上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ちょっとバッチイ内容を含みます。


災害への備え、防災品というと、食糧や水が一番のように言われます。
食糧や水も大事ですが、これは今の日本なら3日~5日あれば援助物資が届きます。(たぶん……)
ちょっと極端なことを言えば、人間食べなくても2日くらいはなんとかなる。
水はさすがに無いと命に関わるけど、それでも2日はなんとかなるらしい。
そこまで極限な状態でなくても、災害時に一番本当に問題になるのはトイレだと思う。

災害時でなくても、なにかで1日断水しただけで、普通の水洗トイレは機能停止しちゃう。
使えないわけじゃないけど、流せないから……(略

人間飲まず食わずでも2日はなんとかなるけど、1日トイレに行かないというのは無理でしょう。
被災地の避難所で、まっさきにトラブルが起こるのはトイレだという話もあります。

災害時に一番ベターな方法は、速やかに被災地から脱出することなんです。
だけど、なかなかそれができない事情がそれぞれにあります。
公的な避難所指定の場所なら、いまはそれなりに防災備品の備蓄というのがあるので、なんとかなるでしょう。

自宅で復旧を待つ場合に、一番最初に考えておかないといけない事柄が、食糧や水ではなく、トイレ問題。
我が家の場合は、古いし、田舎だし、現在は屋内のウォシュレットにしてあるけど、古い昔の屋外ポットン便所も残してあります。
祖母の介護のときに使用したポータブルトイレもありますw

震災後にできた高層マンションは、最初から震災時を想定したマンホールトイレやカマドベンチ、非常用発電機のような設備を備えて設計されているものが多い。
が、普通の家庭では、そこまでの設備は難しいですし、想定している人も少ないと思います。

いまの水洗トイレも、断水していても水さえあれば使用できます。
飲料用の水よりも、トイレ用の水が一番大事かもしれないです。
ただし、下水施設が生きている・無傷なことが前提です。
マンションなどで、震災時に排水管が壊れて、水がなんとかなっても使えないというケースもかなりあったようですので、一概には言えませんのでご注意ください。
大きな地震がきたら、「水がでるうちに風呂桶に一杯ためておけ」という話も、トイレ用の水確保のためです。
飲み終わったペットボトルに、水道の水を詰めたものを備蓄しておくのもいいかもしれません。
それも、家の収納に余裕があればのことだし、トイレ問題はなんとか考えないといけない最大の問題点だと思うのです。

あと、水が不自由な状態での生活では、風呂も洗顔も歯磨きも洗濯も、当たり前に水を使うことは出来なくなります。
簡易トイレ (補足 トイレ本体じゃなくて、凝固剤が大事です。本体は最悪でもダンボールとゴミ袋があればなんとかなります。)
使い捨ての「清拭タオル」(ウェットティッシュの大判)
マウスウォッシュ
水のいらないシャンプー
使い捨ての下着(100円ショップにもあります)

災害時に一番便りになって、精神的な生命線ともなりかねないのが携帯電話ですが、これも電気がなかったらいずれ使えなくなります。
そんなときのために、ソーラー式充電器も考慮しておくといいのかも。

トイレという観点から考えると、食糧も飲料も別の見方ができます。
スポーツ飲料やゼリー飲料は、トイレが近くなるのでやめたほうがいいし、乾パンのようなものは水がないと食べられないので、本当はあんまり良い非常食じゃないと思う。
一番よいのは、レトルトのおかゆのようなものかもしれないです。
最悪、あたためなくてもそのままでも食べられますし、同時に水分も摂れます。
我が家は水についてはそれほど難しい環境ではないので、備蓄品にレトルトのおかゆは入れていないのですが……。

被災する季節が寒い時期にかかる場合は、使い捨てカイロの備えもあると助かります。

避難所生活をする場合は、さらに別の要素もいろいろと考える必要がありますが、まずは自宅編ということで自分の体験から考えてみました。
みなさんも、もう一度、食糧と水以外も考えてみませんか?



スポンサーサイト
我が家では一ヶ月に2~3回しか買い物に行きません。
だいたい10日分をメドに計算して買って来ます。
とはいえ、我が家は農家なので、野菜と米は自家製なので買わない。
基本、調味料、嗜好品、生鮮食品、乾物ですが、生活防災という考え方からも、いくつかの種類は少し多めに在庫を持つように調整しています。


備蓄-01
備蓄-02

防災用の何年も保つようなものは、お値段も高いし、普段食べないものなので、保存期限がきたら食べて消費するのが辛いようなものが多い。
あれは、それしかないような状況でないと食べたくないです……。
結局、普段の生活の中で普通に使えて、災害時の耐乏生活の時でも使えるものがいい。

最近の我が家の定番備蓄品。
この他にも、切り干し大根、パスタ、うどん(乾麺)、そうめん、麩があります。

燃料としては、しばらく停電が続いてもガスがあるし、灯油があります。
カセットコンロもあるし、炭と七輪もw
水の備蓄はどうするかが問題なのですが、古い井戸もあるので、今のところ水はいいかなあと思っています。

なにが正しくて、なにがダメなのか、本当のところはよくわからないけど、とりあえずはコレでなんとかやれると思えるのでヨシとします。

あと一つ、食糧じゃないけど、

シリコンフライパンシート S50枚×2

クッキングペーパーが大きなカップ状になったものです。
普段の調理にも使うし、災害時に断水して生活用水に困るようになったときに、食事のときにこれを使えば便利かなと思えたのです。


14-03-19 春の花

3月になって、ようやく少しは春の兆し。
少しずつ花の便りも聞こえるようになり、昨日は本当に良い天気でしたのに、今日はまた一転して寒いです。
庭のイチイの木の下の福寿草とクロッカスの花がまぶしいです。


14-03-19 猫-04

ニャコムも日当たりの良い軒下でひなたぼっこ。
ふっかふかのもふもふですよ。


3月に入ってから、公私ともに忙しさが倍速になったような……。
仕事は、「すぐして。あれはまだ?」状態。
ほぼ毎日、数件同時進行。
まあ、お仕事があるのは、大変にありがたいことなので、忙しくてもこっちは吉!

3月は入園入学ものやら、卒業やら、就職やらで、お祝いに諭吉さんが羽ばたいていきます。
税務署に確定申告にいったり、春の農作業の準備が始まったり、冬の後始末の算段をしたり。
いろいろとバタつく月でもあるのですが、今年はそれにさらに追い打ちをかけて、車の買い換えが必要になりました。

私の愛車は、スバルのvivioという22年前に発売された軽自動車でした。
発売からずーーーっと乗って来たので、およそ21年間乗り続けたことになります。
これがなかなか運転しやすくて、頑丈で、良い車でした。
軽自動車とはいえ4WDで、しかもスバルは塗装とエンジンが良いので、20年以上乗っていてもサビひとつありませんでした。

去年くらいからいろいろと不具合が出てきて、さすがにもう時間の問題だろうなあと覚悟はしていたのですが、母親にたのまれて農業資材専門のホームセンターに出かけた帰路に、とうとうエンジンが異音を発するようになり、最終的には我が家の20km手前でご臨終でした。
いつもお願いしている修理工場に車の回収と代車をお願いして、なんとか帰宅しました。
翌日には、新車購入の手配をお願いして、いろいろな手続きやらなにやら。(廃車、購入手続きなど)

どうせならと、買い換えを考えていたヘアドライヤー、バッグ、財布、キーケースも一緒に新調してしまいました。
財布もキーケースも、vivioと同じ頃に買ったものなので、どっちも20年くらい使ったもの。
もうヨレヨレw
バッグは普段使いのものです。

[ミレスト] milesto FLOPPY クラシック メッセンジャー S マチ約14cm

これの黒。
結構大きいです。
ここ10年くらいは、普段使いは革製品より、こういうナイロンもののほうが使いやすいので愛用しています。
手に物を持つのが嫌いなので、手提げバッグは嫌い。
財布、手ぬぐい、メモ、ペン、携帯、免許証、キーケース、薬手帳、小さな化粧ポーチ(口紅とパウダー)、ポケットティッシュ、デジカメ、文庫本1冊を入れても余裕です。

[ダコタ] Dakota 二つ折り財布 0030006 (0032006) リードクラシックシリーズ

長財布はあまりスキじゃないので、これに。

ABIES L.P.(アビエス) 日本製 本革 4連 キーケース

一番シンプルで、飽きの来ない感じだったのと、レビューが高評価だったのでこれに。


家中の照明器具の交換に、車に、買い物に、ご祝儀・不祝儀……。
怒濤の勢いで諭吉さんが逃げていく……orz
どれもこれも、自分の暮らしへの投資なのですが、懐が寒いです……w

今月と来月をしのげば、少しは余裕ができると思うので、体調を崩さないようにして頑張ろう!(気合い)



先週のガッテンで、

30代で骨粗しょう症!?意外な真犯人&驚きの新薬 「やせ型」「母親の骨密度」に要注意!

太ましいことは、女性には悪でしかないように言われているけど、これによると、決して悪いことばかりではなかったらしい。
もちろん、いわゆる成人病リスクが~ といわれるほど太いのはよろしくないです。

「やせ型」タイプは、体重による骨への負荷が少なくなりがち。
また、脂肪が少ないと、骨を強くする作用のある女性ホルモンが少なくなる傾向があると考えられています。

また、一般に女性に多い骨粗しょう症ですが、骨密度が低くなりやすい体質かどうか知る目安となるのが、母親や祖母の骨密度。
母親が骨粗しょう症の場合、リスクが高くなることが研究で分かってきています。



うちのかーちゃん、骨粗鬆症ではないなあ……。
太ましいのを改善しすぎないようにしたほうがいいのかもしれないw


毛糸編みしていると、イラッとすることの一つに、毛糸玉のごちゃつき。

14-03-06 毛糸びふぉー

使い始めの大きい状態のときはまだ良い。
だんだん使っていって小さくなっていって、色数があると余計に、ごちゃっとして右側のような状態になっていく。
使いたい色をさがして引っかき回したりしていると、さらにカオスになっていく。

仕切りがあればいいんだけど、そんな都合のよいものはなかなか無い。
そのために100円ショップとかで探すことも一瞬考えたけど、よく考えたら、この状況が通りすぎたら使わなくなるものにお金を使うのはアホらしい。(ケチですw)

要するに毛糸の玉サイズの箱があればいいわけです。
折り紙でなんとかならないかしらと、ネットで探すと、ありました、ありました。

折り紙クラブ ごみばこ

底のつぶし方にコツがいりますが、すごく簡単でいい感じです。


14-03-06 毛糸あふたー

ちょうどB4サイズの紙で作ると、普通の縦長な巻きの毛糸玉が1つすっぽり入ります。
紙なら、なんぼでもある!
使い道のなかったB4のプリント済みの紙とか!

輸入毛糸なんかによくある横に平べったい巻き方の毛糸玉にはこっちの浅い方で。

『広告チラシで折るゴミ箱』で便利&エコ

A4の紙で作るのがちょうど良い大きさでした。

紙だから、多少サイズがどうこうでも、無理矢理押し込んでも大丈夫w
逆に動かなくなって、安定感があるので使いやすいです。

なによりも、いらなくなったら捨てやすい!

長くずっと使うかどうか謎なものは、この程度のアバウトさでいいんですよ。
「日本の伝統の遊び」の折り紙、なかなかに役に立つ技術ですよw

よく年配の方が、裏が白い紙はもったいないとメモ用紙にするからとため込んでいることがあるのですが、メモ用紙なんてそんなに必要なもんじゃないですから、折り紙のゴミ箱を折っておくほうが実用的かも。

ため込み屋で、もったいながりの叔母に、今度言ってみようかな。



最近、ちょっと考える事があります。

片づけ本や整理術の本は、結構読んだ方だと思うのですが、あれは読んだ時には凄くよく分かったような気持ちになって、実際に実行しようとすると上手くできないことだらけになったりしました。
片付けをしている過程で、昔の会社勤めをしていたころの資料とかで、「問題解決の手法」とか「QC」と「5S」とかの研修資料がでてきたことがありました。
当時は、めんどくさいなあと思っていました(ごめんなさい)

ふと何気なしに、捨てる前にパラパラっと見てみると、あれ? と思ったのです。

1. 問題認識
2. 原因調査と分析
3. 解決策の立案
4. 解決策の実施
5. 結果の評価

小難しい書き方ですが、これって片づけ本のステップとかと言葉や表現が違うだけで同じじゃないですか!
一見、とっつきにくく、小難しいように見えて、実はビジネス的なこういう表現の仕方のほうが、理解できたときには応用がしやすいのではないかと気付いたのです。

というのは、我が家は多世代だし、築100年以上の田舎の日本家屋だし、台所の形状すら昭和のバブル以前の形だし、今時の片づけ本や雑誌などにある読者モデルなお宅の実例など、申し訳ないけどなんの役にも立たなかった……。
参考にすらならなかったのです(苦笑

変なたとえですが、片づけ本の多くは

道路を渡るときには、右を見て、左を見て、もう一度右をみてから渡りましょう。

というふうに、やり方について詳細に記述されていても、根本の「危険な車が来ていないか安全を確認するために」の部分は記述されないか、さらっと書かれているだけだったりします。
まあ、片づけにおいて、目的とするところが、人によって違うこともあるので仕方ないのかもしれません。

私の場合は、もう片づけ本より、こっちのビジネス的問題解決の手法のほうが、自分の家の状況・環境を考慮して考えやすいのかもしれないと気付いてからは、物事の進展が早くなったように感じました。

最初の問題認識でも、「片付かない」「スッキリした部屋じゃない」というような感覚的な曖昧なものではダメで、「ものを探すのに時間がかかる」とか「あるはずなのに探せない」とか、「掃除がしにくい」とか、具体的に認識することが大事だったようです。

ビジネス的問題解決の手法とはいっても、改めてその手の本を買うのは、さすがにイヤだったので、ネットであちこち読みまくりましたw
私の右左脳には、いい勉強になりました。

ちなみに 「5S」というのは、生産現場でよく使われる手法です。
・整理……いらないものを捨てる
・整頓……決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく
・清掃……常に掃除をして、職場を清潔に保つ
・清潔……3S(上の整理・整頓・清掃)を維持する
・躾………決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける

これを家庭に置き換えても、普通に通用しますよね。
最後の躾も、子供や家族ばかりではなく、自分自身への躾も含みます。

高い収納本や片づけ本を買いあさるよりも、もっとずっと早い時期にちゃんとやり方を無料で(会社の研修だったので)教えてもらっていたことに気付いて、我ながらへこみましたw
物事って、本当はけっこうシンプルなものなのかもしれませんね。

そんなこんなで思った事は、片づけ本を読んでもうまく行かない人は、案外、ビジネス本がいいのかもしれません。
会社で教えられたノウハウって、普通に家庭でも応用が利くと思うのは私だけかもしれませんけど……。




来月から消費税が上がるので、かねてから計画していたLEDシーリングライトへの交換へのタイムリミットが近づいていました。
本当は昨年のうちに済ませたかったのですが、車検があるわ、PCを買い換えなきゃいけなかったわ、年末には車の修理が発生したわで、とうとう今年にずれ込んでしまいました。

Panasonic LEDシーリングライト 調光・調色タイプ ~6畳 HH-LC468AZ

現行の照明器具でも使えるLEDの管球とか電球というのはあるのですが、あれはLED専用の照明器具を使わない限り、寿命は普通の蛍光灯と変わらないので、かえって割高になります。
白熱電球、蛍光灯も製造中止になりますので、消費税値上げも絡んで、交換するのなら今のうちだろうと実行です。

取り付けそのものは、配線器具さえあっていれば、5分もかからずに交換できます。
古い照明をはずして、配線器具にアダプタをはめ込んで、シーリングライトをはめ込み、プラグを差し込むだけです。
あとはカバーをはめておしまい。

我が家のは、つり下げタイプの昔は「ペンダント」とか呼ばれていたタイプの照明でした。
それが天井にぴたっとつくようなシーリングライトだと、部屋が広くなったかのように感じます。

一度に家中を替えたので、出費が痛いけど、これで多少は電気代が助かるかしら?
これでもう蛍光灯が切れたときのための替えを買い置きする必要がなくなりました。

あとは、配線器具そのものを付け替え工事しないと駄目な箇所が4カ所あるのですが、こっちはかなり面倒なので今は保留かなあ……。


久しぶりに編み物の本を大人買い(ぇ
棒針とかかぎ針での編み込み模様を覚えたくてチョイス。

はじめての棒針編み 1枚でも使える北欧の模様編み100 (アサヒオリジナル 400) [大型本]

はじめての棒針編み 1枚でも使える編み込み 北欧・花・ブリティッシュ (アサヒオリジナル) [ムック]

ブリティッシュテイストのかぎ針編み―基本の鎖編み、細編み、長編みだけでできる [大型本]

輪針でニット びっくり! 楽しい「輪針」の使い方 (ニットマニアックス) [大型本]

北欧の編み込み小もの 2: はじめてのレッスン [大型本] 主婦と生活社 (編集)

これで数年は楽しめそうな本です。
どれも応用が利きそうなものばかりです。
特に上の2冊は、四角いブロックなサンプラー的なものになっていて、一つ一つ練習しながら編んでいっても、最後にはそれをつなぎ合わせて使える物にできそう。
ウエアものは、それが気に入っても、自分のサイズに合わせる方法を知っていないと実は使い物にならない。


そして、減ったものは、お仕事。
(以下は、愚痴です)

仲介を通してのお仕事なのですが、そことは少々トラブルが多い。
仕事の仕様について説明が十分されない、疑問点を問い合わせてもシカトされることも。
今回、決定的だったのは、納品したExcelファイルを、あちらで勝手に改変して、関数計算のセル参照指定が相対番地になっているところがずれて、結果として数値がおかしくなったのを、こちらの不手際と勘違いしてクレームをいれてくれたことでした。
クレームのメールが相当に不愉快な書き方で、「金を払っているんだから、ちゃんと仕事をしろ!」という内容でした。

まあ、勘違いでクレームをつけるというのは、人間だれしも間違いというのはありますし、そこまで腹を立てることではないのですが、仲介にもきちんと納品したファイルと、先方が送ってきた(改変したもの)と両方示して、なぜそうなるのか説明したのですが、先方からは以後の反応がありません。

自分で改変して、関数計算を壊して置いて、こちらが悪いと言いたてて、実際は自分のミスだったのに「ごめんなさい」もなし。
それは確かに、こちらは仕事をいただく立場です。
だからといって、そこまでバカにされた扱いはちょっと考えてしまいました。
しかも、これが最初ならともかく、同じようなことで二度目です。
最初は流したのですが、二度目があり、今後もありそうな相手なので、果たして支払われる金額と我慢と釣り合うのかどうか。

仲介にも、今は何も言いません。
でも、次回も同じ仕事のオファーがあるようでしたら、お断りしようと決心しました。
金銭的にはその分の収入が減りますが、それに使う時間を他の仕事をすることにします。
自営業としては、あまり褒められたやり方ではないと自覚していますが、これも一つの選択ということで……。



うーん、愚痴で申し訳ありません。
モノを減らすほうが、「関係」を減らすよりよほど簡単かもしれませんね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。