上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12-06-28 バラ 涼

四季咲き中輪バラ 「涼」
ラベンダーブルーの涼やかな花色です。
母上の大のお気に入り。

自作のケーキをおやつにしていたので、ここのところ、体重計の数字が右肩上がり……。
しばらくケーキは封印なり。

今年は片付けと平行して、生活のためのいろいろな物流のシステムを考えていくことにしています。

牛乳については、みしぇさんに助言いただいたように、LL牛乳なら日持ちする上に、ネットでまとめ買いも可能。
さらに豆乳も未開封なら、LL牛乳と同じ扱いができます。

8月くらいから、試験的にやってみようかなと思います。

もうひとつ、気になるものがこれ。

ザバス(SAVAS) ウェイトダウン ヨーグルト味

知り合いがこれを使っていて、とても良いそうです。
話によると、一ヶ月で脂肪が3kg落とせるとか……。
すごい魅力的w



スポンサーサイト
12-06-29 ケーキ炊き

炊飯器でケーキを炊く というのが、前回の反省点も踏まえて、リベンジしてみました。

今回はちゃんときれいに、お釜から抜けたんですけどね……。
ちょうど用事があって来ていた従兄弟が、炊飯器でケーキを炊くというのが信じられなかったらしくて、台所に見物にやってきたんですよ。

よいしょっとお釜をひっくりかえして、ケーキを出したら、味見といって、むしって食われてしまいました……orz
写真とる暇もありゃしない。
なので、かなり格好悪い写真になりました。

今回は、ちょっと抹茶をいれているので、色が濃いめ。

豪快につまみ食いした従兄弟の感想ですが、気に入ったみたいです。
半分持って帰りましたからw

大石寿子さん のレシピは、無理しないで、がんばらないでも、そこそこ失敗しない感じの、できあがりの味の想像がしやすいものが多い感じです。
こんな風に、普通の人でもある程度作れるようにまでレシピを完成させるのには、どれほどの試行錯誤があったんだろうと思います。

衣なしで油っこくない、おから野菜コロッケ

今度、これを作ってみようかな。

12-06-28 ブルーベリー02

ブルーベリーの実が色づき始めました。

今年も、自家製のジャムが、たっぷりと楽しめそうです。

今日も特に何事もなく、ご飯たべて、仕事して、猫をかまって1日が終わりました。
穏やかな、良い日だったと思います。



数日前に来たお仕事メール。

データ入力のご依頼、枚数はA4で200枚くらいです~
○○日くらいまでに~

本日、届いたデータ用紙。
………どこをどうみたら200枚?
800枚は余裕であるじゃないか!!!!!

電話で確認すると、
ごめんなさい、最初は200枚くらいだったんですけど~、増えちゃいました~。

うぬぬぬぬぅ

○○日までには、物理的に無理です~。
交渉の果てに、なんとか新しい締め日を設定し直して、ため息。

まあねえ、こっちも進捗状況を尋ねられると、半分も出来ていなくても、
あともうちょっとです~ 頑張っていますから~
と営業なお返事をすることもあるので、あんまり深くは突っ込まないけどね。


多少の幅は、お互いに大人なんだし、飲み込んで仕事しますけど、当初の4倍近いってのは、ちょっとやりすぎっすよ……orz




炊飯器で作るケーキというのが面白くて、何度かやっていましたが、どうもめんどくさい&イマイチでした。

電子レンジで作る、簡単プリンのレシピ

このやり方でプリンを作ったら、すごく簡単で、ほとんど失敗することがなかったので、大石寿子さんのレシピで「お釜スポンジ」というのをやってみました。

炊飯器におまかせ!基本のスポンジケーキ

お釜は、IHじゃない古いもので、一人暮らしのときに使っていた物w
レシピのとおりに、ベーキングパウダーを使わない方法です。
材料も、家にあるものだけで、特別にそのために買わないといけない物もない。


12-06-26 ケーキ-01

普通に炊飯で炊いてみて、まだだったので、追い炊き2回(5分ずつ)
お釜からケーキが抜けなくて、お尻がボロボロになったw
敗因は、お釜にサラダ油の塗り方が少なかったんだと思います……。

12-06-26 ケーキ-02

ケーキ自体の膨らみ方は、ベーキングパウダーなしなのに、すごくいい感じでした。
食感も悪くないかな。
焼き菓子が下手な私にしては上出来なんじゃないかしらw

ただ、お味は、ちょっと甘いかな~。
次回は、少しだけ砂糖減らしてみたいです。
自分にとっては甘いだけで、しつこさはほとんど無いです。

手間は、卵の泡立てくらいで、いままでのレシピよりは、かなり楽ちんです。
泡立てといっても、ハンドミキサーがあれば、なんともないし。

次回、作るときには、お釜に塗る油のところを改善して、リベンジしてみたいです。


うちの母上は、鍋が好きです。
私も嫌いじゃないけど、日常は使えるものが4個あれば充分と考えているので、決して「鍋スキー」ではない。
むしろ、はっきりと言ってしまえば、我が家にある7割の鍋を、ポイッとしてしまいたいくらい。

そんな私と母なので、ひそかに鍋をめぐる小競り合いが絶えないw

今日は、母親に頼まれて、農業資材を買うためにホームセンターに出かけました。
帰宅して、買った物の処理をしていると、自分の買った物をゴソゴソしていた母親が、
「これ、いいものがあった。」
と、フライパンを出してきました。

24cmのダイヤモンドコートとかの、今流行のやつ。
「ガス専用で、980円だった。これなら安いし、軽いし。」

今使っているフライパンは、かってIHヒーターに憧れて、いつかIHコンロにするつもりだったので、IHでも使えるタイプで、少し重い。
しかも、初期の頃の古いタイプなので、フライパンの柄が木製になっていて、その柄が長年の使用でちょっと不安定になっています。
そろそろ入れ替え時かなあと思っていたので、母親が新しいフライパンを買ってきたのは、それはそれで良し!
問題は、そこから後でしたw

「なかなか良い感じじゃない? 980円なら、もし仮にIHに切り換えるとしても、その時に新しいのを入れ替えてもいいだろうし。」
と、私が言うと、母親、にっこり。

(さあ、ここからが正念場!)

「じゃあ、いま使っているのと入れ替えて良いよね。古いのは捨てる?」
「アレは柄を直して使おう。」
さらっと、来ましたよ~~。
「えー、まだ使うのなら、買っちゃだめでしょう。いくら安くても、同じようなものを買うのって、お父さんのことを言えないよw」

うん、ちょっとキツイことを言ったのは、わかっていますw

直したら、修理したら、まだ使える

本当にそう思っているのなら、新しいものを買わずに、それを使うべき。
まだ使える というのは、間違いじゃないんだけど、「○○したら、まだ使える」と思う物ほど、ほぼ9.9割、使わないんだよねw

「直して使うのはいいけど、いまあるものを、何か暇をやらないと、置く場所がないよ?」

台所の調理台の下に、フライパン専用の多段棚を自作しているのですが、重ねて収納できないように、わざと作ってありますw

父親の悪癖と同じと言われたのがショックだったのか、しばらく黙り込んでいました。
結論は、もう見えているのですけど、そこはきっちりとけじめというものです。
「わかった。それなら処分して入れ替えて。」

980円のお得なフライパンが、もたらした鍋紛争。

買うことと、使うことは、車の両輪のようなものです。
でも、時々、その二つがちゃんと連携していないことがある。

母親にとっては、「鍋」
父親は、「道具・工具」
私は、かっては「洋服」だった。

さて、つぎの紛争勃発までは、しばらく時間がありそうなので、その間に、もう少し鍋を減らすためにがんばろうw



12-06-24 甘茶の花-01

アマチャの花。

甘茶 wiki

若い葉を蒸して揉み、乾燥させたものが、甘茶。

葉を乾燥させることにより甘味が出る。また苦味成分としてタンニンを含むが、カフェインは含まない。
生薬としては、抗アレルギー作用、歯周病に効果を有する


これは、我が家では、とても大事にされている薬草でした。

昔は砂糖が簡単に手に入らなかったので、土用の頃に刈って干しておいて、秋のたくあん漬けの甘み付けに入れていたと、母親が言っていました。


レモン汁は、お菓子やら料理やらのレシピで、ちょくちょく出てきますが、どれも必要なのは、ほんの少し。
レモン1個を絞ると、大抵、必要な量よりはるかに多くとれます。
レモン汁って、結構めんどいですよね……。

最初は、レモン汁の残りを製氷皿に入れて凍らせていたのですが、冷凍庫内で場所をとるし、なんか良い方法はないかなと悩んでいました。
大さじ1くらいずつ、邪魔にならずに、使いやすくする方法を悩んでいたのですが、なんとなく解決方法が見つかったような。

100円ショップで売っているA8サイズ(免許証サイズ)のチャックつきの小袋があったので、使ってみました。
大さじ1杯ずつ、小袋に入れて、小さな四角いアクリルケースに立てて入れて、冷凍庫にそのまま収めてみると、ちょうどいい感じで省スペース。
欲しい量だけ袋を引っ張り出せばいいし、場所も取らないし。
今のところ、問題はなさげです。

ちっちゃなチャック付きの小袋、いくつかは使ったのですが、それ以外は、あんまり使い道がなくて困っていました。
もしかして、ショウガのすり下ろしも、これに入れて冷凍したらいいのかもしれない。
新ショウガの季節になったら、やってみようかな。



マダム・ジョーカー 1   (ジュールコミックス)  [コミック]  名香 智子 (著)

名香 智子さんといえば、華麗、ゴージャスという言葉の似合う作品が多かったように思います。

この作品も、豪華で華麗ですw
大金持ちの未亡人がヒロイン。

本来なら、こういう設定だと、リアリティがなさすぎて、アホくさ~となりそうなものです。
でも、かなりヒネた私がおすすめしようかという作品なのです。

なに不自由のない大金持ちクラスの、持てるが故の不自由さ。
大金持ちと普通の一般庶民との、意識のずれ、常識の違いをベースにして、いろいろな事件の数々が1話読み切りでの連作になっています。

一見、大金持ちの一家の華麗な日常のようですが、実はちょっと違う。
一般庶民の今時を、視点をずらして描いているのではないかなと思います。

最近で笑ったのが、9巻の「枯れ葉の乙女」というお話。
ヒロインの蘭子さんの大学生の息子は、顔良し、頭良し、将来性良し、大金持ちの息子ということで、女子からは超優良物件w
楚々とした乙女な女の子から、手作りクッキー、手作りお弁当持参でのアタックを受けたりします。
超優良物件をGETするべく頑張る女の子と、周りの反応などの、虚と実のアレコレに、天然気味の蘭子さんが絡んでおもしろいことになりますw

少女趣味でお飾り大好きな人に、悪気なく言った言葉

 どんなに美しく飾付けたものでも、それは最初だけで
 それを維持するには、同じものと交換したり
 真剣にお掃除する必要があるんです。
 現状維持というのは、それなりに手間とお金がかかるものらしいですよ。
 
 やりっぱなしの少女趣味は
 ホコリくさい枯れ葉の乙女 になってしまうらしいですよ。


私は少女趣味なインテリアは、お好みではないのですが、身に覚えがあるのでギクッっとなったりw

そして、月光寺家のお手伝いさんの清里さんの痛いお言葉

 一生懸命、努力しているという自覚があるということは
 その人は努力して人並みということですよ。

 一流になる人のやっていることは
 はためからはとっても努力しているように見えるのですが
 本人に聞くと目標があって
 そこに到達するために、やるべきことをやっているだけで
 努力とは思っていない……って

 自分のやっていることが
 努力と感じている間は
 凡人なんだな……って
 思いました。


こんな風に、ほほぅ、と思うような言葉が、あちこちにあります。

一見すると、なにやら説教臭い、上から目線のような内容に思いますよねw
でも、ぜんぜんそういう、押しつけがましさや、決めつけ感はありません。

それぞれの話の随所に、こんなふうに散りばめられた「言葉」が、ある程度の人生経験があって初めて分かるような面白さがあります。

こういうお話、小説で書いたら、かなりアクの強い、いやらしさが出そうです。
漫画だから、さらりと読めるのかもしれない。

名香さんという作家さん、かなり物事への読みが深い人なんじゃないかなと思います。



我が家の、もうひとつのビフォー&アフター


10-06-12 抱っこ

2010年6月12日


12-06-02 猫-02

2012年6月2日

大きく育ちましたw



2012.06.21 【日常】色
12-06-04 シンビジュウム-03

これは、相当昔から我が家にあるシンビジュウム
昭和の頃、まだ、バイオ技術での洋ラン栽培が実用化される以前の頃に、父親が会社関係で手に入れたものだったと記憶しています。
いまの洋ランの流行からみると、かなり古いタイプのものですが、地味な花姿の割には香りが良いです。
かなり気むずかしいランで、毎年のお手入れに気を使う、我が家でも女王陛下な位置ですw


以前にも書いたように、私はお片付け業界でいうところの「右左脳タイプ」。
これが科学的に正しいことなのかどうかはともかく、現状からみると、かなり当たっています。
そして、インプットが右脳ならではの特性を考慮して、日常の色々な部分を手当してみると、確かに快適度があがったように感じました。

インプットが右脳タイプのポイントは、ずばり「色」です。
私の場合、よーーーく考えてみると、認識の順番が

 色
 ↓
 大きさ・形
 ↓
 位置
 ↓
 文字

こうなんですよね。

で、まあ、お片付けとはまったく関係ないことなんですが、前々から気になっていたことがありました。
それは、インターネットでブラウザで見るサイト。

ネットの世界というのは、情報は基本的に文字ですよね。
もちろん、画像、動画というのも大事ですが、知りたい情報というのは、概ね8割方は文字で記されています。

私は、どうしても色に強く反応しやすいわけです。
それに、あんまり視力が良くないという、悪条件が重なります。

私は、よく短時間の息抜きに、ネットのオンライン小説を読んだりしますが、商用サイトではないので、サイト主の思い入れ、嗜好で、さまざまのサイトがあります。
背景、文字色などなど。

色に引きずられる「右脳」タイプなので、思い切って「色」を排除してみました。

ブラウザのオプション設定で、「webページが指定した配色を優先する」のチェックをはずして、「システムの配色を使用する」にチェックを入れます。
たったそれだけで、ブラウザの画面がすっきりとしてしまいますw
私のような特性のある人間には、この状態はネットがかなり快適になります。

ただ、この方法は、ひとつだけ欠点がある。
サイトの作り方によっては、ナビゲーション関係のものが見えなくなります。
ほとんどの商用サイトでは、そういうことは無いのですが、たまにあります。

mixiのページが一番分かりやすい例かもしれません。
あと、このFC2の「新しい記事を書く」ときの入力欄の上の、各種の操作ボタンがほぼ見えませんw

この方法は、ある意味、諸刃の剣なのですが、色が少ないという快適さの方が今のところ大きいかな。

もちろん、定期的にオプション設定は復活させて、勉強のために、色とかデザインとかはチェックしたりしています。



12-06-02 ゴールドバニー

今年のゴールドバニー
美味しいらしくて、葉っぱが穴だらけ……orz


台風も過ぎ去っていき、幸いにうちのあたりは、大雨が降ったくらいで、さほどの被害はありませんでした。

収納庫もどうやら一区切りがついた感じです。
ここが終わったら、ほぼ、家の中のおおよその片付けが終わったかも。
ただし、完成はしていませんw

自分達なりの方向性と、求められる状態、ルールみたいなものは、おおよそ見えてきました。
なので、これからは、片付け系な記事は減っていくかもしれません。
日常的なメンテナンスや、ちょこちょことした手直しくらいなら、記事にするほどの内容じゃないし。
使っているうちに気づいたことや発見があったら、またそういう話を書くかも知れません。
もともと派手な片付け内容じゃないしw

ごく普通の日常の生活だけになると思うので、さらにブログネタが無くなりそうw

縫い物しようかな~ と思うのですが、作りたいものが具体的に思い浮かばないなあ……。


12-06-04 クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズという名前なんだけど、ほとんどの品種は、春に咲きます。
我が家では、五月が花盛りです。

庭木の下生えにしています。


今日も雨。
台風4合のあとを5号が追っています。
明後日は、古紙の日なんですが、困ったなあ。

終日、雨でどこにも出られないと、猫に八つ当たりされながら、縁側に積み上げた、収納庫から出た処分するものを分別して、ゴミ出しできるように処理していました。
その作業中にでてきたもの。

値札付き、新品、未使用なダイビングマスク。
我が家は海には縁のない場所。
父親の購入品かしら?

居間にいる母親のところに持っていって聞いてみる。
「これ、新品だけど、お父さんが買ったのかな? それとも、親戚の誰かの忘れ物?」
母親も首をかしげている。
「おばあさん(父親の方・同居していた)が、ラッキョウを剥くときに、かぶっていた。」

なんですと!
ラッキョウ剥きに……?!

うーん、ばあさん、やるな~ と、密かに感心したのはナイショ。

「でも、これ新品。それに○○の店の値札が付いていたし、ばあさんが行ける場所じゃない。あと、ばあさんは使った後、こんなふうに箱に戻して片付ける人じゃない。たぶん、お父さんが買ったのだと思うけど。」
「なら、そうかも。」
「で、これどうする?」
と、聞いたら、すぐさまに
「まあ、おいとけ。」
お返事が……!

かーちゃん、あなた、いま何にも考えずに、反射的に返事しただろう!!


「ふーん、じゃあ、これ使うの?」
「こんなもん、使わない。」
「誰かにあげるの?」
「あてが無い。」
「………」

気を取り直して

「使う気もないものを置いても、意味ないよ~。」
「……」
「これ、大事なもの?」
「いんや、ぜんぜん。」(いや、まったく)
「じゃあ、捨ててもいいよね。」
「……うん。」

というような一幕がありました。
(この会話のBGMに、時々、猫の「にゃー」(遊んで)が入ります)

ほんとにもう、「置いとけ」節が好きだよねぇ……。


12-06-18 寒天ゼリー

間食用 寒天ゼリー


ダイエットの救世主!寒天ゼリーの作り方 How to make Agar jelly

動画です。

粉末寒天、アクエリアス、こんにゃくゼリーが材料です。
アクエリアス・ゼロで作ってみました。
ポイントは、こんにゃくゼリーを溶かし込んで、すぐに冷水・流水で冷やすこと。

このとおりに作ってみると、本当にプルプルな寒天ゼリーになりました。
お味も、普通に美味しかった。
砂糖使ってないし、簡単だし、普通に美味しい。




昨日の続きの作業です。

昨日組み立てた棚に、別の場所に移動しておいたモノを収めて片付けていきました。

12-06-17 棚に収めてみた

棚にものを収めていきながら、計画どおりにいかない部分もあって、悩みながらも適度に微調整して収めていきました。
センターの通路が、できるだけ広く確保できることが絶対条件なのです。

そして、後に残ったのが

12-06-17 考えるもの

いままで、家のあちこちで収納のために使われていた容器類。
間に合わせで買ってしまっていた収納系のアレコレ。

残すか処分するか、悩み中のものです。


12-06-17 処分するもの

こっちは、完全に処分することが決定したものです。
縁側一杯ありますw

今回、Before画像がないのですが(撮影し忘れた)、これだけのものが、棚なしに積み上げられていたとご想像くださいw

明日は、処分確定ものを捨てるための作業です。
捨てるのも、処理に頭を使うので、苦労します……。


収納庫 棚設計

設計段階ではこうでした。


12-06-16 収納庫の棚

母親との協議の結果、古い(江戸時代のもの)タンスは、棚に組み込まずに別の場所に移動ということになりました。

360cm×46cmという大物でしたので、組み立てるだけで、汗びっしょりの大仕事でした。
なにが一番苦労したかというと、棚板を乗せてみたら、ちょっと修正したほうがいいかも~ となったとき。
一度乗せた棚を外すのは、均等に4カ所持ち上げないとびくともしないのですよw

組み立てるだけで、本日のタイムリミットでした。
明日は、この棚にものを収めて片付けていきます。

メタルワイヤーシェルフは、インテリア的にはイケてないものだけど、こういう倉庫的な場所には、最強の家具です。



12-06-02 マーガレット-01

初夏の白い花 マーガレット
群生した白いマーガレットの花群れが、宵闇の中で白く浮き上がるさまは、えもいわれぬ風情です。
これは、私が小学生の頃に、お友達のおうちから戴いた一株が始まりです。


ためしてガッテン あの鶏むね肉が絶品に変わるウルトラ技発見

鶏肉は大好きですが、もも肉高いのよねえ~~(ため息
むね肉なら、もも肉の半額近いのだけど、おいしくないのが泣ける。

番組を見ていたら、結局、むね肉がおいしく感じないのは、以前やっていたパセリと同じように、味ではなく「食感」が問題だったという話。

解決するために使う道具は、包丁です。
加熱前に包丁の峰で肉の両面を格子状にたたくことで
食感を変え、鶏むね肉を圧倒的においしくすることが
出来るのです。

さらに、たたく前に線維の方向に対して直角に
切り分けると、食べるときに線維が短くなるため、
おいしさはさらにアップします。



キャベツとむね肉の蒸し物

で、番組中に紹介されていたコレを作ってみました。
セロリがなかったので、パセリで代用!
ついでに、とりのむね肉は生じゃなくて、塩麹に5日ほど漬け込んだものだったけど、すごく美味しかったです。
お手軽だし、冷めても美味しい。
しかも、塩麹に漬け込んであったので、ハムのようになっていて、さらに良かったです。
水の代わりに、白ワインを使ったんだけど、日本酒でもいいかな。

これ、できたての熱々で食べてもいいし、多めに作って残りを冷蔵庫で冷やしても美味しい。
夏の作り置き定番のお総菜にいいかも。


12-06-04 シラン

そこらじゅうに花が咲いている。
梅雨時のうっとおしさは嫌いだけど、花の季節としては好き。

庭の片隅で、シランの花がほどほどに自己主張w


ここのところ、ダイエットを始めて壁になっていたポイントを超えられたようで、私のダイエット史上初の快挙。
今までいろいろとやってきて、ある程度は減らせるのだけど、どうしても越せないポイントのような地点がありました。
そこまでは行くんだけど、そこからは停滞が長く続いて、そのうちまた色々あってジリジリと元に戻ったり……orz
戻るのは早いんだよねえ……。

ガッテンを見て「よく噛む」を始めて、そこからは割と順調で、6月始めに、ようやくうまく行ってるかな? という感じになってきました。

よく噛むことで、無理なく腹八分目が実行できているんですけど、最近、暖かくなって(暑く?)、代謝でもあがったのかしらないけど、お腹が空くのに悩まされています。
まあ、考えてみれば、よく噛むので消化にいいし、食べる量減っているので、すぐにお腹すくんでしょうねえ。

間食したら意味ないし、お腹が空くと落ち着かないし、困ったもんです。
プリンだけじゃなくて、寒天ゼリーでも作ろうかしら。


将来を見据えるというのは、普通は10代とか20代のような若い世代によく使われると思います。
最近は、親や自分が年を取ってからのことも、見据えるべきだと思うようになりました。

我が家はど田舎です。
車が無ければライフラインの一つである、買い物すら一苦労な地域です。
むろん、公共交通機関は、細々とではありますが、一応あります。
でも、大方のど田舎というのは、バス停から自宅までの距離があり、かつ地形的に問題ありまくりだったりします。
買い物にいく往路はまだ良いのです。
買い物をしての戻り道が大変。
買い物を抱えて急な坂道だったり、ながい距離だったりを帰宅するわけです。
それこそ、あの童謡じゃないけど、行きはよいよい 帰りはこわい が、そのまんまです。

そういう所に住んでいる自分達が悪いと言ってしまえばそれまでw

最近は通販にいろいろなものをシフトして、様子を見ているところなのですが、生鮮食品の一つである「牛乳」もなんとかならないかなと思っているところです。

毎日、牛乳を飲みたいわけじゃなくて、時々ほしい。
しかも、おやつを作りたい気分のときには必須。
だけど、たまに忘れて消費期限大幅に過ぎちゃったりして orz状態になる。
それなら、保存性のよい粉末ものでも良くないかしら?
牛乳の買い置きが無くなれば、冷蔵庫もかなりスペースが空きそうだし。

ミルクパウダーの種類と特長

いろいろあるけど、現実的に手に入りやすいのが、スキムミルクかな。
半分くらいを、スキムミルクに切り換えて試してみようかな。

実は、卵も粉末があるんです。
南極越冬隊の料理長だった方の著作を読んでいて、全卵粉末とかまであると知って、びっくりしたことがありましたw

キューピー タマゴ会社 製品カタログ

これは、業務用なんですが、ど田舎住まいの物資購入の方策としてはアリかもしれませんね。
ただ、さすがに一般的には入手できないので、導入は考えていませんが、こういうものもあると覚えておこうと思います。

油、みりん、しょうゆ、塩、味噌、料理用の日本酒は、年間の使用量を概ね計算して、半年ぶんくらいずつまとめ買いしています。


昔からよく分からない流行言葉(はやりことば)がありました。

「自分探し」

最初にこの言葉を聞いたときに思ったのは、
え? 自分は自分でしょう?
記憶喪失かなんかじゃろか?

という、はなはだピントのずれた感想でしたw

この言葉が流行り出してから、ずいぶんと時間がたったので、最近はあまり言わなくなりましたよね。

子供の頃、親と喧嘩したり、思い通りにならないと、「きっと自分はこの家の子じゃないんだ。ほかに本当の親がいるに違いない」というような妄想をしたりするものですが、それの「自分」バージョンなのかしら?
自分が思う自分、そうだったらいいなと思う自分。
つまり、自分が納得できる「自分」を求めて、探しているのかしら?

当りクジがでるまで、引き続けるくじ引き状態?

最近では、「自分磨き」という言葉が流行っているけど、これもよく分からない。
いろいろな解説を読んでみると、手法はともかく

自分自身で描く理想の自分に近づくために努力すること

これに尽きるのかしら?
つまりは、言い切っちゃうと、自分の持っていないものを身に付けること?

だけど、ふと思うのですよ。

探さなくても、自分はここに居る
ただ、見るかどうかだけ。

なんのために自分磨きをするの?

外見を良くすることは大事。
でも、内面を成長させることは、難しい。
特に大人になってから、内面を成長させようとすると、悩んで苦しんで痛い思いをした結果だったりする。
それでも、そんな苦しい体験をしても、ひび割れて、壊れることもある。

理想の自分になりたいという気持ちは、誰にでもある。

理想の自分
理想の暮らし
理想の家
理想の人生

それを求める理由は、幸せになりたいから?
理想の自分で、理想の暮らしで、理想の人生なら、本当に幸せになれるのかしら?

「自分探し」「自分磨き」どちらも、人の価値観それぞれなのだろうけど、ちょっと不思議な流行り言葉。



【軽くて強い 積み重ねOK】 フォルテモア ココット9 (5個セット)

これを選んだ理由の最重要ポイントが2つ
一つは、重なること。
これが意外と大事なんですよ。
重ならなかったり、収まりが悪かったら、収納に苦労しますから!

そして、もうひとつは、サイズ。
電子レンジを使う方法でプリンを作っているので、手持ちの耐熱タッパーにすっぽり入ってくれたら、ラップもなにもいらないじゃないですか。

12-6-11 ぷりん-01

おおぅ、ばっちり計算どおり!


12-6-11 ぷりん-02

さっそくプリンを作ってみました。
フタに空気抜きの穴があるので、いわゆる「ゆるくラップをする」状態と同じ。


12-6-11 ぷりん-03

中身はこんな感じです。
このまま、しばらく放置して、余熱で最後の仕上げをしてから、冷蔵庫にいれます。
今夜のおやつが、作り始めからトータルで15分ちょいです。

生活に絶対必要なものじゃないけど、買って良かった♪





12-06-04 花畑

今年の無法地帯……もとい、お花畑です。

オリエンタルポピー
ひなげし
ジャーマンアイリス
ルピナス
西洋おだまき
ビオラ
アイスランドポピー

手前の黄色とオレンジが、アイスランドポピーですが、良い感じにこの無法地帯で存在感をアピールしてるw
しかも、以外と雨に強いので、来年は、もうすこし増やそうかな。


奥の収納庫の棚を発注したついでに、以前から欲しかったものを買いました。

OXO ドレッシングシェイカー

【軽くて強い 積み重ねOK】 フォルテモア ココット9 (5個セット)

ドレッシングシェイカーは、いろいろあるけど、これは真ん中がパカッと開けられるので、材料を入れるのと、洗うのが楽なんです。

我が家では、ドレッシングは、

リケンのノンオイル  くせになるうま塩

フンドーキン  深煎り焙煎ごまドレッシング

この2つが、どうやら定番として決定のようです。
それ以外の時々食べたいフレンチドレッシングあたりだと、買っても消費しきるまでが時間がかかるし、冷蔵庫の中で場所ふさぎで困っていました。
それなら、自家製で食べたいときに使う量だけ作ればいいやと思って、このシェイカーを買うことにしました。
乱暴なことを言うと、基本は、油と酢と少量の塩で、あとはなにかのスパイスのような風味ですから、季節のいろいろなもので自分なりに楽しめるかなと思います。
これで、使いかけの中途半端なドレッシングの瓶に、困らされることが無くなるかな?w

カップのほうは、夏のおやつに買ってばかりというのも、懐だけ寒々となるのでどうかと思うので、プリンくらいなら自作しようかなと思っています。
フローズンヨーグルトとか、シャーベットとかにも使えるし、茶碗蒸しなんかにも。

レビューにもありますが、中がつるつるなので、くっつきにくいのが良いです。

電子レンジで作る、簡単プリンのレシピ

これなら、下手な私でも出来ましたw

結局、いろいろと節約しようと思ったら、「つくる」スキルも必要になってくるんですよねえ。
ほどほどに楽しもうかなと思いますw




12-06-04 トマト

今年のトマト畑

もう小さなトマトがついています。
は~~やく大きく、美味しくな~~れ♪



発言小町より 汚宅を片付け中です(愚痴)

投稿主さま、なかなか面白い方のようです。
小町のあれこれは、釣り率が高いという噂ですが、これはなんとなく実話っぽいかな?
ていうのは、発掘されるもののパターンに、祖母や叔母の片付けをした時の体験と通じるものがあるのでw

投稿主の旦那さまのつぶやき
「俺たち、汚宅戦隊ステルンジャー」
くすっと笑ってしまいましたw

12-06-04 ツルバラ

数年前に購入したツルバラ。
買った本人の母上も、品種名を忘れたという可哀想なバラなんですが、今年はことのほか元気に花が咲きまくりです。

ちなみにこれ、ゴミ捨て場の目隠し用ですw

久し振りの雨に、母上は大喜びです。
ずーーーっと満足に雨が降らずにいたので、農作物にも影響が出ていて困っていましたので、恵の雨でした。

午後からは、ゆっくりと収納庫の中身を出しながら中身を確認して、取捨選択をしながら、棚をつくる場所を空ける作業をしていました。
時間がたったのと、いままでのいろいろな体験が活きてきたのか、母親の反応が明確になってきました。

以前は、
「まあ、まだ使えるから……。」
今回は同じものに
「いらない。使わないし。」
と明確に返事が返ってくるようになりました。

どんどん処分しようと思うものをはじき出しながら、中身を移動して、具体的な収納の最終確認をしていました。

作業時間は1時間程度。

ものすごくタイムスケジュールが差し迫っているわけじゃない案件なので、疲れすぎない程度に、集中力がとぎれたらそこまでで、本日はおしまいw

ダイエットも、しばらく停滞期で動きがなかったのですが、昨日あたりからまた少しずつ動きだしたので嬉しいです。
ちなみに食事は特別なメニューとかはやっていません。
普通にご飯を食べるだけ。
でも、よく噛んでいるだけで、少しずつ食べる量が減って、腹八分目が実行できているのが勝因かな。

高校卒業した18歳の時、身長167cmで体重ははっきりとは覚えていないけど、Wが58cmでしたw
今ではそんなことを言っても、誰一人信じてはくれない体形……orz



12-06-07 餃子-材料

材料
・とりむね肉を塩麹に3日ほど漬け込んだもの×2枚
・キャベツ(半玉)
・スーパーらっきょう(今回はこれですが、普通にネギやニラでも)
・しっかりと水切りした木綿豆腐
・おつゆ麩(70g)
・市販の餃子の皮(餅米の粉入りが好き)


12-06-07 餃子

おつゆ麩をフードプロセッサーで粉砕します。
とりむね肉、キャベツその他の野菜も同様に、フードプロセッサーにかけてみじん切りに。
豆腐も加えて、全部の材料を混ぜてこねてしまいます。

全部の材料を入れると、大きなボウルに山盛りになるのですが、捏ねていくうちにかさが減っていきます。
おつゆ麩をもっさりと使っているので、野菜と豆腐の水分も全部吸収してくれるので、水っぽくなりません。
この段階で、好みで下味を加えます。
今回は、塩麹漬けのむね肉だったので、ほかの調味料は何も加えていません。

あとは、ひたすら皮に包むだけ。
うちは、冷凍保存することを前提にしていますので、クッキングシートに1人前(10個くらい)並べていきます。

キッチン用のポリ袋に、1人前ずつクッキングシートに並べたまま入れて、潰さない程度に空気を抜きながら、くるくるっと袋を巻いて、マスキングテープで止めておきます。
(こういう実用使いだと、お洒落マスキングテープでは勿体ないので、ホームセンターで買う塗装用のを使います)

12-06-07 餃子-02

餃子120個ができあがりです。

ちなみに、餃子の種のバリエーションで、野菜をタマネギに変えて、チキンハンバーグ風にしても美味しいです。
焼いてよし、煮てよし、鍋によし と、一度まとめて作っておくと便利です。


2012.06.06 【日常】猫
子猫を保護した一ヶ月間の記録

内容もさることながら、動画の編集技術もため息です。


12-06-04 アイスランドポピー-02

12-06-04 アイスランドポピー-01

今年のニューフェイスの アイスランドポピー
普通のひなげしと違って、草丈はそれほど高くならずに、花枝だけが伸びます。
色は、黄色とオレンジ、白。
派手さはないけど、ふんわりとした雰囲気の花です。

今日は、あちこち小さく片付けたり、掃除したり。
あとは、月いちでまとめて作る、とり肉を使った餃子をつくっていました。
とりミンチ1パックで、だいたい市販の餃子の皮を使って60個くらい。
それを2パック分なので、120~130個くらい作って、1人前ずつ冷凍しておきます。

急にお客さんが来ても、これがあると結構便利だし、いろいろと使えるので便利。


12-06-04 喪服ラベル

ずーーーっと、黒い服が必要な時に、必要なものがすっと取り出せずにいた。
日常的に着るものじゃないから、衣類カバーで保護してある。
黒いので、いちいち引っ張り出して、カバーをめくってみないとわからない。

家族全員の喪服が入っている、大型の衣装ダンスにぎちぎちです。
だけど、用が足りていない、不足感に悩まされていました。

いつもギリギリの、なんとか間に合わせている感の、あやうい綱渡りをしているような、不安定な不足感。
正直なところ、日常的に使うものじゃない。
不定期かついつ必要になるのか予測ができない。
祝い事と違って、こっちは突然で備えが無いという言い訳も通らないこともある。

微妙な不安感と足りない感を抱えて、この先同じ思いを繰り返すのも、いい加減どうにかしたい。

結局、現状と全容が把握できていないからなのは明らかです。
仏間の控え間に置いてある洋服ダンス(紫檀なので重すぎて設置した場所から二度と動かせないシロモノ)から、全部取り出してみました。
そして、全部分類w

着る人、着るシーズン、サイズ、内容をメモして、サイズアウトしているものは、当人にどうするか聞いて処理していきます。
もういない家族のものとか、サイズアウトしすぎたものとか、痛みが激しいものとかは、すべて取り除いてしまいました。

その後、用意しておいた新しいカバーを付け替えます。
前面は透明で、印刷された模様に防虫成分が入っていて、後ろ側は不織布で通気性の良いものです。
一つ一つに、宛名ラベルで作ったラベルを貼り付けて、季節毎に仕訳して洋服ダンスに戻していきます。
着る人ごとに、この前買ったマスキングテープを使って、ハンガーの首のところに巻き付けて色分けしておいたので、探しやすいかもしれない。

チェックして、仕訳して、ラベリングしたので、一応何があるのか自分で把握できたので、ちょっとすっきり。
時々は、こういうふうに整理整頓という名の、持ち物の棚卸しをしたほうがいいんでしょうね。
そうすることで、自分の中の「記憶INDEX」が更新されて、持っている者を忘れなくなると思います。

持ち物の整理整頓は、定期的にやらないと駄目という意味は、ものを減らすとか厳選するとかばかりじゃなくて、本当は自分の中の持ち物に関する「記憶INDEX」の更新もあるのかもしれない。



亡父の遺品である工具類・道具類に困り果てていたときに、まとめて引き取って下さったという話をしましたが、実はそれがほんの一部だったという事実が判明しました……orz

運良く引き取って下さったものは、林業関係の道具類で、納屋の奥の私が知らなかった場所に、まだまだ眠っていました。
母親が納屋の屋根が雨漏りする~ ……とぶつぶつ言い出して、話をしている過程で発覚したのですが、いわゆる電動工具(丸鋸、電気かんな、電動ドリルなどなど)やら、大工関連の道具がごっそりと出てきました。

正直なところ頭が痛い……orz

カンナが各種いろいろで15丁
ハンマー、金槌などなどが、20本
ドライバー、釘各種(未使用品だけど完全にさびています)
墨壺(ひからびたものと未使用品)4個
バール、やすり、のこぎり、巻き尺……

ざっと見ただけで、使い道の分かるものだけでこれくらいですが、どうやって使うのか、何に使うのかも分からないようなものもあります。
母親曰く
「おとうさんは、道具を買うだけ買って、釘の一本も打たなかった人だ。」
つまり、見ただけで頭を抱えたくなるような量の工具類があっても、それを使って何かを作ることがなかったということです(苦笑

いまふうに言うと、「エア大工」
いや、それよりも、道具を欲しがるぶんだけタチが悪い!

結局、父親は、工具・道具類を買うことで、「気分」を買っていたというのが真相じゃないかしら。
もちろん、おもちゃを欲しがるようなところもあったのでしょうが、それを買うことで、父親は「クラフトマン」な気分に浸っていたのでしょうか。

なんとなく、買い物依存症と言われる行為の根底が見えてきた感じがします。

洋服の山を抱え込んでいる人にも、共通するのかもしれません。

・かわいい、好き かっこいいと思うと買ってしまう。
・ストレス発散で買い物をしてしまう。
・セールで安くなっていると、ついつい買ってしまう。
・欲しくなくても、「おまけ」に弱い。

このへん、結構、身に覚えがあります。
フィーリングで物事を決める人に多いのかも……。

結局、父親の遺品を見ていて思うのですが、「もの」を買うのではなく、「お得感」とか、それを持っている自分の「かっこいい」「出来る奴」的な「気分」を買っているのだと。

「気分」を買っているから、実のところ、買ったものそのもは、あんまり活用できなかったり、下手をするとまるっきり使い道がなかったりするのだけど、捨てる罪悪感もあるし、なによりも自分のそういう間違いを認めたくないので、ものが溜まっていくという感じでしょうか。

実際に、自分自身でも、よく考えて買ったものと、フィーリングみたいな考えずに飛びついたものとでは、購入してからの活用度に雲泥の差があります。

父親の遺品のさらなる発掘を続けながら、こんなことをつらつらと考えていました。

ものがものだけに重量もあるし、もう一度、処分業者をお願いした方がいいのかもしれないと、母親と相談中です。

ほんとに親の遺産には悩まされます……orz





12-06-02 ミニさくらんぼ-01

12-06-02 ミニさくらんぼ-02

指先ほどの大きさです。
普通のさくらんぼの半分ちょいくらい。
でも、お味は、しっかりとさくらんぼ。

今年は、しっかりとヒヨドリ対策をしました。
両手のひらに2杯くらいの収穫量でしたが、おいしゅうございました♪




だけど、何もネタが無い平和な日。

片付け?
ああ、やってます、やってます。
下準備だけはw

ということで、何もない日の恒例。

ねこさん 

きっと、ツチノコならぬ、ツチニャコですよ、これw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。