw

スッと物事が動いたので気をよくして、懸案だったカボチャの保存処理をすることに。
カボチャ、今年もたくさん収穫できたんですよね……。
半分は従姉妹たちに押しつけ……差し上げても、残りの半分以上が、いつも痛んで捨ててしまう。
今年は、そのまま保温しないで、蒸して皮を外して、軽くつぶしたものを冷凍してみることにしました。

我が家ではカボチャの消費メニューで一番人気は、ポタージュとかシチューなどの汁物。
皮はいらないし、煮物なんて1~2回が限度。
なので、マッシュポテトのように処理して冷凍しておけば、使いたい時に使いたいだけの量が扱える。
カボチャ一個に包丁を入れたら、使い切るのに苦労することが無くなるし、手軽にパンケーキやカボチャのきんつばとか作れそうです。

大きめのカボチャ2個で、処理時間45分、ジップロックのフリーザーバッグ中サイズで4袋でした。
時間をみて、何度かやっておこうかな。



現在、絶賛修行中です。
表編みだけなら、なんとか右手の人差し指で針先を押さないような編み方になったのですが、あとは糸の引きと編み目の揃えでしょうか。

ハマナカ 表目

クローバー 表目を編む

How to Knit: A Complete Introduction for Beginners Part 1

基本に立ち返るためにいくつか動画を見てみたのですが、どの動画も右手の人差し指で針先を押してるし……!!

なんかこれ見て、矯正中の私はがっくりきましたよw

ま、とりあえず、編み目がまだ不安定だけど、スピードが上がったのと、疲れにくくなった感じでしょうか。
2014.09.26 【日常】使う
14-09-26 水栽培

ホームセンターから帰宅した母親が、なにやらゴソゴソしていた。
そうして、おもむろに台所のサッシの横の棚に並べたのがコレ。
ヒヤシンスの水栽培。

球根が1玉ずつで売っていなくて、3玉入っていたので、水栽培用の容器を買おうかどうか悩んだとか。
ふーん、と聞いていたけど、なにやら得意げな顔と、3つ並んだ容器を見ていると、アレ? と思った。
一番左端のは、確かに昔から我が家にあるやつで、おなじみの水栽培用のガラス容器。
真ん中と右側がなんか形が違う……。

んんん~~~? とよく見ようと棚から下ろしてみると、なんと水の入っているガラス容器は、ジャムの空き瓶!
上の球根が乗っている円形の部分は、ペットボトルの上を切り取って逆さにしたもの!
いやはや、うまいこと考えたなあと感心。

水栽培用の容器だと、水を足すのに気を遣うけど、ペットボトルの頭を逆さにしたものは、ひょいと気軽に持ち上げられるので、すごくお手軽!

この発想は無かったわ~~。
我が母親ながら、こういうところは尊敬します。

これでまた一方的に捨てろとばかりは主張できなくなったわけですが、こういうふうに「使う」 のなら、捨てなくてもいいよ と、偉そうに言ってみた秋の夕暮れw



14-0218 ドミノ編み

これ、このまえの冬に編んでいたものなんですが、8割方できた頃に暖かくなって編み物シーズンが終わりました。
半年近く離れていて、先日、手慣らしもかねてタワシ編みのために編み物道具をとりだしたときに見たら、なんか微妙?
並太を8号くらいでふんわり編んでいたのですが、大きいものなので自重でなんだかビローンとなる部分も……。
多色でカラフルといえば聞こえはいいけど、全体で見たときには微妙?
いやいや、はっきりと認めようよ。うざく感じると……w

細い針で編むと、指(人差し指)が痛い。
なにせ我流でやっているので、実は、これが間違ったやり方だとは知らなかったのです。
基本、本を見て覚えたものなので、本では針の掛け方、糸の通し方は図解で描いてあるけど、そこから先の左の針から右の針へ目を移動させるときのことまでは説明してはいません。

母親に棒針編みすると指が痛いけど、なんか対策あるのかな? と聞きますと
「あんた、編み方が悪い。」
え゛……。
「編んだ目を移すときに、左の針を指でおして抜いているじゃろ。あれはいけん(ダメ)編み方。」
お、おぅ……。
「右の針に糸をかけてくぐらせて、引いたらすっと抜けるように編んだらいい。」
……さ、さようですか、努力いたします……orz

編み方の矯正開始。
編み方が変わったら、編み地の仕上がりも変わってくる。
色もうざく思っていたところで、コレも重なって、

あ、これはダメだ。完成させても使わないだろう。

と予測がついてしまったわけです。
こうなったら、8割でも9割終わっていても、作る意味がなくなります。

ダメだと思ったら、完成していようとダメなんですよね。
ということで、全部ほどきましたw

ほどいている途中で、ふと思ったのです。
今までの私だったら、ここまで編んだのに「もったいない」と思いつつ、気に入らないものは気に入らないので続きを作る気が失せて、未完成のまま放置というコースがほとんどでした。
この手のものって、放置して熟成させればさせるほど、手がつけられなくなるんですよね……。
自分のダメな部分を直視したくないし、さりとて捨てるには、それに費やした材料・時間とか「惜しい(もったいない)」。
熟成しきったものは、やり直すまでの関心すら持てないことが多いのです。
だけど、今なら、ほどいてやり直しできる。

こんなふうに「もの」への関わりの見通しと、ダメなものはダメと認めることができるようになったこと。
ダメなら、次はどうやるか、どう対処するか。
ほどいてやりなおすという決断ができるようになったのは、たぶんに片付けをやってきた影響かも。

ものを整理整頓するのには、自分や家族と相談しながら、決断して処理を選択しなきゃできないのです。
それをやってきたことで、現状認識、決断・判断、選択、実行という流れが身についたのかなと。
そうだったらいいな。







14-09-16 ヒャクニチソウ

百日草の鮮やかな色、葉鶏頭の深紅。
季節は確実に秋へと移っています。
最近では、朝晩が涼しいので、夏掛けから薄い毛布へと布団も変わりました。

というわけで、今年もぼちぼちと糸遊びをはじめようかと、手慣らしから。
手慣らしといえば、アクリルたわし編みが一番です。
今頃の季節に、1年分くらい編んでしまいます。
今回は、母上から注文がついています。

「もうちょっと堅いほうが使いやすい」

どうやら方眼編みはお気に召さなかったらしい。
「みっちり詰まった堅いもののほうが、ゴミが目にひっかからない」
ということで、かぎ針で円形の(実際には八角形?)堅く編んだ物をいくつか作りました。

それとは別に、今回お試しの試作品がこちら。

14-09-16 たわし

並太のアクリル糸を3号の棒針で編んだものw
ニット編みの常識からいったら、「ないわー!」な組み合わせですが、弾力のある高反発?な仕上がりw
母親は気に入った様子です。



しばらくご無沙汰していました。
8月終盤からいろいろと立て込んでおりまして、今ようやく一息ついた感じです。

ひとつには、ニャコムが気をつけていたはずだけど尿結石症を発症してしまい、あわてて獣医に連れて行き、一週間の入院治療になったこと。
幸い、血液検査で命に別状はないと言われたのですが、以後は療養食オンリーになります。
現在は、獣医さんから出されたロイヤルカナンのphコントロール・ゼロを食べさせ、朝晩の投薬継続中で様子見の段階です。

それと同じ頃に、親戚’sが立て続けにやってきて、右往左往でしたw
今回、リフォーム後の初の来客ということで、大厳選した食器とおもてなしについての試金石となりました。
ここで「捨てなきゃ良かった」と言われないためにも、ちゃんと残したものだけで、恥ずかしくないしつらえができることを証明できたので、母親からは何もいわれなかったので安堵ですw

そして、捨てたスティックタイプの掃除機の代替機を購入しました。
スタイリッシュ、オサレというので選んで失敗したので、今回は質実剛健路線のガテン系です。

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

少しお高いほうの機種です。
紙パックタイプ、充電池を取り外して充電します。
続使用時間は強で約20分、標準で約40分(充電時間:約22分)です。
絨毯などの毛足のながい敷物には向きませんが、我が家のようなフローリング&畳部屋なら、普通運転で十分です。

本体は軽いのですが、充電池が結構重たいです。
でも、非常にバランスが良いので、それほど苦になりません。
ノズルは簡単に取り外しできて、長い筒を外して、先端のヘッドをつければ、ハンディクリーナーにもなります。
ヘッドの部分にはブラシではないので、糸ゴミや髪の毛が絡むこともなく、結構快適です。
専用の紙パックなので、コストはかかりますが、とても使いやすいです。

今のところ、ガテン系は気に入っています。
長く使えるといいな。