上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月のこと、従姉妹から「アミたわし」なるものを貰った。

旭化成 ズビズバ®サラッシュ®隅々まで洗えるあみたわし

ハンドタオルサイズのアミ。
感覚的に近いのは、洗濯ネットのもう少し粗い感じ?

なんかちょっと、頼りないというか微妙な感じで、ほんとに洗えるのかしら?
と思いながら、試しに使ってみると、これはこれは……!!

頼りない薄いアミなんだけど、泡立ちGOOD!
細かいところまでしっかり洗える。
しかも、単純なネットなので、すすぎも水切りも早い。
お手入れの面倒なスポンジ置きじゃなくて、フックに編み目をちょいと引っかけておけばヨシ!

ただ、欠点もある。
なにしろ薄いアミである。
感触が頼りない……w
コップなどの奥まで手先が届かないものだと、スポンジのように押し込んで、スポンジの厚みで洗うという技が使えない。
一長一短である。

ふと、アクリル毛糸で作る「アクリルたわし」で、網目にしたらいいんじゃないかしらと思いついた。

いままで、「アクリルたわし」は、いろいろな編み方をそのままやってきて、主に細編みとかしっかりした密な感じのものがほとんどだった。
アクリルたわしの何が正しいのかどうかもわからないので、そんなものだと思っていたのだけど、実際に使うと実はあんまり気に入っていなかった。

理由は、簡単。
夏場以外、使ったアクリルたわしがいつまでも濡れていて、よく洗っているつもりでも、すぐに清潔とは言いにくい感じになってくることだった。
いくつか用意しておいて、洗って乾くまで他のものを使うというやり方もあるけど、結局、台所まわりのモノが増えるのだし、めんどくさいのが嫌いな私には続かない。

しかも、本のとおりかわいく作れても、使ってぶら下げておくと、最初のかわいさ・きれいさは半減どころか、台無し状態になる。
アクリルたわしの作り方とかの本に出ているものは、なるほど可愛いし、素敵だ。
でもあれは、飾って眺める「かわいさ」「素敵さ」なんじゃなかろうか。
遠慮無くザバザバ使って、ぎゅぎゅっと絞って、ちょんとぶら下げてガッツリと実用するものとは違うように思えるのだ。

だって、ほとんどのアクリルたわしの編み方のデザインは、編みぐるみのようにしっかりとした編み方だ。
なるほど、形は崩れないかもしれないけど、あんなふうに形ができていたら、すすいだあと雑巾のようにしっかりと絞れないから、なおさらに水切り・乾燥はこの上なく悪い。

そこで、もらったアミたわしのような構造にしたら、もっと実用的になるんじゃないかと思ったわけ。

13-05-30 たわし

アミといったら、一番簡単なのが、方眼編み。
家に残っていたアクリル毛糸で、適当に編んでみる。
30目×12段くらい。
2枚ほど、鎖編みだけでつくる編目も。

使ってみると、不細工なシンプルさが実に遠慮無く使えるw
ザバザバとすすいで、ぎゅっと絞って、そのまま編目をフックに掛けておけばいい。
ゆるめの編み目にしたので、乾きもいい。
厚みがあるので、手に持った使い心地や、コップ洗いの時の「アミたわし」の不満が解消されるのもいい。

まあ、単純に自分には、こういうののほうが使いやすいだけなんだけど、アクリルたわしの作り方の本に載っているデザインって、本当にアクリルたわしを生活で使っている人が作ったものじゃないんだろうなあと、改めて思ったりする。





スポンサーサイト
最近の母上、通販カタログでタオルを品定めするのに余念がない。
ことの始まりは、ちょっと前のBSプレミアムの「イッピン」という番組でやっていた「今治タオル」を見たことからだった。

そりゃあもう、ああいうレベルになると、30年も40年も昔のタオルとは全然違うものに思える。

我が家には、いわゆる「いただきもの」のタオルというのも、ちゃんとしたギフトの化粧箱に入っていたものから、商店や取引先などがお得意さんに季節毎に配る、屋号や店名入り、イベント名入りなものまで、みかん箱にして20箱近くあった。

そう、「あった」のだ。
つまり過去形w

仏間奥の収納庫で片付けの大立ち回りをやった後、もうすぐ半世紀ちかくになろうかという熟成された発掘品を徹底してチェックした。
化粧箱やらビニール袋やらから全部だし、広げてしっかりとチェック。
一番最近のものが、ほぼ15年くらい前。
最古のものだと、おそらく40年くらいになるらしい。
新品未使用品であっても、さすがに20年以上昔になったら、黄ばんでいたり、思わぬところにシミのようなものができていたり……。
新品でかつ未使用品なのに、経年劣化は容赦ないなあと苦笑。
母親には、そのへんがかなりショックだったらしい。

ひっぱりだしたタオルは、全部洗濯機に放り込んだ。
ここ数日、ひたすらタオルを洗濯して、干して、選別する。
母親世代に共通の指標である「使える」じゃなくて、「使いたい」を基準にして、15枚ほど選別する。

それ以外のタオルは、綺麗に洗ってノリを落として、状態をもういちどチェックして、介護施設を経営している従姉妹のところに寄付させていただいた。
バスタオルからフェイスタオル、ハンドタオルまで合わせて、その数215枚……。
そのすべてが、古いけどまったくの未使用品だったのだ。

溜め込んでも、結局我が家の暮らしの中で使われることがなかった。
置いておけば「使える」ものだし、もしかしたら必要になることもあるかもしれない。
でも、その時がきて引っ張り出してみても、経年劣化やらなにやらで、たぶん、仕方がないから使う、しぶしぶ使う感じになるんじゃないだろうか。

それが本当にものを大事にするということなのかしら……。

TVを見て「今治タオル」に心惹かれている母親に
「ああいう良いものを、用途別に色を決めて揃えたら気持ちいいだろうねえ。」
とささやいてみるw
「台所の手ふきは水色とか、トイレ用はうすい緑色とか、洗面所のは真っ白で、お風呂用はクリームとか。」
母上、がぜん大乗り気!!

そうして、駆け引きの末に、昨日、めでたく200枚以上のタオルを引き取っていただいた。

あとは、母上が新しい好きなタオルを選ぶだけである。



クローゼットの改善をして、衣替えして、もう着ない・着たくないものを処分したはずだったけど、ふと、なにげに数えてみたら、夏用のトップスだけで30枚あった。

ジャケットとかベストとか、なにかと組み合わせるものじゃなくて、Tシャツとかシャツブラウスとかポロシャツのようなものたち。

ようするに毎日違うものを着て一カ月過ごせる量……。
ずいぶん処分したはずだけど、ぜんぜんまだまだだったというオチ!
どんだけ持っていたんだよ、私……orz

もっと減らすべきなんだけど、どうにも現状では減らすための納得点がない。

うーん、この夏中、着倒して、その上で、もう一度判断するかなあ。
衣類はほんとに難しい……orz



11-03-29 クローゼット

2011年3月頃の、大規模に衣類を整理した直後のもの。
それから2年、基本的にはそんなに増えてはいません。

今回のクローゼットの模様替えの理由は、正面のカラーボックスに入れているものは、十分に自分のやり方にあっている方式であり、見やすく管理もしやすかったのですが、横のハンガー部分が、一見良さそうに見えて使っていると、いろいろと不具合があったこと。

・視線方向と同じ並びになるので、手前のものしか見渡せない。
・中に入って、横に向き合えば良いのですが、照明がクローゼット内部にはないので、奥の方が暗くて死角になりやすい。

ということで、今年は思いきって改善することに。


2015-05-16 クローゼット

ステンレスポールを工具で取りつけ、真っ正面になるように移動。
いままでハンガーポールがあった位置に、カラーボックスの棚を移動。

クローゼットの外のPC機材ラックの横に設置してある棚と一直線に並ぶので、見た目もすっきり。
ハンガーポールも、真っ正面になるので、一目で全体が見える。

今後の課題

・現在、ハンガーポールの下にまとめてある「いろいろ」なものを整理整頓すること。
・工具箱の中の整理整頓
・横にぶら下がっている電気コードをどうにかすること。(冬のファンヒーター、夏の扇風機用・掃除機用)

ここが終わったら、洗面所横の裏口への出入り口をどうにかしないとねえ……。
こっちに関しては、大まかな計画はできているのだけど、細部がうまくまとまらない。

もう少し考えを練ってからかなー。


クローゼットの改善と収納配置替え、衣類の選別が終わりました。
そうして、ついでに衣替えも。

持っているだけで着なかったもの、もう着たくないもの、余計なものをゴッソリと排除して、見通し良く掃除もしやすく、出し入れも楽ちんになったと思います。

ものを捨てて、空間率を上げて、掃除をしやすく。

セオリーですよね。
だけど、ここでひとつだけ勘違いしちゃっていたことがある。

ものを捨てて、収納を見直したら、きれい好きなお掃除屋さんに変身できると期待していたw
だけど、現実は、あくまでも、「以前より掃除がしやすくなった」というだけ。
掃除のハードルが低くなっただけで、行動へのモチベーションの維持は別問題だったんですよねえ…。

私個人は、どっちかというと掃除が苦手。
しないで済めば、この上ないけど、生活していく上で、掃除しないというのは無理。
掃除は好きじゃないし、苦手だけど、綺麗な状態は大好きなんだもの……。
誰かにお掃除を依頼できるほどの稼ぎはないので、自分がするわけですがw

あんまり聞こえのいいことじゃないんだけど、私は一人暮らしの頃、皿洗いが大嫌いでした。
料理はするけど、食べた後の皿洗いがおっくうで、ついつい溜めてしまうダメな奴でした。
それも、田舎に戻って、台所がほぼ私の担当になると、毎日毎日3食皿洗いつきです……。
最初は、本当にいやだった。

それでも2年くらいすると、食後の皿洗いをすることに、何にも思わなくなってきた。
よほど体調が良くないとき以外は、淡々と体が動くようになる。
食事以外にも、台所を使ったら、その都度、洗い物をして片付けて……と、普通に何も考えずに動けるようになってきた。

そこには、ものを減らした(食器を減らした・収納を見直した)とかというのは、ほとんど関係がないように思えます。
単純に、使ったら洗う・片付けるというのが、習慣になってしまっているからではないかと。

掃除も、ものの有る無し、掃除のしやすいものの配置は単なる補助要因で、本当は「掃除をする習慣」があるかどうかの問題なんじゃないかと思うのです。
掃除はしているつもりだけど、まだ習慣にまでなっていない。

もう少しがんばってみよう……。





どっかの来賓のご挨拶じゃないですが、本当に今日はいい陽気でした。

やや風あり、快晴。
そりゃあもう、絶好の洗濯日和ですよ!

冬用のボアシーツやら、毛布やら、カバーやら、カーテンやら。
ついでにベッドカバーも。
朝から7回は洗濯機を回しました。

本日はなにが凄いって、全自動の洗濯機で、大物を念入りコースにして洗うと、軽く1時間かかるんですが、2回目に洗い上がったものを干そうとしてみたら、最初の洗濯物がもう乾いていたこと!

1時間かけて洗い上がる
  ↓
干し場に持っていく
  ↓
前回のを取り込む
  ↓
干す

と、とんとん拍子に片付いていったわけです。
こんなふうにリズム良く物事が片付くなら、嫌いな洗濯物たたみも気にならないw

いや~、今日は本当に良い日です!!


今年も春キャベツの季節がやってきました。
本当は、春キャベツはあまり好きじゃないのですが……。
秋冬ものにくらべて、柔らかいといいますが、青臭い感じがいまいち好きになれない。
ま、そうはいっても元気に収穫できるようになったことを感謝して、ありがたくいただくことに。

キャベツ1玉を使い切るような料理ってそんなに無いし、ちまちまと切っていると傷みが早い。
野菜を使うときって、意外と下準備が手間がかかる。
洗って、むいて、切って、刻んで……。

以前にホウレンソウのトッピング作戦でやったように、春キャベツも同じようにできるんじゃないかと思いついてしまったわけです。
千切りじゃなくて、太切り(1cm巾くらい)に刻んで、塩を少量いれた熱湯でさっとゆでて冷水で締めて水切りしたものをタッパーに入れておきます。

お味噌汁に下ろし際にちょいちょいと。
野菜炒めに、最後にぱっぱと。
冷凍シーフードにタマネギで、とろみをつけて中華風にしたものに彩り兼用で。
そのまま、ツナとマヨネーズで和えたり。
サラダにつけたり

生よりちょっと火を通したほうが食べやすい。

キャベツを使った料理という感じで作るより、トッピング作戦のほうが、無駄なく、無理なく、使い切れる感じ。
それに一回、さっとゆでてあるので、青臭さが抜けていて良い感じです。

これなら、しっかり簡単に春キャベツが消費できそう。


3日ほどまえに、連休明けのゴミ出しに行ったら、なにがどうしたのか、「ぎくっ」ときた。
いままでの経験から、軽いほうだと思うけど……。
そうして、今日まで湿布がお友達。
「うっ……」とか、「いつっっ……」とか「う~~~……」とかが、行動のBGMとなってしまった。
クローゼットの配置換えでちょっと無理をしすぎたかなw

クローゼットは、基本的な配置変更が終わり、現在は収納内容の仕上げをしているところです。
処分する衣類は、シーツなども含めて、45リットルのゴミ袋に3袋ほど出ました。
あともう1袋くらいは出せそうな気がしますが、そこまで到達できるかどうか……。

お安くなかったお値段と、まがりなりにも「見た目が気に入って」買ったというのが一番ハードルが高い。
見た目が気に入って買ったけど、実際に着用して1日を過ごしてみると、サイズとかは問題ないのだけど、どうも合わないというか、着心地が良くないもの。
ついつい着ない、身に付けなくなってしまう。
そういうものを排除しようとすると、「勿体ない」が立ちはだかる。

なんでもかんでも、ポイポイと捨てちゃうというのもどうかと思うけど、この「勿体ない」は本当に厄介だなあと自分でも思います。

来週の布ゴミの日までに、もう少し頑張りますかね……w



連休が終わって、ようやく暖かくなってきたように思えるド田舎です。
なんだかんだでかなり忙しい連休でした。

来月には衣替えもあるので、連休中にクローゼットの見直しと改善をやりたかったのですが、道半ばという状態です。
衣服も、改めて真剣にチェックしてみると、あきらかに多すぎる……。
増えていないはずなのに、なぜだか多い。
この冬、さっぱり着なかったものが結構ある。
結構というより、7割は着なかった気がする。
無意識のうちにローテーションで着てしまうものと、持っているだけのもの、たま~~に着るもの。

外出着以外は、基本ワンマイルウェアな基準で、そのままちょっとスーパーやご近所に回覧板をもって出かけても平気なものをチョイスしていたはずなんだけど、ちょっとコレは駄目でしょうというのもちらほら……w

これは洗い替えを見越しても、大幅に見直して減量すべき!
今週いっぱい忙しいのだけど、衣服の減量、がんばります。



今年は、いろいろと現状を考慮して、ビタミン・ミネラルのサプリメントの他に、もうひとつ導入することにしました。

ザバス(SAVAS) ウェイトダウン ヨーグルト味

ダイエットが主目的じゃないです。
ま、結果としてダイエットにも貢献してくれたら嬉しいけどw

母親も加齢とともに、食の好みがめっきりと「あっさり」方向で、魚は食べるけど、肉は喜ばないようになってきた。
さらに量も徐々に減る傾向にある。
壮年の頃のような食事量は無理になってきた。
そうなると、実は一番最初に減るのが「タンパク質」

牛乳のかわりに豆乳を
卵、チーズ、ヨーグルト、豆腐、麩、高野豆腐
そして、母親の好きな魚をできるだけ毎日付けるようにしている。

そんなこんなで、タンパク質をいかに上手い具合にとってもらうかが今年の命題。
ついでに私も…w

このプロティン、正直、あまり美味しいものじゃないと思う。(苦笑
飲むヨーグルトと、森永のマミーを混ぜて、そこに付属のスプーン2杯(本当は300mlの液体に3杯)を加えてシェイクして、朝食の時に出している。
濃いめの味にすれば、まあまあかな。

飲み始めて2カ月。
なにがどう効果があるか自覚はないけど、ちょっと疲れにくくはなったのかな?

これから暖かくなって、野菜もどんどん出来るようになったら、また浅漬けを始める予定。
無理せず、手抜きしすぎずとは思うのですが、こういうものを利用するのもありかなということで、しばらく続けてみたいと思います。

健やかに過ごすためには、なによりも健康が一番!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。