かぎ針編みは、なんとかなるけど、棒針編みはからっきしへたくそです。
慣れの問題かもしれないですが、やっぱり人それぞれの得手不得手というもがあるみたい。
最初に覚えたのがかぎ針だったというのも大きいのかな。

高校時代、電車通学で、30分くらい乗っていたのですが、毎朝、同じ場所に座っている30代くらいの女の人が常になにか編み物をしていたのを見ていました。
ほとんどは棒針で、マフラーとかセーターとおぼしきものだったり、とにかく常にいつ見ても何かを編んでいらした。

その人の編み方を見よう見まねで、真似して棒針編みでマフラーを編んだことがあったなあ……w

先日、クローバーのサイトで、ムービーをチェックしていたところ

あみものナビ 棒針編

棒針編みのやり方には、アメリカ式とフランス式があるというのを初めて知りました。
見ていてわかったことですが、電車通学で見ていたおねーさんは、フランス式だったということ。
それを真似していた私もフランス式w

久しぶりにやったら、もう指の使い方とか、ぜんぜん忘れまくりです。

帽子を編みたいので、ちょっと練習してみるべー と……。

P1000695.jpg

結果は、フランス式のヘレヘレなナニかが編めたようです……orz

こりゃ、かなり練習しないと、だめだわw


日本の女性が韓流男に走る理由 エロくて性欲刺激されるから

――日本のアイドルだって握手会するじゃないですか。

北原:日本のアイドルはどこかおばちゃんとか、ブスに対してバカにしてる視線を感じるんですよね。でも韓流は優しい。新大久保に行くと19歳の韓国人の男の子が50分5000円でハンドマッサージしてくれるお店があるんですが、ずっと話をしてくれるんですよ。

日本人の19歳ならたぶん5分持たないと思うんですが、来日半年で片言の日本語なのに、会話の幅がものすごく広くコミュニケーション力が凄いんです。ぐいぐい人が近づいてくる感じ。

韓国はもちろん男尊女卑の国だし中に入ると難しさはあると思うんですが、外側から見る気楽さってあるじゃないですか。どうせ威張られるんなら、こっちの男に威張られた方がいいや(笑)。ファン層は20代から70代まで、日本の女の8割の年代が韓国に向いている気がします。



8割?!
ああ、そうね、たしかに20代から70代までという年代だけなら、100歳までの寿命と考えれば、8割だよねw
日本の女の8割じゃないよねw


――そこで起きたフジテレビに起きた抗議デモ。どう思われました?

北原:なんて醜いんだろう。彼らの中には「日本の女がなんで俺たちより下の韓国人に行くんだ」というやっかみがあるんですよ。日本文化を貶めるなとか、フジテレビの偏向とか、バカ言えよ、素直に整形しろよって(笑)。筋肉鍛えろよ(笑)。

俺はモテない、俺より下の韓国人がなんでもてるんだろう。悔しくてたまらなかったんでしょうね。最近、デモの首謀者が彼女が出来たからデモ辞めますというニュースがネットに流れましたが、まさにそれを表しているじゃないですか。



えーと……。
本当に文筆業の方でしょうか?
そりゃあ、ジャーナリストじゃないのはわかるけど、仮にも文筆業を名乗っているのなら、事実をもう少し調べてからおっしゃったほうが良いのではないでしょうか。
デモの動画などを拝見すると、女性の数が相当数あったように見受けられます。
この方たちは、北原さんの論理でいえば、どうなるんでしょう?w

性とかそういうテーマで物書きをなさっているのはわかりますけど、なんでもかんでも下半身で理由付けされて、しかもそれを日本の女全員の代弁のように言われると、地味にむかつきますねえ……。

他人の意見は、人それぞれで、その人の立場なりにそういう考え方なんだなと思っていたのですが、久々に「気持ち悪い」と思ってしまいました。

ていうか、韓流が問題の本質じゃないと思うですが、著名な方々はやはり視点や考え方が違うのでしょうか。


2011.09.28 【日常】併用
2009年11月から、使い始めた「とれるNo.1」ですが、我が家流で暮らしの中に色々と使いこなせるようになったのは、昨年の夏ぐらいでした。

最初から全部入れ替えるなんてことはできるはずもなく、最初は「トイレ」や台所のコンロまわり、換気扇、排水溝とかの掃除だけでした。
少しずつ、色々とやって、試してみて、家族にもその効果を見せて、使い方や「とれる」の製品の特徴などを話して、徐々に入れ替えていきました。

台所の掃除に「とれる」を使うのは定着しました。
床や、テーブルの掃除にもw

食器洗いとお風呂掃除に関しては、一部のみというのが実情です。
一部というのは、私がやるときのみということです。
食器洗いやお風呂掃除も、たまに家族がやるのですが(頻度でいえば、2割くらい)、泡が洗浄力のバロメーターだと信じているのと、手間のかかるやり方はイヤというのもあって、以前通りの食器用洗剤の方が良いのだそうです。

エコだ、エコだとと自分のやり方を押しつけると、エゴでしかなくなるので、家族のやりやすい方法も残してあります。
ま、そうはいっても、お風呂掃除用の洗剤は、食器用洗剤を薄めたものなので、特に余分なアイテムが増えるわけじゃないし、併用でも問題なしって感じです。

どうせなら、人それぞれのやりやすい方法でやってもらうほうが良いですものね。

無理に一つの方法に納めなくてもいいし、家族それぞれがやりたい方法で良いのだと、そう思えるようになったら、気持ちがすーーっと軽くなっていきました。
捨てるのも、片付けるのも、整理整頓するのも、「快適に暮らしたい」「気持ちよい家で暮らしたい」ための手段の一つであって、それが目的じゃないんですよねw

だから、併用でも問題なし♪


2011.09.27 【趣味】再開
2011.2.2 【趣味】チャレンジ

今年の2月2日あたりで、このくらいだった変形ストールですが、

11-09-27 あみもの

ここまでやって、結局、汗の季節になったので中断していました。
ここからまた再開です。

これでだいたい、半分ちょっとくらいです。
また、のんびりと夕食後の1時間くらいを編み物に当てたいなあ。

がんばって編んでいても、そのときの状態もあって、なかなかサイドが綺麗になっていないというお約束w
ていうか、糸の引き具合にむらがありすぎて、ビヨンビヨンになっていったり……w

まあ、いいのよ、自分が楽しければ(負け惜しみw)

編みたい帽子のレシピが見つかったので、ピエロさんに注文済み。
そろそろ届くかな。

毛糸のピエロ♪ 帽子

テール・モールが欲しかったけど、無かったので、ベーシック極太でオフホワイトで編んでみようと思います。
この網図なら、いくらでも調整ができそうです。


main_300_46.jpg 
日本盛 米ぬか美人しっとりファンデーション 30g


これ、使ってみました。

米ぬかエキスをはじめとする3種類の米由来成分とヒアルロン酸が、乾燥を防ぎ、肌にうるおいを与えてしっとり整えます。みずみずしい感触でのびがよく、肌のキメや色あいを自然にカバーしながら、乳液・化粧下地・ファンデーション・紫外線カットの4役をこなします。もちろん、紫外線吸収剤は不使用。肌に負担をかけず、毎日あびる生活紫外線からお肌を守ります。
<SPF20 PA++>



使った感じですが、とにかく肌が軽いです。

もともと、今まで使っていたものが、肌が重く感じる、いかにも付けてます!な感覚でした。
正直なところ、かなりのめんどくさがりでもあり、この「化粧してます!!」と感じる肌の感触がイヤでたまらなくなったというのが理由なんですが、今の自分の感性や状態にあわなくなっているんだなあと実感しました。

いくつか試してはみたのですが、お値段が馬鹿高いか、肌に合わないかのどっちかでしたw

「とれる」と「トリニタ」が、かなり相性がよかったので、米ぬか系な化粧品というのに興味がわいてきました。
美肌作りで、入浴剤として日本酒を使っている人もいるという話もありますし、これはいいかもしれないなあと。

「とれる」で洗顔、トリニタ、日本盛のファンデーションという流れなのですが、油っぽくないけど、のびは良いです。
しかも、つけた後の肌を撫でてみても、さらっとしていて、べたつきません。
口コミにもありましたが、いわゆるカバー力はあまりありませんw
でも、肌全体が明るくなります。
すごく自然な補正って感じで、傍目からみて「化粧してます!」な感じはなく、化粧品にありがちの香料のきつさもないので、黙っていれば、本当に素顔だと思ってくれそうw

1日、それだけで過ごしていても、気にならないし、汗ばんでもほとんど崩れません。
ていうか、崩れたら、また顔洗って、クリームつけたらいいし。
小さな子供がいたり、ペットが顔をなめても平気かも。
もっとしっかりメイクが必要なら、パウダーで上から仕上げればいいかな。
今度は、同じ日本盛のパウダーなファンデーションも、試してみたいです。

個人的には、アタリだったなあと思っています。
たぶん、リピートするかと。

古くからの化粧品の老舗なメーカーのものより、後発の異業種が開発した化粧品のほうが良いと思っちゃなんて、なんとなく皮肉w




早寝早起きのリハビリ中なのですが、だいたい元通りになってきた感じです。
遅くても11時までには就寝できるように、いろいろと調整中です。

起床は、基本5時までにです。
早く目が覚めたら、4時半とかというのはありますw
午前中に物事が回ると、なんだかすごく1日を余裕をもって過ごせるような気がします。

今日は、朝から掃除・洗濯のほかに、少し早いけど衣替えをしました。
ちょっと前からチェックしていたので、もう着ないモノをゴミ袋に入れていきます。
あとは、衣装ケースと棚と、中身を入れ替えるだけなので簡単。

しなくてはいけないことは、ほぼ午前中で終わりました。

趣味モノで最近、気になっているものがあります。

花あみルーム

余り糸やくず糸で作れそう。

ついでにクローバーさんのHPを見ていたら、タティングレースの編み方とかもムービーがありました。
すごいけど、めんどくさそう……。
手芸って、いろいろなものがあるもんなんですねえ。

ど田舎で標高も高いので、このところ朝晩が寒く感じるようになってきました。
寝具を夏から秋冬へとチェンジです。

最近、本屋さんで思うこと。
いわゆる奥様むけ雑誌は、どれも片付けやら、収納やらの文字がどこかに入っているのが当たり前のようになってきた感じ。
それだけ、みなさんも快適に暮らすのに、自分のもちもの、住まいの中の収納を真剣に考えているんでしょうね。

単なる流行でも、なんでもよいのですが、気になるのが、そうした雑誌にかなりの頻度でついている「おまけ」なものたち。
内容はいろいろみたいですが、正直なところ、ソレってどうなんだろうと思います。
片付け・収納・整理整頓のページには、必ずといっていいほど、

よけいなものは持たない
使わないものは捨てる

というような教えが羅列されているのに、気に入るかどうかもわからない、使えるかどうかも謎な おまけ のアイテムが付けられているわけです。

以前、どうしても読みたい記事があって、おまけつきの雑誌を購入したことがありました。
キッチン用のシリコンヘラと、ブラシ(あく取り用?)がセットでついているものでしたが、派手な色の必要ないアイテムなので、申し訳ないですが、次のゴミの日に出させてもらいました。

片付けや整理整頓、収納などの特集をしているのに、不要なおまけ付きというのは、いかがなものかと思いました。
まあ、私が気に入らないというだけで、ほかの方はそれを喜んでいらっしゃるのかもしれません。

自分だけで言うなら、納得して手に入れたものですら、たまには予測を外れて失敗したりすることがあります。
新品だし、なかなか捨てられずに困ることも多いのです。
そういうストレスがいやなので、欲しくないおまけ付きのものは、なるべく避けるようにしています。

かなり前になるのですが、コーヒーかなにかのキャンペーンだかで、レジに行ったら「おまけ」のグラスを渡されたことがありました。
1個だけですし、使わないのがわかっているし、必要ないと思ったので、「いりません」とお断りしたら、レジの方に、かわいそうな人を見るような目で見られたことがw
思い過ごしかもしれませんが、変な顔をされたのは本当w

片付けとかそういう記事を載せているのに、せっせと「おまけ」を付けてくれる雑誌って、なんか矛盾してるように思えたりします。


今日は、早朝からお寺へのお彼岸のご挨拶をすませ、その足で墓地へ。
昨日発見された倒木の除去作業です。

我が家の墓地の少し上を、木材の搬出用の林道をつくるときに、松の木(我が家のもの)の根を大きく傷つけられて、立ち枯れてしまったものが、先日の台風の強風で倒れてしまったようです。
生木だったら、とても私たちの手に負えるものじゃないですが、幸いに芯まで枯れきっていたのでなんとかなりそうということで、久しぶりにチェンソーを引っ張り出しましたw

生木ではないとはいえ、とてもそのままでは人力でどうにかなるものではないので、チェンソーで適当な輪切りにしては、ころころと転がしていき、じゃまにならない藪のなかに捨てます。

午前中までに作業を終えて、午後からは仕事。

その前に、夕食は豚汁と決めてあるので、干し椎茸を戻しておくことに。
干し椎茸が、なかなか綺麗にもどらないと、ぶつぶつと愚痴っていたら、母親が
「戻すときに、砂糖をひとつまみ、パラパラッといれてやると良いよ。」
と。
へー と思いながら、言われたようにやってみると、確かにほんのわずか入れただけなのに、芯まできちんともどっていました。

夕食後、母親が買ってきたプルーン(生)を、いそいそと出してきました。
それを食べながら、聞いたのが、母親の子供の頃の話でした。
戦前生まれの母親が言うには、戦争が終わった直後頃に、進駐軍からの食料配給で、プルーンの缶詰があったのだそうです。
なんだか洗面器ぐらいもありそうな大きな缶詰だったそうです。
ど田舎ですし、だれも中身がなにか知っている人もいなかったけど、細長い平たい種があって、ものすごく美味しかった記憶があるそうです。
後から考えると、あれはプルーンの缶詰だったんだろうなあと。

今から思っても、あの当時、ど田舎の末端の貧乏人にまで、きちんと物資を分けてくれたアメリカというのは、凄いもんだよなあ としみじみと言っていました。
そりゃあ、負けるわけだよ とw

日本が平和になって豊かになっていったのはいいけど、反米やら、学生運動とかやっとるのを見とって、昔のことを知らんじゃろうが、ようもあんな真似ができるもんじゃと呆れたもんだった。
左翼やらいうもんは、ほんきに貧乏人はならんしのぅ。
いろいろ言うけど、日本はアメリカには恩があるんと違うじゃろうか。

戦前生まれの母親が、プルーンを食べながら、ぽつりぽつりと語った言葉が、なんだか妙に印象的でした。




九月ももう終盤。

お彼岸の墓参りのために、墓地に行ってみたところ、先日の台風の仕業で大きな松の木が、墓に向かって倒れていました。
幸い、墓石への被害はないのですが、これをどうやって除去するか、今夜、家族会議になります……orz


6月頃から、仕事の影響と、気候のせいもあって、10時前後までに就寝という生活スタイルがとれず、仕方なく以前の生活スタイルだったのですが、ようやく最近涼しくなってきました。
クーラーがないので、真っ昼間の暑さに仕事の能率が上がらない&暑くて早寝できない&「お願い、明日の朝一番で!」という仕事が多かったので、やむを得ずに以前の生活スタイルにしていました。

このところ、だいぶん涼しくなったように感じますので、また早寝早起きスタイルに戻そうと思います。
急には戻せないので、現在、リハビリ中w

もうすぐ衣替えになるのですが、去年の暮れ・春先と思いっきり衣類を整理整頓して、減量して、運用してみた結果、ほどよく回る感じです。
来シーズンも着る物、今シーズン限りでさよならして、新しいものに入れ替えるもの。
一目ですぐに決められます。

洗濯してささっと戻す。
戻すのだって、自分のだけなら5分もかからないです。
たまに戻せなくても、かごからちょいちょいと拾って着たりするのもアリw

自分の持っている洋服が、すぐにぱっと明確に思い浮かべられる量というのが、実は適量なのかもしれないです。
適量だから、管理がたやすい、簡単というのは、こういうことを言うのかと、この夏はしみじみと実感しました。

さらに、自分の「買う基準」を明確にしたことの効果も大きかったように思います。
 ・自分に似合う色>>好きな色
 ・自宅で着る服であっても、そのまますぐにちょっとそこまで出かけられるもので、着ていて楽なもの。
 ・いまある服をベースにして、組み合わせられるかどうか、よく検討すること。

3番目については、センスのあるおしゃれな方なら、当たり前の条件ですよねw
でも、センスが限りなくゼロに近いのと、年齢を重ねるにつれて、似合うものと好むものと流行とのズレが大きくなってきたように感じるので、なんだかうまくいっていなかったんですよねえ……。
いや、いまでも本当にちゃんと成功してるのかは、かなり疑問ですが、多少はマシになってると思いたいですw

それやこれやで、思いつきや、単純な好き嫌いだけでは、簡単に衝動買いしなくなったというのは、かなり大きいです。
少しでも迷う、ためらうようなら、「あ、たぶん縁がないのかも~」と思って、そのままコールド期間をおきます。
しばらくたっても、まだ欲しいという気持ちがあるのなら、また改めて考え直そうとw

断捨離でいうところの「断」が、すこしずつでも上手く働いている感じでしょうか。

化粧品も、「とれる」と「トリニタ モイストゲル」のおかげで、大幅なリストラをしました。
そのついでといってはなんですが、つけると肌が重い・暑く感じていたファンデーションなどのメイクものも、この機会に再検討しようとチェック中です。

日本盛 米ぬか美人しっとりファンデーション 30g

これを検討中です。
普段はこれで、きちんとメイクが必要なときには下地に使おうかなと。
口コミを見ても、それなりに評価は良さそうです。

いつまでも以前のままのモノと価値観では、「今の自分」の本当の状態にはあわなくなっているものがたくさんありそうです。
「離」も考えてみなくちゃ。


minecraftな話。

人によっていろいろな方法があるのですが、私は以前は露天掘りでした。
地表からある程度の面積を、下にむかって掘り下げていくやり方。
周辺の囲みさえ、しっかりとやれば比較的安全です。(要 砂とサボテン)

地下でも、なにか出てきそうな横穴ルートには、とりあえず砂設置して、サボテンを置いておけばなんとかなります。

今回からバージョンアップで、空洞が広がり過ぎたので、露天掘りはなかなか難しいので、直下掘りです。
用意する物は、たいまつとハシゴ、ツルハシ、あればバケツに水、あとは焼き肉を4枚ほどw
適当なところで、1ブロックだけひたすら真下へ掘り下げます。
ハシゴを設置するのを忘れずに。
ところどころ、サイドのブロックを欠いて、たいまつを設置。

そうして、最下層のベースブロックまで到達したら、周辺を適当に掘り広げます。
あとは、好きなようにボコボコと鉱石探しです。

さすがに、ベースブロックになると、注意していないと、溶岩がでてきます。
溶岩が流れ出てきたら、すかさずバケツの水をぶっかけて止めます。
水はぶっかけたのを回収すれば、何回でも使えます。


11-09-21 minecraft-01

11-09-21 minecraft-02

そうして、死なないように適度に広げて、掘って、飽きたら、次は上に向かって階段を刻みながら、階層を作っていきます。
だいたい、高さ4+天井1で1階層って感じです。

ベースブロックから上へ15くらいまでは、いたるところに溶岩があるので、気分はマインスイーパーですかw

今日は、この溶岩湖が5個くらいある大きな空洞を掘り当てたのですが、クリーパーがいっぱいいて、次々に溶岩湖で爆発するので、大惨事でした。

ちまちまと隙間時間でできるのが、うれしいゲームです。
ちなみに、目的もクエストもないので、遊び方はプレイヤー次第です。



痛いニュース 名古屋市 109万人に避難勧告

午後から、いくつかツイッターなどで地下街が水浸しになっている画像が流れているのを見ました。

昨年から、なんというか100年に一度クラスの災害続きのような……。

オカルトな話は、信じてはいないけど、聞いたり読んだりするのは好きなほう。
(実体験も多少はあったりするし……)
こうも立て続けに、大災害ばかりだとねえ、ついつい、これを思い出すのですが。

菅直人公式サイト 天災

この方、本人もおっしゃっているしw

それにしても、堤防決壊の画像で、どんどん見物人が増えているのを見て、危ないし、見物してる場合じゃないんでは? と思ってしまいました。

あまりひどいことにならないように、祈っています。


あっという間に、9月も三分の二終わりました。
はやっ!!!

あいかわらず、平々凡々な日々です。
ありがたいことです。
3連休の間にやったことといえば、エコたわしを編んでいたことくらい?
あとは、単なる日常です。

ネタも思いつかず、minecraftは、頭上の岩をちょいとかっぱいだら、溶岩湖の底だったでござるの巻。
猫が退屈のあまり、PCの裏側に潜りたがるのを、必死で阻止しているところ。

立体的な路上絵は製作過程を見ると凄さがわかる

見れば見るほどすごい…立体的に見える路上アートいろいろ

たのしそう。

先日の14、15日にBeta 1.8にバージョンアップしたminecraft。

これはランチャーそのものを、新しくDLしないといけなかったんですよね。
そのことに気づくのが遅くなって、あれ~、なんでサーバーにつながらないんだろうと悩んでいましたw

今回のバージョンアップから、空腹ゲージが導入されて、完全に空腹になると、徐々にHPが減っていきます。
まさにサバイバルという感じで、いままでと違って食料アイテムを確保し続けることが大事になってくるという、なかなか厳しいものになっていましたw

ほかにもいろいろと新しいものが追加になっていたりで、こういう大きなバージョンアップでworldが変化しているときには、新しく作り直すのが恒例(私の場合のみ)

ということで、New worldをCreate。

今回は、山間の湖のそばでした。
さっそく、セオリーどおり拠点と安全地帯である家づくりから。

生活が厳しいので、いままでのように豪邸をつくるより、シンプルにこじんまりとw
また、地理的条件で、今回は砂の入手が難しいので、ガラスは控えめにするためにも、必要最低限の大きさの家に。
ついでに、どうせだから、本当に家っぽく作ってみたい。

11-09-18 minecraft-01

玄関入って左手、湖を利用して麦栽培もw


11-09-18 minecraft-02

右手側。
ワーキングベンチ、かまど、チェストと設置して、キッチンっぽく?
1LDKな感じでしょうかw


11-09-18 minecraft-03

ベッドルームと2Fへ続く階段。

新バージョンになってから、ちょっとした不具合(?)は、せっかくの絵画が真っ黒になって表示されないものがいくつかあるということ。
あと、家の真下に広大な洞窟(もと鉱山跡みたいな)があるのですが、微妙に不思議なダンジョンっぽい……。
行きと帰りでは、微妙に変化していたり、方向音痴じゃないんだけど、戻り道がなくなって家に戻れなくなったり……。
あれ???? なことが。

Enderman は、家のそぼをうろうろしているので、目撃済み。
新しい蜘蛛とSilver fish は未確認。
ちなみに、ゾンビは腐肉しか落とさなくなったので、つまんないです。

洞窟の奥で家に戻れなくなって、仕方なしに地上へ無理矢理掘り上がったら、海の底をぶち抜いてしまい、水流で振り出しに戻るになったのは、よくあることさ~~ はっはははは orz

もっと家具とかつくれるようになるといいなあ。

追記:Silverfish ってなに? と思って調べたら「紙魚」だった!!
いや~~~~~!!!




11-06-08 猫-03

外にいるときは、キリッと獣顔。
中では、安心しきった甘え顔。


2011.08.28 【雑記】TVは言わない

というエントリーを書きましたが、本日、9月17日に、再びフジTV抗議デモが行われました。
前日の16日には、東京・花王本社前で大規模抗議デモがありました。

【速報】東京・花王本社前で大規模デモ、同行取材してみえたもの

フジテレビによる最悪の嫌日偏向事例と抗議デモ基礎知識 入門編

一連の動きを扱ったジャーナリストの大方は、韓流コンテンツのなにが悪いのか、文化的コンテンツに負けたから、人種差別的行動だというとらえ方をされてい様子。

もともと、穏健で日和見な日本人が、政治的思想ではない一般人が、こうしたデモを行うというのは、きわめて珍しいというか、異例のことではないでしょうか。


ちなみに、私個人としては、韓流コンテンツはどうでもよろしいです。
どうせ、見ませんからw
それこそ、いやなら見なければいいのですから。

ただ、報道姿勢の不公平さが感じられること、ねつ造とまでは言いませんが、とても不信感を抱いているというだけですw

今後の動きが、なかなか興味深いです。


片付けを始めてから、最初に手をつけた台所グッズで、長年ため込んであった、いただきものの「台所スポンジ」の最後の1個を、本日出しました。

30個近くあったのですが、使い切るまでにとうとう4年かかりましたw

古いものは、スポンジ部分が未開封なのに、ヘタレかけて堅くなりかけていたりもしました。
前部、我が家で買ったものではなく、銀行やら、JAやら、郵便局やらからいただいたものばかりでした。
あちこちにあったものを、ひとまとめにして見せたときの、母親の驚き顔が思い出されますw

ということで、本日、初めて新しいスポンジを買いました。

そして、ついでに手芸用品をおいてある店で、アクリルたわし用の毛糸を2玉。
色は、ひまわりイエローと、ライムグリーンの2色。

夏も終わりなので、またそろそろ編み物を始めたいですね。


2011.09.15 【雑記】増税
11-09-15 猫-01

叔父から還暦のお祝いのお返しに、「水屋着」2着セットをいただきました。
箱を開けてみると、きれいにたたまれた水屋着の上に、それぞれに
「お母様」
「お嬢様」
と書かれた短冊が……w

お嬢様……わぁ~~~、そんな呼称を目にしたのは、何十年ぶり?(ぇ
母親と二人、キャッキャ、ウフフフとなってしまいましたw
ありがとう、おじさん(奥さんが選んでくれたんでしょうけど)


さて、そろそろ、増税への本格的なステップが始まろうとしています。

「タバコ1箱、700円」……軽すぎる&耐えられない閣僚の言葉

このへんは、なにせ民主党だしなあ という一言で、納得しそうになったりw
正直なところ、政治家というのは言葉を使った駆け引きのプロであるはずなのに、この2年間、口害・口は災いの元という実例ばかり見せられた気がします。

増税関連で、チェックしていたら、見つけたのがこちらで

ちきりんの“社会派”で行こう!:「消費税は低所得者に厳しい」ってウソだと思う (1/3)

タイトルだけでも、「え?!」となって、読まざるを得ませんw

これを拝見して、基本的に疑問に思ったのが二つ。
食品とかを非課税という、現状、案にすら出ていないものを前提での論であること。

消費が激しい金持ちのほうが、消費税を払う額が多いというのはわかります。
問題は、それを「持っている金額(収入・資産)」に対して、どれくらいの割合なのかではないでしょうか。
1万円しか収入がない人の1000円と、30万円の収入の人の1000円では、痛さが違うんじゃないかしら。

それと、もう一つ疑問に思ったのは、食品、薬などの税率を下げるというけど、いまの製品というのは、それ単体だけで成り立つものじゃないのですよね。

仮に、ゴボウサラダという冷凍食品で、最終の消費者からすれば食品なんだから、非課税、あるいは低い税率で買えるとします。
製品には、パッケージ、燃料コスト、輸送コストがかかります。
原材料の野菜も、生産する農家は、それを商品になるように育てるための農業資材、燃料に費用がかかります。
当然のことに、それらには食品を作るためであっても、食品そのものではないので、消費税がかかってくるのではないでしょうか。

低い税率、あるいは非課税であっても、製造側、販売側ともに損をする気はないと思いますので、しっかりと元値段へ反映されていくように思いますが、どうなんでしょう。

経済とか金融とか、ぜんぜんわからないけど、いま現実に話し合いの案にも上らない仮定の設定で、低所得者に厳しいというのはウソ と言い切るのは、どうなんでしょうねえ。

福祉制度や医療制度も違う海外と、単純に数字だけを比べるのもねえ……。





今年の夏は、例年よりも汗かきまくりでしたが、虫さされ以外まったく肌トラブルがありませんでした。

いつもの夏だと、保湿不足の肌荒れ、汗疹、大人にきびに肌にきびに悩まされていたのですが、今年はまったくといっていいほど、そういうトラブルがありませんでした。
「とれる」での洗顔と、入浴剤がわりの使用が、ものすごく効果があったようです。

夏で効果があったので、このまま冬までやっていこうと思います。

ちなみに、お風呂掃除がすごく楽になりました。

ありがとう! 「とれる」!


食欲の秋でございます。
ついでに、物欲の秋にもなりそうな気がします。

今年の夏限りで、処分する衣服、新しく入れ替えないといけない秋・冬もの衣類。
通販カタログと首っ引き状態ですw
昔と違って、一応のチェックはするけど、二重三重に検討し直して、色違いにも惑わされないように、何度も何度も見直しております。

石橋をたたき回し中?!


3年前に、食器棚の中身をリストラしたのですが、やっぱり使わないものも多数。
使っているけど、半分惰性、好きで使っているとはカケラも思えないものも多数。

なので、新しい食器がほしいなあと思っています。
勝手の大人数から減ってきているので、そろそろ大皿料理も少しずつ卒業していきたいので、そのへんも計算して新しい食器が欲しいな。

楽天 【 -sumi- 30cmプレート 】 (白い器/お皿)

さんまが1匹、まるまる乗っかるお皿が欲しい。
とはいえ、あんまり真っ白だと、実は我が家のほかの和食器と相性が良くない。
食器だけに、本当は手にとって、重さや持ち加減、手触りなどをチェックしてから買いたいけど、こちらではなかなかそういうお店が無いのが悩みの種。

うーん、まあ、のんびりと探そうかなあ。



野田内閣 支持率は60%

野田内閣を「支持する」と答えた人は60%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は18%

野田内閣を支持する理由では、「ほかの内閣より良さそうだから」が36%、「人柄が信頼できるから」が33%

で、TV画面に映っていたグラフでは、「政策に期待がもてそう」が19だか18%だかでした。

それに対して、支持しない理由が、「政策に期待が持てないから」が36%。

結局、どこまでいっても、「見かけがよさそう」という要素しかないわけですね……w
人柄のよい政治家……。

織田信長や豊臣秀吉、徳川家康とか、「人柄がよい」という評価のある人っていたっけ?

イメージでしか政治家を見ないのも、そろそろ考えたほうがよいと思うのですが。
ネットでも図書館でも自由に使える社会なのに。
この2年で、政治家の不勉強の酷さも身にしみたけど、本当は有権者ももっといろいろと勉強しないといけなんじゃないかなあと思った名月の夜。





脳タイプ診断とか流行っています。

男脳とか女脳とか、結構すすめられておつきあい上やらされることが多いのですがw

あなたは男脳?女脳?

最近、おつきあいした診断はコレ。
結果は、男脳最大値20、女脳最大値が-20で、私は男脳5という結果でした。
まあ、そらそうでしょうなあ……w と思うわけです。

だってねえ、長い年月仕事をしてきたら、男脳よりになるのは当たり前ですものw
男性ルールとか女性ルールとかじゃなくて、誰にでも納得してもらえるアプローチのやり方をとってきたら、そうなるのは当たり前のことですから。

自分の体験から男脳、女脳という区分は、意味があるのかなあとも疑問だったりします。
単にそういう訓練の問題じゃないかと。
女性は空間認識能力が劣るとか、地図が読めないとか、いろいろ言われますが、子供の頃から遊びひとつとっても、ジェンダーを意識した違いを刷り込まれてきた結果なだけじゃないかなと思います。

まあ、こういうことを言うから、
「あんた、やっぱり男脳よね~~w」
となるんでしょうけどね……orz


脳タイプで、もうひとつあるのが、「右脳・左脳」診断というやつ。

右脳・左脳のおもしろ診断

これによると、私は「右左脳タイプ」

情報のインプット(理解)は「右脳」で行っていることが多く、アウトプット(表現)は「左脳」で行っていることが多いのだそうです。

右左脳タイプ
『直感でとらえて論理的に表現、得する出世タイプ』
感覚でパッととらえて論理的に的確に伝えることができるので、得するタイプ!"出世タイプ" とも言われる。だがこのタイプの人は、意外に少ないような。。。


えー、出世してないなあ……w
少ないタイプなのかあ。

右脳左脳・右手左手

この下の方にある、左脳・右脳の機能のまとめ表の部分とか、なかなかおもしろいです。

男脳・女脳にはさっぱり感心しませんでしたが、右脳・左脳タイプについては、自分の生活や仕事場での「自分」や「相手」の現状を理解する一助にはなりそうです。

ただし、あくまでも「一助」です。
というのは、こういう診断も、当たっている部分もあるけど、細部までそれに該当するかというと謎ですw
自分はこういう傾向にあるのかもしれない、あるいは、相手はこういうふうなほうが理解しやすいのかもしれない という考え方の参考にするだけで、それだけを鵜呑みにして過信しすぎてはいけないのでしょうね。

ちなみに、私、おつとめしていた時には、仕事の指示、説明は非常にわかりやすいけど、女子おしゃべりのスキルは底辺だと言われておりましたw



さて、先日からいろいろと物色していた化粧品用のポーチですが、本日届きました。

お出かけ用のポーチは、今使っているもので用が足ります。
家で使うための収納用です。

ということで、

アンジェリカ ミニバニティポーチ (ブラック)

これにしました。


11-09-10  化粧品入れ-01

ランチボックスくらいのサイズです。
フタ部分に取っ手があるので、取り回しが楽です。


11-09-10  化粧品入れ-02

中はこんな感じ。
ちょっとピンクがど派手よねー……orz
入れるものが増えても、新しいものと入れ替えても対応できそうなほど、サイズの割には容積があります。

私のような女子力最低ランクの持っているコスメグッズなら、この程度で十分w



11-09-10  鏡-01

化粧品の収納の見直しと同時に、今回新たに購入したのは、こちらの鏡です。
新書本サイズのスタンドミラー。

11-09-10  鏡-02

そして、こちらは、私が子供の頃に、母親からもらった鏡です。
確か、資生堂さんの花椿会のポイント品だったように記憶しています。
本革で、綺麗な上品な薄い金色の鏡でした。
それも、30年以上使いました。
まだまだ鏡としては当たり前に使えるし、革の部分も傷があってもいい感じです。
ただ、薄い金色は、もう見る影もなくハゲハゲ。

しっかりと使ったし、もうお別れしてもいいよね。
ありがとう。


秋の味覚 ぷりっぷりの生さんま、おいしゅうございました。

油が凄かったですけどね!!


朝晩が、すごく涼しくなって、過ごしやすくなってきました。
秋だなーって実感します。

今日は特には何もなし。平和で平凡な1日でした。

YouTube  Spider Cat

ネタが何もないので、猫さん動画でもどうぞ。


妖怪アパートの幽雅な日常  香月日輪 著


児童向けの作品が多い方ですが、かなり以前から好きな作家さんです。

これは、全部で10巻まであります。

商業高校に通う主人公は、両親を中1の時に事故で亡くし、叔父の家に世話になっていたが、高校入学を機会に寮に移ることを楽しみにしていたのですが、入学間際になって学校の寮が火災で焼失。
愕然となりながらも、必死にがんばって探したアパートが、人でない存在と人間が一緒に住んでいる「妖怪アパート」でした。

設定だけ見ると、ホラー系のように思えますが、明るく軽いタッチで書かれた物語です。

シンプルな文章ですが、非常に「人間」を描写するのが上手いなあと思います。

このシリーズの5巻から登場する2人の新任教師のうちの一人。
美人で清楚で教え方も上手で、優しい女教師。
この人が、おのれの信念のもとに、ブレることなく、まっすぐに歩いている人でした。
最初は、信念の人=いい人 というふうに見ていた主人公でしたが……。

生徒を思う優しい女教師さんは、主人公の境遇に
「苦労してるのは、あなただけではないのよ」
「不幸に負けずにがんばっている人は大勢います。」
「あなたは決して孤独じゃないのよ、一緒にがんばっていきましょうね。」
と優しく言います。
その言葉に、主人公はムカツクわけですw

なぜむかついたのか

それは、彼女が「善人」であり、まごうかたなき「善意」だったからです。
善人であり、善意がなぜいけないのか。
主人公は、縁を得て、住んでいる「妖怪アパート」での人や、人でない存在たちとの触れあいから、苦労はあって自分が不幸だとか微塵も感じていない、それどころか「幸せな人間」だと思っているのに、そうした事情や本人を何一つ知ろうとせずに、両親がいない、一人暮らしということだけで、「不幸」と勝手にカテゴライズされて、善意の優しい励ましを押しつけられたからだったわけです。

善人だけに、善意だけに反対ができない。
だって、善意に反対したら、悪意にされちゃうでしょう?

善人の親切のカラ回りほど迷惑なものはない

地獄への道は善意で舗装されている

という言葉が非常に身に覚えがありすぎて、笑ってしまいました。
信念のある人というのは、往々にして凝り固まりやすく、善人だけに「正しい」わけなんですよね。
「正しい」ことが、必ずしも正解じゃないというのに気づくのが、それなりの年齢になった頃のこと。
ただ、いつも「正しい」ことがよいこと、正解じゃないというのが、うまく自分の中に言葉として落とし込めなくて、微妙なもやもや感があって気持ち悪かったのですが、これを読んで「おお~~!」と納得できました。

 
こういう人間をシンプルにわかりやすく、書き表せる文章力が凄い作家さんです。

この女教師さんのようなタイプの人は、結構いるんですよね。
いつも、うまく言い表せなくて、微妙にもにょもにょしていたものが、すぱっと綺麗に表されていて、明快な読後感です。

一見、ラノベ風味ですが、書いてある中身は意外と硬派で、優しさの質というものについて、考えさせられる本でした。



1日の大半を過ごす仕事机の下です。
140cmの大きめのデスクで、左側にはプラスチックの3段引き出し、右側にはキッチン用のミニシェルフをつかって、即席な引き出しふうにしています。

11-09-07 机の下-01
(相変わらず、ごちゃごちゃと美的のかけらもないPCまわりだけど、使いやすいのでOK!)


ミニシェルフには、キャスターつけて、上段にカゴをポンっとのせています。
中身は、よく使うもの。
サプリメント・エビオス・頭痛薬・キズテープなど
のど飴各種
アルコールタオル
OA・液晶用のクリーナー(とれるを買う以前に買ったもので、早く使い切りたいです)
お香(ジップロック入り)とチャッカマン

11-09-07 机の下-02

11-09-07 机の下-03

机の下から引き出して、使うときの目線で、真上から見たところ。


あるもので、あるように使っているのですが、意外とこれが快適だったりします。
引き出しと違って、全部見えるところまで引っ張り出せるのです。
こういう、細々としたものは、案外、こういうアバウトなやり方のほうが楽なのかも。

ちなみに、チャッカマンが入ってる小箱は、PSPの箱なんですよねw
あれって、箱についてるバーコードが、修理に出すときには必須なんで捨てられやしない!

捨てられないのなら、そのへんに積み重ねておくより、普通に使うことにしました。
箱の内側には、しっかりと3つに仕切りがはいっていて、意外と便利ですw

新しく買う予定のコスメポーチは、このカゴの横の、ちょっとだけ開いてるところに置く予定です。




現在のところの、どうかなーと思っているポーチの候補です。
(画像は、ショップさんからお借りしています)


ポーチ-01


楽天 あやの小路  しっかり帆布のがま口 コスメポーチ

ぱかっとフルオープンなところが良いなと思います。




ポーチ-02

おなじ「あやの小路」さんで、こちらは和風。

楽天 あやの小路  【ポーチ】ミラー付き がま口コスメポーチ【巽橋】

形とか好きですが、ちょっと派手かなー。


ポーチ-03

マーサローレン化粧ポーチ・黒

シンプルだけど、機能性は良さそう。



ポーチ-04

Spia(スピーア)FSP-0505 化粧ポーチ



ポーチ-05

アンジェリカ ミニバニティポーチ (ブラック)

これも使いやすそうです。



ポーチ-06

[アルティザン&アーティスト] イノセント・テリア ハンディ・メイクドレッサー・ミニ化粧ポーチ

赤より白かな。
ついでにもっと言えば、猫柄があったらいいのにw

現在の候補は、こんな感じです。

ま、これ以上は、めのう氏から頂いたコメントじゃないけど、「自作」するしかなくなりそうなので……w



竹原慎二のボコボコ相談室  最近の若者は、覇気も根性もない。 竹原さん、一喝してやってください。

すぱっと明快です。

この相談室、結構好きなんですよね。
正しいとか正しくないとかじゃなくて、物事の考え方、見方の立体性を考えさせてくれるところが好きです。

竹原慎二のボコボコ相談室  転職歴5回。会社勤めが続かない。 バカで従順で忍耐強くなりたい。

これとか、言い方はキツイですし、納得しがたい部分もあるのですが、

一回、自分で商売やってみればええ。
組織の有り難みが身に染みるはずじゃ。


これには、素直に「うんうん!」と思ったりw

ぴりっと薬味のきいた内容ですが、たまにこういう刺激も大事かなと思っています。


11-09-04 猫-03

ニャコム 近況。

私の仕事部屋にある大型のスライド本棚の上にに、コミックストッカーを積み上げてあるのですが、その上の天井とのわずかな隙間が、最近のお気に入りらしいです。
上がり下りするときに、足場にしている本を蹴散らかしてくれるので、かなり迷惑……w


先日から、化粧品の収納をどうするか、いろいろと検討を重ねております。
環境条件として
・ドレッサーのようなものは無いし、設置できるスペースはない。
・洗面所は、昔の昭和な作りなので、収納ができない&冬は寒すぎてイヤ。

現状は、仕事用の机の下に、プラスチックの3段の引き出しを入れ込んで、そのうちの1つを化粧品&ドライヤーなどを入れています。

以前は、木製の鏡のついたコスメボックスを使っていたのですが、意外と重いし、めんどくさいし、取り回しが悪かったので、使いこなせませんでしたw

いろいろとがっつりと減ったので、机下の引き出しすら、無意味な感じになっています。
結局、いま手元にある化粧品、身だしなみ用品といったら

ヘアブラシ
ヘアドライヤー
トリニタ
ファンデーション(液と粉)
口紅(2本)・紅筆
チーク
アイシャドウ
フェイスシェーバー
毛抜き

これだけになってしまいました。

ネイル用のオイルも、トリニタのほうが良いし、石鹸シャンプーを使っていた時に必要だったヘアオイルも、とれるの粉末を使うようになってから不要になりました。

これだけしかないのなら、バニティケースとか、コスメボックスとか、いらなさすぎますw

これはもう、メイク用品だけなら、ポーチで充分でしょうねえ……w

ということで、化粧品用のポーチを物色しはじめたのですが、これがまた、なかなかに難しい。
ショップ画像とかで拝見すると、皆さん、すごい量の化粧品をお持ちなんですね。

ポーチで充分な量しか持っていないけど、袋にただザラザラっと放り込むのは、ちょっとイヤかも。
きちんとばらけずに収納できて、使いやすいポーチが無いものでしょうか。

あ、ちなみに、トリニタはいつでも使えるように、モニタの足の上に置いています。



美白

(画像は 地球洗い隊さん からお借りしています。)


トリニタ モイストゲル を使い始めて、数日たちました。
母親にも風呂上がりに使って貰っていたのですが、肌がかぶれやすい母親も問題ないようです。

私は、朝、とれる(液)で洗顔して、トリニタをちょんちょんと付けます。
夜に、風呂上がりにトリニタをつけるだけ。
超手間なしw

保湿を謳うクリームにありがちの油っぽい重さがなくて、そのくせ、1日中、しっかりと肌がしっとり(汗ばんでいるのとは違う感じ)しています。

母親いわく 「肌がつるつるでしっとりしている。」と。

香りもほんのりとしたバラの香りで、しつこくないのも良いです。
顔以外に、肘やカカトにつかってみると、べたつかず、しっとりと保湿してくれます。

なんとなく、皮膚が元気になった感じ。

皮膚が元気になった感じというのは、新しい化粧品を使ったときにありがちの、プラシーボ効果も否定できないのですが、保湿力はあります。

トリニタを使うようになって、少し涼しいのもあるんですが、肌の状態も良いらしくて、たま~~にするメイクも崩れにくくなったように思います。

これもリピートすることに決定です。
さらに、母親から、いま使っている化粧水等を使い切ったら注文して、と言われています。

化粧品が、がっつりと減ったので、収納の仕方を見直すのが、今後の課題でしょうか。




今年も、とうとうクーラーなしで、夏も終わりました。
暦の上では、夏は終わったけど、暑さはまだまだがんばると申しております(ぇ

暑さに汗だくになって、汗を拭きまくっていたのですが、洗いざらしのタオルだとゴワゴワしてきて、肌がヒリヒリしてきました。
そこで、思い出したのが、手ぬぐい。

我が家には、タオルの在庫もすごいけど、手ぬぐいもたくさんあります。
おしゃれな和柄の粋なものじゃなくて、昭和も30~50年代くらいに、商店や会社が名前入りで配っていた販促グッズな手ぬぐいです。
どうがんばっても、使い道がほとんどないという死蔵品。
(タオルに関しては、未開封で綺麗なものは、少しだけ残して、この春に被災地へ送らせていただきました。)

奥の収納庫から適当に1枚を引っ張り出してきて、汗ふきに使ってみると、タオルより肌への当たりが柔らかいです。
しかも吸汗性も良い。
もう3枚ほど引っ張り出して、毎日とっかえひっかえ。

洗えば洗うほど、布が柔らかくなってきて、さらに使い心地が良くなりました。

その体験から、手ぬぐいとか和タオルとかに関心が出て来ました。

手ぬぐい 梨園染 戸田屋商店 蓼(たで)

手ぬぐい 宮本 千鳥 青

こんなふうなものが欲しいな。
日常的な、ちょいお出かけに畳んでバッグにいれたり、普段使いにしたりできそう。

和タオルとかガーゼタオルも、いろいろと物色中です。
タオルのほうは、まだまだ在庫がありすぎて、とても新しい物を買うという段階は遠いのですが……。

手ぬぐいとかガーゼタオルとかに入れ替えたら、洗面所のこの手のものたちも、数を減らさず、不自由さを我慢せずに、ぐっとスリムになりそう。

本当に好きなもの、欲しいモノを簡単に買えるわけじゃないけど、こういうふうに「欲しい妄想」するのも楽しいですw




2011.09.01 【日常】花
今日から9月です。
8月より暑い感じの9月。

9月って、一応、秋だよね?

とはいえ、今年ももう残り4カ月しか無くなっちゃったわけですよ……。
いつまでも、暑さを理由にダレまくっているわけにもいかないし。
今朝は、朝からあちこち家の中をチェックしたり、手直ししたりしました。
洗面台下の整理整頓、収納庫のチェック、ついでに入れ替えると決めた化粧品の廃棄処分をしました。

化粧品は、かなり残ってはいたんですけど、もっと良いものを手に入れたら、もうダメですね。
どんなに勿体ない思いがしても、それ以下を我慢して使う気になれなくなります。
すごい勿体ない、申し訳ないとは思いますが、入れ替えると決めたものは全て処分しました。


その時に、クリームの容器が透明なガラス製で、なんとなく手頃なサイズだったので捨てがたかったのです。
捨てちゃった罪滅ぼしも兼ねて、ミニ花瓶に転職してもらうことにしました。


11-09-01 花を飾る-01

こんな感じです。
水をいれて、「とれる」の液をシュッと一吹きいれて、庭の花をポンといれてみました。
一輪挿しほどの引き締まった感じはないですが、これはこれでアリかな。


11-09-01 花を飾る-02

そうして、置き場所はココ。
モニタ前の小さな空間です。
自然に目にはいるし、バラの香りも楽しめるし、猫被害も防げるしw
ずっと目につくから、水替えや花の替え時もよくわかると思います。


まじめな話、猫飼いには、花瓶は危なくて飾れないものの一つなんですよね……w