12-12-31 おせち

大掃除はなんとかOK。
仕事部屋は、あいかわらず年越しの持ち越しなので、ほどほどに。

おせちも、母上監修のもとに完成。
食べたいもの、食べられるものしか作ってないメニューだけどw
あとは、これ以外に、酢の物、漬け物、豚の角煮、フルーツ。


今年は、概ね、ゆる~~くも良い年だったように思います。
思っていたことは、ほぼ出来たように思いますし、むろん、それから派生して課題も一杯だったんですけどねw
こうして、一年を振り返ることが出来る、当たり前のような時間を過ごせることに感謝して、今年一年を締めたいと思います。

今年もありがとうございました。
皆様、良いお年を。




少し古い本ですが、こたつでのんびり読書におすすめ。

邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫) [文庫] 鯨 統一郎 (著)

新・世界の七不思議 (創元推理文庫) [文庫] 鯨 統一郎 (著)

ジャンル的には、歴史ミステリーになるのでしょうか。

とあるBARでの歴史談義から始まるおもしろ解釈という感じでしょうか。
「邪馬台国はどこですか?」の内容は

・仏陀が悟りを開いたのはいつか
・邪馬台国はどこにあるのか
・聖徳太子の本当の正体は
・「本能寺の変」の明智光秀の謀反の動機は
・なんで明治維新がおきのたか
・ゴルゴダの丘の真相は

宗教にかかわる内容も多いので、そういうトンデモ内容はダメという方にはお薦めできません。

トンデモ内容なんですが、現代の常識がグラッとひっくり返りそうな話もw

軽快なテンポの良い会話が主体で、小難しい描写は殆ど無いのですが、意外と説得力があって面白いと思います。
唯一、いただけないのは、登場人物の「静香」さん。
美人でデキル常識人で知的キャリアウーマンなんだけど、性格が残念すぎる……。

続刊の「新・世界の七不思議」も、なるほどなあと「目からうろこ」な気分になれますw

ものの見方を変えると、見えてくるものが変るという「不思議体験」の味わえる2冊。
お手軽に楽しめる内容です。


パンがないならお菓子を食べればいいのに。

あの王妃さまの有名な言葉がタイトルですが、「食に関心がない」人というのは、現代では若い人に意外と多いのかしら。
豊かな社会の象徴なのかもしれないですね。

内容は、料理が億劫で、食べること自体にもあまり興味がないという奥様。
旦那さんが食べるときには、ちゃんと作るけど、自分のためだけなら料理は作らないで、カップ麺や冷凍食品、なければ、お腹がふくれさえすればいいので、お菓子でも。

そんな日常だけど、旦那さんには文句を言われたことがなかったのだけど、飲み会がキャンセルになって予定外に帰宅した旦那さんの夕食がなかったことから…… というお話。

食べることに興味がないだけで、家族を巻き込むつもりはない。自分のためにだけ料理をする気がないだけなのだとか。

30代までなら、「若さ」という細胞の更新速度の速さで、多少の不摂生もあまり表面にでることがないけど、40代を迎えるとおもしろいほど体調が変化していくものなんですよね。
私の身近な見聞でも、食生活がいかがなものかと思っていた人たちの多くが、40代を迎える頃に健康面でいろいろと問題を抱えるようになっています。

単純に家族にはちゃんとした食事を出しています。自分のためだけなら何を食べようと自由というけど、もし、一家の主婦である奥さんが病気になったら、てきめん他の家族にも影響が及ぶでしょうねえ。
家族の誰かが病気で、苦しんでいるのを、なんにも思わない・影響を受けないなんてあり得ないですもの。

関節リウマチの発症と食事の関係

生活習慣病ともいわれる成人病の多くは、食生活が原因と周知されています。
それ以外にも、女性に多いリウマチの発症も、影響があるという説も。

このトピの奥さんも、旦那さんやこれから育てていく子供さんのためにも、まずは自分自身が健康であることの大事さというのを考えて下さるといいのにね。

人間、往々にして健康で、普通に日常生活がおくれることの有難味を自覚するときって、健康じゃなくなった時なんですよね……。
健康を維持することは、薬や医者だけじゃなくて、日々のちゃんとしたバランスの取れた食事が一番の特効薬だと思います。

食べることは、もっと大事にしてほしいなあと思います。




2012-Christmas.jpg

Merry Christmas!

今年のケーキは、ミルクレープでした。
今度は、もう少し薄く焼こうと反省w

今年も残りわずかです。
元気に頑張って行こう!



2012.12.21 【日常】色々
NHK BSプレミアム 観賞マニュアル「美の壺」 file261 「ブーツ」

今週の放送。
今日の記事は残念ながら、ブーツのお話ではないのです。
個人的にはブーツは、めんどくさいので対象外。
長靴は必需品なので、履きこなしていますw


この番組を見ていて、ふっと思ったこと。
「なんで年配と言われる年令になると、3k色(濃い、暗い、くすんだ)を着るんだろう。」
大変申し訳ないですが、番組中に登場された、はきもの博物館の方や、靴ジャーナリストの方を見た感想でした。

パーソナルカラーという似合う色系統というのもあるのですが、年令を重ねるに従って、容姿の様子の変化に伴って、似合う色も変化していく。
特に女性の場合は、加齢によるヘアカラーと肌の色調の変化は、かなり大きいと思います。

最近の母親が良く言っていることなんですが
「年を取ったら、よけいに綺麗な色を着ないとだめだ。」
この言葉を思い出して、なるほどなあと思ったのです。

髪が白髪の比率が増えて灰色になってくると、くすんだ暗い色は、よけいに加齢を感じさせる効果をもたらすような…。
殿方でも、お年寄り~ って感じる方は、やっぱり3k色をお召しになっていることが多い。

まあ、3k色は、無難で目立たず楽なんですけどねw

もはや、おばさんと呼ばれても反論できない年令でもあるので、若かった頃に似合うと思っていた色を、いつまでも引きずっていてはいけないなあと考えさせられました。

綺麗な色というのも曖昧な表現ですが、明るめの色ということでしょうか。

自分が色に引きずられるタイプなのもあるので、よけいにこんなことを考えるのかもしれません。
来年の服飾計画は、「ちょっと明るめの色」で頑張ってみようw



今年いっぱいで消滅するポイントがあったので、勿体ないので、これを買いました。

セシール わけありサラミのミミ900g

900gって、かなりの量でした。
我が家で使っているタッパー容器の コレ に山盛りで2個分。
(1リットル入ります)

ポイント使ったので、支払いは940円。
味はなかなかに美味しいし、切り落としなので、食べやすい。
サラミなので、保存性も良し。

サラミをフードプロセッサーでみじん切りにして、ポテトサラダに混ぜたり、パスタに使ったりもします。
ついでに、ビールのお供にw

欲しい物がないのに、ポイント消費しないと勿体ない時には、ちょっと試してみたい消え物にすることにしています。

今回は、大当たり♪


簡単衝撃的かぼちゃのカット★包丁いらず!

あの有名なクックパッドから。
いくら、玉石混淆の世界とはいえ、これは……。

なんだろうね……食べ物への配慮というか、育てた農家、家族がいたら食べる人への気持ちが、微塵もないように思える。

すごく個人的な感じ方なんだけど、こんな風に雑に扱って衝撃を与えた野菜って、味が落ちるように思うんですよね。
まあ、きれい事を言ってるのは分かっているんだけどね。
これを面白いと思って実行された方は、そういうのは気にならない人で、それなりにいらっしゃる様子。

なんだか哀しいレシピ。


昨日の衆議院選挙、予想通りすぎて、半分呆れるとともに、いろいろと面白かったです。
次のターン、もう少し暮らしやすくなるといいですね。


私はPCを主体に使って仕事をしているのですが、PC上での作業をするための知識・ノウハウだけでは、絶対に効率のよい作業はできないと思っています。
仕事をスムーズに、無理なく、効率的に進めるためには、絶対的にデジタルではなく、アナログな部分が出来ていないと、うまく進められないと。

たとえば、単純なEXCELのデータ入力の仕事であっても、効率よく早く作業するためには、原稿の整理が大事。
入力順に原稿を揃える。
たったこれだけの作業でも、出来てるのと出来てないのでは、作業効率が大違い。
さらに、入力が終わった原稿も、順番に重ねてばらけないようにしておく。
不明な原稿には、付箋をつけて、EXCEL上のデータ番号を記しておく。
こうすることで、後からの処理がたやすくなってきます。

コミックや小説のデジタル化作業でも、スキャン作業そのものよりも、それ以外の作業がきちんと出来ていないと、すごく面倒なことになりがち。
単純に原稿をセットしただけでは、ちゃんとした結果は得にくい。
確実に作業ステップをこなすために、最初にセットする原稿の枚数をきっちりと数える。
使っているscansnapのビューアーのサムネイル表示を、きちんと自分の使い方に都合のよい表示にカスタマイズする。(5枚が1列に表示できるようにしている)

10枚から20枚を、きっちりと手で数えてからセットして、読取りをさせると、いちいちスキャナを注視していなくても、終わった後、ビューアーを見ればちゃんと出来ているかどうかわかるようにしておく。
もし、規定の位置までサムネイル表示がされていないなら、重送の可能性9割。
残りの1割は、最初の枚数の数え間違いw
原稿をもう一度数えて、数え間違いでないのなら、この回に読み取ったデータをそっくり最初から消去して、もう一度読取りのやり直し。

重送か所を突き止めてそこだけ修正というのは、かえってすごい手間がかかるので、こういう場合は消去してやり直したほうが時間的にも早い。

PCを使ってのデジタル作業であっても、本当のところは人間が手や目で作業する部分ができていてのことだと思う。
PCだから、EXCELだから、Wordだから、簡単だよねと言われると、苦笑いしてしまう。
さらに、Photoshopがあるんだから問題ないよね、と、かなり酷い条件で撮影された写真を渡されて泣いたことも数知れず……。

デジタルツールは便利なものだし、今では無いと困る存在だけど、本当はデジタル以前のアナログの部分の出来不出来が、仕事の品質に大きく関わっていると思う。
デジタルツールで何でもできるから、あとからなんとでもなるよね、と、今やっているアナログな作業を疎かにしていると、大抵は後から泣きを見ることなったり、誰かの怒りを買うこともあり得る。

よくある話で、複数枚のコピー作業で、コピー機まかせで簡単にコピーして、そのまんま相手に渡したら、一部が鉛筆書きで薄くて読めない部分があったり、原稿がずれたのか一部が切れていたりして、怒られたとか。
これだって、コピーした後に、チェックするというアナログ作業を疎かにしたから発生したトラブルなんだよね。

ちょっと抽象的な事ばかり書いたけど、結局、仕事って「アナログな部分」を馬鹿にしているとダメだよね ということでw



忙しいけど、いま行かないと、後々もっと予定が厳しくなるし、天候ももっとイヤになるかもしれないので、お昼前から免許証の更新に出かけました。

最近、かなり視力が落ちているのを自覚していたので、適性検査でダメと言われるかもしれないと、戦々恐々での更新。
幸いなことになんとかパスして、ゴールド免許維持です。
今回から、IC付き免許証になりました。

これでまた5年間、無事に車を運転できるように頑張ります。

5年振りに訪れた免許証センター、周りがすっかり変っていて、「え? あれ?!」となって、一度通り過ぎてしまったのはナイショ……orz



ちょっと前に、調べ物をしたくて地元の図書館を利用したのですが、そのときにげんなり体験をした。
本の内容がどうこうではない。
5冊選んだ中の1冊に、ラインが引いてあったり、書き込みがしてあったりで、うへーっとなってしまった。

自分自身が本に書き込みとかラインを引いたりとかするのが嫌いなので、よけいにイヤだなあと。
そういうやり方をする人もいるのは知っている。
でも、それはあくまでも自分の所有する本だけだと思っていたけど、図書館の本にまでそういうことをする人がいるとは思わなかった……。

なんとも微妙なイヤン本に、内容とかを考える前に、そっと閉じて図書館のカウンターへ渡してしまった。

本の読み方は人それぞれだけど、自分の本以外に書き込みはやめてほしいな。

12-12-11 本

お小遣いのやりくりで、ようやく買いました。

Farmer’s KEIKO 農家の食卓 ~パッと作れる野菜ごはん

Farmer's KEIKO 農家の台所 (生活シリーズ)

料理研究家とかプロの料理人とかのレシピとは違う、日常に毎日のごはんのためのレシピなのがいい。
それに、農家だけに、その季節にとれる野菜を中心にしたものが多い。
しかも、あれこれと材料が手に入りにくいものじゃなくて、当たり前のどこでも手に入るものばかり。

なによりも、この方のレシピで好きなのが、忙しくて時間がなくても、それなりにパパッと短時間で簡単につくれて、ちゃんとおいしい工夫があるところ。
農家にしろ、自営業にしろ、兼業主婦やっていると、どうしたって時間に余裕がないことが多い。
だからといって、自分以外の家族がいたら、食べることにあんまり手を抜きたくない。
豪華な食事とか、グルメな食事でなくてもいい。
普通の日常の家庭料理でも、「お、いいね、美味しいわ~」と思える食卓って、プチだけど確かに幸せなひとときだと思います。

まあ、自分が食べることが好きなのもあるんですけどねw

今年も千両の赤い実が綺麗に揃いました。

12-12-09 千両-03

元画像 
なんとなく、赤と緑でクリスマスっぽい。


12-12-09 千両-04

今回は、ファブリックっぽくしてみたかった。
自分なら、こんな布があったら欲しいなって感じで。

同じ画像を、効果を変えて、4枚重ねて合成。


12-12-09 千両-04

最後に、モノクロにしたものを重ねて、塗りレベルを落として、渋みとtextureをつけてみました。
画像を縮小してるので、布目なテクスチャーがわからなくなっちゃった。
これにロゴ重ねたら、クリスマスカードにも使えそうな感じになったかなw


なんかねー、最近、不景気もあるんだろうけど、いまの流行の色柄がうざく感じるようになったんですよねえ。
こんなふうに明るい色柄のものに惹かれるような。
冬で寒くて暗いからこそ、鮮やかなものが欲しい。

12-12-09 雪景色

昨日からの寒波で、見事に銀世界です。
寒いのです……!!

お仕事は、年末進行中なのですが、さすがに部屋の荒れように堪えきれなくなってしまいました。
ま、雪国特有の「積雪ハイ」みたいな精神状態も影響してるんですけど……w
折良く、ちょっとしたスケジュールの空きができたので、部屋の片付けと掃除!

先日、カタログギフトをいただいたので、いろいろと検討した末に、

ツインバード サイクロン スティック型クリーナー

これを選びました。

掃除機を増やすことで、あちこち持ち歩かずに、もっと気軽に掃除機を使いたいなと思っていたので、ちょうど良いタイミングでした。
届いて使ってみて、感想としては、五月蠅い! でしたw
マンションとかアパートとかの集合住宅で使うのには、ちょっと考えてしまいますが、幸い我が家はド田舎です。
気にしないw
あー、でも約1匹が、こういうモーター音が苦手らしくて、あまりの音の大きさに、へっぴり腰で逃げ出してしまいましたけどw

このタイプの掃除機の利点は、作業の結果が目に見えるということでしょうか。
掃除機を掛けた後、ダストカップに溜まったゴミを見て、「うへぇ~」となりましたw
先日の記事でも書いたように、南京虫がコワイので、もっと真面目に掃除機かけないとね、と決意も新たにしたところです。

掃除・片付けのついでに、荒れ放題の仕事机とPC周りも念入りに掃除して、ちょっとだけ配置換えして、本の整理もちょこちょこ。

掃除をしやすいようにものの配置とか、置くものを考えると、やっぱり単純なほうがいいなあと思うのです。
PC周りでは、マウスパッドとか止めたいのですが、なかなかそういうわけにもいかなくて悩ましいところです。

久し振りに気が済むまで掃除した部屋。
やっぱり綺麗になると気持ちいいです~~!!


昨日のTVで、とんでもないものを見た。

忍び寄る“スーパーナンキンムシ”

いやー、もうね、一言でいうなら「ぎゃーーーーーー!」でございますよ。

市販の殺虫剤は効かない。
家庭できる自衛策は、「とにかく掃除機で徹底的に吸い取る」くらいじゃないかしら。

まーるく掃除して、ま、いっか~ とか
掃除ぐらいしなくても、死にはしないわよ

なんて意識でいたら、とんでもない目にあうかもしれない。
毎日、こまめにちゃんと隅々まで掃除機をかけないと!

あの「G」よりも、こっちのほうがイヤだ。

うん、やってるけど、さらに丁寧に掃除機をかけよう!



「すみません」で済ませてはダメですか?

とある企業の派遣さん 40歳、既婚 子どもありの女性
おなじ派遣の同僚さんから、
「何を話しかけられても「すみません」で済ませるのはもったいない」
と言われた。

・ありがとうございます
・恐れ入ります
・申し訳ありません

全部を集約していました。

でも、それってそんなにいけないことですか?



というお話。

回答コメントは、ほぼ、NOの様子。
最終的には、相談者も色々と考えるところがあったらしく、なぜ駄目なのか理解された様子です。

これを読んでいて、父方の親戚のご婦人のことを思い出しました。
私よりも一回りくらい年上の方なのですが、やっぱり「すみません」使いの人でした。

すみませんで通じないわけじゃない。
なにかちょっとした心遣いの行為をしたときに、返ってくる言葉は「すみません」
お茶をお出ししても、お土産をお渡ししても、「すみません」

「すみません」はお詫びの言葉、謝罪の言葉だと教えられていたので、なんだか言われるたびに微妙。
いろいろな大人の社会の立ち位置というものもあるのだろうけど、「すみません」使いは、あんまり好印象は持ちにくい。
だって、なにをしても、どう接しても謝罪の言葉を頂くのだ。
端的に言ってしまえば、本人がそのつもりはなくても、すごく「卑屈な人」に見えてしまう。

常にふんぞり返った態度の人もいやだけど、常に「卑屈な人」というのも、たまらないものです。

「ありがとう」の代用に、「すみません」を使うのは、どこかでほんのちょっぴり残念な人に思われるかもしれません。
ちゃんと素直に「ありがとう」と感謝の言葉を使うのは、当たり前の基本だけど、とても大事なことなんだなあと、改めて思いました。

たかが言葉だけど、私も自分ルールで「伝わっているつもり」にならないように気をつけたいな。



「未来の党」名乗るアンケートサイトで「原発に賛成」8割→なぜかサイト閉鎖→未来「そんなサイト知らない」→しかし…

今度の衆議院選挙がらみの、奇々怪々なお話。

複数回アンケート結果の数字がリセットされたという話だけど、なんだかなあ……。

新聞とかTVでは決して伝わらないことだけど、こういうのを見聞きすると、ネットしていた甲斐があったなあと思うw

真相がどうであれ、こんどの選挙、どうなることやら。


2012.12.03 【日常】来る
お仕事で、首をかしげる言葉の使い方があって、ちょっと気になっていた。

「また買いに来たい」
「また来たい」

う~~ん、こういう場合って、

「また買いに行きたい」
「また行きたい」

だよね???
来る と 行く という使い分けがおかしいのかな? と。

それが1人や2人じゃなくて、ほぼ8割の使い方だったんで、もしかして? と調べてみると案の定w
「九州 方言 来る」で検索してもらうと出てきますw

行く」「来る」についての一考察

ああ、そりゃそうだね、確かに私がいま扱っている仕事は、九州方面からのものだものなあ……w

標準語が正しい、方言が間違っているというのも違うだろうし。
少なくとも、九州では「来る」は正解みたい。
何が正しくて、どこが間違っているのか、わけがわからなくなってくるw

言葉って、おもしろいw



いま使っているscansnapの初代発売から、かれこれ5年。
我が家のscansnapも、相当な酷使に耐えてくれている。

だけど、さすがにもう交代時期かなあと思いつつ、新しいドキュメント・スキャナについての情報を収集をやっているところです。

富士通
キャノン
コクヨ
エプソン
brother

いまでは、これだけのメーカーから出ている様子。

製品を比較した記事も、せっせと読んでいるのですが、その中で、微妙に気になるポイントがいくつか。

よくあるのが、読取りスピード比較、一度にセットできる枚数比較みたいなスペック上の比較記事。
実際に、自分で書籍やコミックをデジタル化してきた経験から言うと、この2つはあんまり意味がないスペックだと思う。
もちろん、早いほうがいいし、一度に処理できたほうが手間がはぶける。

だけど、ドキュメント・スキャナを使っての作業で求められるキモは、スピードとかセットできる枚数じゃないんだよね。
そこは、はっきりいって二番目、三番目の優先度だと思う。

絶対的な優先度は、「確実性」なんです。

たとえば、一度に50枚の紙をセットできるからといって、50枚セットするかというと、絶対にやらない。
一発、完璧にできるのならやるけど、実際には、かなりの確率でエラーじゃなくて、「やり直し」が発生する。
50枚一度にセットしたあげく、読み取ったデータのどこかで「やり直し」が発生したら、どのページだったのかチェックするのに、ものすごい手間がかかる。

紙によっては、重送のタチの悪いやつで、2枚ぴったり重なって送られてしまい、重送チェックセンサーにも反応しないケースもよくある。
ページ抜けがないようにチェックするのにも、50枚(両面だと100ページ)をチェックするのは気が遠くなってくるw

慣れている私ですら、区切りがよく、確実に「やり直し」が発見しやすい10枚(20ページ)単位でしか作業しない。

正直いって、速度や枚数スペックを競い合っても、意味がないと思っている。

本当に知りたいのは、読み込んだ画質の差、「やり直し」の手間がいかに軽減されるように出来ているかだと思う。

個人的には、scanしたデータをPDFにはしていない。
PDFにお纏めは、一見、便利そうだけど、後の処理を考えたときには、PDFより単純な画像データにして、まとめて圧縮書庫にしておくほうが良いと思っている。
必要なら、後からまとめてPDFにできるし。

私の場合、非常に条件の悪いものばかりをscanしているせいもあるので、どんなスキャナでもそれだけでは完了できないので、スキャナについている「スキャン 即 PDF」という機能は使えないのだけど……w

使い方も考え方もそれぞれだとは思うのですが、もうちょっと知りたい情報が欲しいなあ……。