上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もともとクラシックや楽器主体の音楽が好きなんですが、YouTubeで偶然見つけたもので、サックスとかトランペットとか、そういうのも良かったなあと思い出したのです。

アルトサックスで『ルパン三世のテーマ』を吹いてみた

高校生の演奏のようですが、かなり上手。
ちなみに、背景のブルーインパルスのポスターがツボりましたw


サックスというと、どうしてもジャズ系になっちゃいますよね。
ジャズも割と好き。

最近の作業用BGMに使っているのが、こちら。

ニニ・ロッソ 他 「夜空のトランペット」

一度はどこかで耳にされたこともあると思いますが、名曲23がメドレーになっています。



ちなみに楽器として、おもしろいなと思うのがこれ。

Theremin - Clara Rockmore play "The Swan" (Saint-Saëns)

テルミンという楽器の演奏です。

新しい音楽もいいけど、こういう古典(?)な名曲もいいなあと思いつつ、お仕事中なりw


スポンサーサイト
朝食の8時前まで、仕事をしていると、なにやら居間と台所のほうで、ガタガタ、ゴトゴトと騒がしい。
何事? と出てみると、居間と台所の境の建具がはずされていて、冷蔵庫が動かしてあります。
ニャコムは、動かした冷蔵庫の下をうかがって、ぴたっと獲物待ちの姿勢。

母親が額に「青筋マーク」を浮かべて、冷蔵庫の下を竹の物差しでつついているし……。

話を聞いてみると、どうやら、ニャコムのやつ、朝の散歩でモグラを生きたまま咥えて戻ってきたのだとか。
それを居間で放して遊ぼうとして、逃げ回る元気いっぱいのモグラに、冷蔵庫の下に逃げ込まれたということらしい。

冷蔵庫下に立てこもったモグラは徹底抗戦の構えで、ニャコムの前足や鼻先にさんざんに噛みついて、打つ手なしの膠着状態らしい。

仕方なしに、母親と二人で、台所でモグラ捕物帖でござるの巻。
得物は「火ばさみ」と「使っていない余った棚板」
板で反対側からモグラを押しだして、出たところを母親がすかさず、火ばさみでモグラをつまんでバケツに投げ入れ。

モグラの捕獲はできたのですが、居間の床や台所の掃除をして、家具を元通りに直してと……。
結局、今朝の朝ごはんにありつけたのは、10時前になっていましたw

モグラの始末をしながら、母親が
「猫のくせに、ネズミ以外ばっかりとってくる」
とw

まあ、モグラだったからまだ良いけど、これが蛇だったら……阿鼻叫喚ですね。

11-07-29 和風

ルクで野菜たーっぷりドライリゾット

以前、みしぇ~さんに教えていただいた夏野菜のお気に入りレシピです。
今回は、これはもう少し単純に、我が家風(年寄りも食べてくれるように)にアレンジしてみました。

材料は、タマネギ、なす、きゅうり、パプリカ、ピーマン、トマト
上の材料を刻んで、トマトは湯むきして種をとったものをざく切り。
底の厚手の鍋に順番に入れて、一番上から、S&Bのおでんの素、薄口しょうゆ小さじ1をふりかけます。
あとは、そのまま蓋をして、火にかけるだけ。
水は入れません。
中火~弱火で、放置しておけば、野菜からでる水分で、ぐつぐつと煮えてきます。
適当に蓋をとって、中身を軽くかき混ぜて、火が通ったらできあがり。

15分くらいで出来上がります。

ほどよく和風の味なので、年寄りにも好評でした。



ゆうべは、FC2の緊急メンテで、ブログの更新ができませんでした。
皆勤賞ならず……残念w

4年続けてきたので、あんまりこだわり過ぎなくてもいいかなと思ったり。
4年続けたからこそ、さらに、とか思ったり。

ま、ほどほどにゆる~~く頑張りましょうかねえ。


夏と言えば、「夏ばて」「夏やせ」という言葉がありますが、我が家には、そのような現象は存在しませんw
どっちかというと、冬かなあ<季節やせ

夏は、消費に四苦八苦するほどの野菜があって、1日4リットル以上沸かして冷やしてある麦茶に牛乳にと、好きなだけ水分取り放題です。
肉と油は少ないんですけど、野菜料理ばっかりw

どうもね、我が家の人間は、ストレスは食べる方向で解消しようとする傾向があるらしくて、夏の寝苦しさからくる睡眠不足などのストレスが増えるのに比例して、食欲旺盛?

だから、夏やせという言葉が、ナニソレ? 状態w

夏やせするようなら、病院行きな状態かも……。


11-07-26 キワモノCD

基本的に音楽は、大抵の物は聞きます。
ポップスは、かなりうとい方です。

クラシックからロックまで、好みは節操なしとも言われます。

そんな私の持っている音楽CDを眺めながら、従姉妹の一人がボソッと言ってくれました。
「あんた、ほんとに変な趣味してるよね」

そ……そう? 
否定ができないところが哀しい。

「いい曲もいっぱい持っているけど、コレはさすがに無いわ」
と引っ張り出してきたのが、上の写真のCDたち。

本当は、従姉妹が引っ張り出したのは、この半分くらいw
従姉妹が帰ってから、こういうのなら、まだあるんだけどねーと思いながら、全部引っ張り出してみましたw

上の左から

・モンゴルの馬頭琴―草原のチェロ
・トルコの軍楽―オスマンの響き
・シタール幻想―超絶のラーガ
・ショナ族のムビラ~アフリカンミュージックの神髄
・エジプトの音楽~ナイルの調べ
・ナイジェリアのトーキング・ドラム~疾走のビート

下の左から

・バリのガムラン―炸裂のゴン・クビャール
・太陽のサウンド~トリニダードのスティール・バンド
・平家物語 上原まり 筑前琵琶・語り
・津軽三味線・高橋竹山 決定盤

うーん、こうやって書き出してみても、確かに一般的な音楽じゃないわな~w

こういう民族音楽も、結構おもしろいんですけどねえ。
津軽三味線とか、なかなか聴き応えがあるように感じますが、まあ、センスの欠片もないので、趣味が変と言われても仕方ないかw



私が家事の中で、なにが一番めんどいと思うかというと

・そうじ
・洗濯物の収納処理

この二つが、一番めんどくさい。

そうじに関しては、結局は「ちまちま」「その都度」「気が付いたらすぐに」という感じで、小掃除を継続するのが、一番楽だと解ったのですが、洗濯物の処理が悩みの種でした。

ぜんぶハンガーで、干したまま取り込んで、クローゼットとかポールハンガーに掛けるだけの方式が一番良いことは分っているのですが、家族やら収納家具、洗濯機器などの諸事情で、それを実行できる状況にないわけです。

1 洗濯物を洗う
   ↓
2 洗い上がったものを、干し場まで運ぶ
   ↓
3 干す
   ↓
4 乾いたものを取り込む
   ↓
5 たたみながら、収納場所ごとに仕分け
   ↓
6 たたんだ物を、それぞれの場所に収納


ざっとこういう作業の流れになるわけです。
1~4までは、めんどうだと思う事はあっても、まあ普通にできます。

問題は、5と6です。
これがどうにもおっくうで苦痛だったりします。(やるけど……)

どうもね、時間的な連続性で考えてみると、

1 洗濯物を洗う
    洗濯機おまかせ 1時間
2 洗い上がったものを、干し場まで運ぶ
    
3 干す
    持って行ったなら干すしかw
4 乾いたものを取り込む
   
5 たたみながら、収納場所ごとに仕分け
   
6 たたんだ物を、それぞれの場所に収納

4、5、6の動作が一気に続かないわけです。

じゃあ、この4、5、6を、もう少し合理化できないものかと思案していました。

考えた末に、「たたむ」作業を少しでも省力化できないものかと。
そのためには、収納方法そのものも考え直すべきだと思いました。


10-02-19 洗濯物入れ

これは去年の2月頃に購入した、洗濯物入れ用のカゴ。
コーンバスケットです。

これを家族の人数分用意しました。
そうして、1、2、3までは今まで通り。
4の洗濯物の取り込みのときに、このカゴををもっていき、ハンガーやピンチから外して、そのままカゴに入れないで、立ったままたたんで、カゴにいれていく方式にしました。

たたむのも、キレイなショップの商品のようなたたみ方は辞めましたw
くるくるっと巻いてしまう、巻き寿司たたみです。

11-07-25 たたみ方-01

シャツを背中あわせで縦半分にします。

11-07-25 たたみ方-02

袖を身ごろ側に折ります。

11-07-25 たたみ方-03

首のほうから、くるくるっと軽く巻いてしまいます。

11-07-25 たたみ方-04

できあがり。
この状態だと、取り扱いが楽です。
たたんであるのを崩さないようにという気遣いも、ほとんどいらないです。


11-07-25 たたみ方-05

続いては、パンツ(母上の楽ちんデニム風パンツ)
パンツは、前あわせで半分にたたみます

11-07-25 たたみ方-06

写真が暗い、色が暗いので、わかりにくいですが……。
裾が上にくるように半分にたたみます。

11-07-25 たたみ方-07

あとは、腰のほうから、くるくるっと巻いてお仕舞いです。

こんな感じで、立ったまま自分のお腹を台にして、巻き寿司たたみで、カゴにいれていきます。
このたたみ方の利点は、しまったり出したりするときに、たたんだ物を崩さないように気を遣うことがほとんどないことです。

綿シャツとかブラウスとかスカートとか、たたんだらシワになるものは、そのままハンガーで収納です。

タオルとかマットとかは、たたんで巻いて、自分のカゴにw

あとは、カゴをもっていって、各自の部屋に置いておきます。

この方法にしてから、ちょっと楽になりました。
カゴから収納場所へ納めることが、すぐにできなくても、次の洗濯ものの取り込みには必要なので、今の季節なら、最長でも翌日には片付きます(ぇ

逆立ちしたってオシャレでも、イケてもいない方法だけど、この方法にたどり着いてから、かなり楽です。
取り込んで戻っても、しまえない時でも、ばさっとそのまま小山のように置いてある時と違って、多少なりともたたんだ(巻いた)状態で、カゴに入っていれば、ちょっとはマシな見た目なんじゃないかと。

出来ないのなら、出来ないなりに、少しくらいは誤魔化せていると思うのですが、他人からみたら、やっぱりズボラでしょうねえ……w



11-07-22 すもものらっきょう酢漬け

我が家には、山すももと地元でいわれる、野生種に近いすももの木が何本かあります。
もう、この種類のすももがある家は、近在では我が家だけのようです。

お店に並んでいる果物のプラムとは少し違う、「李」と書くのが正しいようなヤツです。

キレイに完熟すれば、とても美味しいのですが、残念ながら9割は虫にやられます。
完熟する前に収穫してしまいます。
それでも、半分くらいは手遅れw

収穫したスモモを、きれいに水洗いして、大きめの容器に塩漬けします。
塩は多め(梅の20%より多めです)
数日間ほど塩漬けして、余分な水分がぬけて、皮がシワッとなったら、取り出して水洗いします。
そのあと、密封できる容器に移し替えて、砂糖500gくらいと、ひたひたになるまでらっきょう酢をいれます。

常温で封をして、一週間放置。

梅干しのように熟成時間が必要ない、簡単梅干しもどきのような夏の保存食です。

ちなみに、お味は、かな~~~り酸っぱいですw
でも、ご飯が美味しいw


11-07-22 ミニトマト

11-07-22 トマトジュース

消費が追いつかないほどのトマト

今年のトマトは、新品種のせいなのか、ものすごく美味しく出来上がりました。
トマト特有の青臭みがほとんど無い、甘い。

トマトスープに、トマトソースに、トマトのサラダに
本当にトマトが美味しいと、ドレッシングを使うと、逆に美味しくなくなる感じです。
一番シンプルな調味料の塩か醤油が一番あいます。

最近は、飲料ものを買うことも無くなりました。
(麦茶のパックは買いますw)

午前中と午後にそれぞれ一回ずつ、トマトをミキサーに掛けてザルで漉して、トマトジュース。
これがまた、フルーツのような甘みがあるので、塩もいらない。

暑い夏は困るけど、嫌いじゃない。
こういうささやかな楽しみがあるからw



11-07-22 晩ご飯

ゴーヤチャンプルーとトマトスープ


グリーンカーテンのゴーヤを初収穫。
ここ数日の台風のせいで、水気たっぷりにまるまると太ったゴーヤでした。

さっそく、ゴーヤチャンプルーに。

ゴーヤチャンプルーの基本レシピには、かならず豆腐がありますが、我が家のように毎日買い物に行かない家には豆腐が無いw
卵も牛乳もある程度の日持ちはするのだけど、豆腐だけはいけません。

それと、沖縄のチャンプルーに使う豆腐というのは、こちらのような水にさらすものとはちょっと違うみたいですね。
沖縄では、水にさらさずに、作りたてのあつあつの豆腐が新鮮だとか。
木綿豆腐よりももっとしっかりした感じでした。

豆腐なしのチャンプルーをずっと作っていたのですが、やっぱりちょっと淋しい。
この間から考えていたのが、豆腐のかわりに高野豆腐を使えないかなということ。
乾物だし、保存がきくし、いつでも使えるし。

ということで、試してみました。

我が家では、割れものお徳用袋入りという高野豆腐を愛用しています。
割れたり欠けたりして、検品ではねられたものをまとめて、お安く売っているものなんですが、中身はしっかりと良いものです。

最初に、ボールに水をはって、高野豆腐を戻しておきます。
そのあと、小鍋にお湯を沸かして、塩をひとつまみ入れて、水で戻した高野豆腐をゆでます。
本当は、高野豆腐を水煮すると煮崩れるので、しちゃいけないのですけどねw
だけど、水で戻しただけでは、もさもさして口触りが良くないです。
弱火にして、3分くらいゆでると、ぷわ~~っと高野豆腐が肌理が軟らかく膨らんできます。

そのまま、水をはったボールにゆでた高野豆腐を入れて、冷まします。

その間に、ゴーヤや肉、卵の準備をしてしまいます。

水の中で軽く高野豆腐をモミモミしてみて、火傷しないくらいに冷めたら、水気を絞ります。
小さめに包丁で切って、もう一度水を絞ります。

フライパンにサラダ油をひいて、肉を炒め、ゴーヤを投入。
ちょっと火が通りかけたら、出しの素、薄口醤油、みりんを入れます。
かきまぜていると、調味料でゴーヤの水分が出て来ますので、高野豆腐を入れて汁気を吸わせるようにかき回して、あとは溶き卵をかけまわしてできあがりです。

一回、下ゆでしているので、高野豆腐のもそもそ感がほとんどなくて、いい感じになっていたので、家族にも好評でした。

高野豆腐、意外と使える奴かも!!



2011.07.21 【雑記】うへ
蓮舫議員がいきなり詐欺被害金47億の基金設立 / 被害者の声は完全スルーに国民ブチギレ!

そう来ますか……。

ちょっと穿った見方をすると、この47億、いい具合にするすると、経費・支援金という名前で、どっかのダレかのポッケにinしちゃうんでしょうね。

返す気なんて、さらさらない感じですねw

H23/07/21 参院予算委・山谷えり子【まさに売国政権】午後

山谷さん、凄みがありますねw


毎度おなじみの「とれる」のお話。
飽きもせずに、まあ、よく続くこととあきれている方も多いかとw

まあ、そういわずに、ちょっと聞いてやって下さいな。

液 粉末


「とれる」には、使っていらっしゃる方ならよくご存じでしょうが、「液」と「粉末」の2タイプがあります。
「粉末」 → 「液」 な工程なわけで、実は粉末が「原液」相当なのだそうです。

以前に 【日常】化粧品見直し中 という記事で、「とれる」を洗顔に使ったら、とても良いので嬉しいと書いたら、見事にお友達のotamaさんが感染してくださって、先日、「洗い隊」さんに仮入隊されましたw

どうやら、otamaさんは「粉末」での洗顔が気に入ってくださった様子。

私は液での洗顔で、粉末ではやったことなかったのですが、
「一発で気に入るとは……やってみよう!!」
とw

結論から言うと、「液」もいいけど、「粉末」はさらに凄くいい!! でしたw
「液」よりも、数段キレイに洗えた感がします。
ただ、さすがに「粉末」だと洗浄力がありすぎて、ちょっとは突っ張るw
確かに「粉末」使うのなら、化粧水はいるわ~~~w

試したのが、入浴中だったのですが、あんまり良かったので、ついでに粉末で体も洗ってみたわけですよ。
大さじ1くらいの粉末をペースト状にして、体中にぬりぬり。
手のひらで軽く伸ばして、なでつける感じ。
あとは、さっと洗い流しただけ。

石鹸を泡立てて洗うよりも、肌がツルッツルにキレイになった気が(ここ大事)しますw
全身ピーリング?
浴用タオルもスポンジも、なんにも必要なかった……。

なんというか、くせになりそうな洗い上がり感でした。
体を洗うのに常用するかどうかは、考え中です。


あらた

こっちは、「とれる」をベースにしてジェルにした「あらた」
歯磨きと洗顔のあとの、化粧水がわりに使っています。


美白

こちらが、これから導入しようか、どうしようかと悩み中のもの。

トリニタ モイストゲル

紫外線などで痛んだ肌や、黒ずみの補正などの、美白や保湿効果がアップされた、エイジングケアのための化粧品なのだそうです。

色々いらない、これだけなら、そんなに高いお値段じゃないと思います。
化粧品で3000円くらいって、高いのか安いのか、微妙なラインですが、コレだけで済むのなら安い?


私が今までつかっていた化粧品ですが、

ロゼット 洗顔パスタ
ナチュリエ スキンコンディショナー(化粧水)

どちらも、ドラッグストアでも手に入る、超お安いものばかりw

ロゼットよりも、「とれる」での洗顔のほうが良かったんですよね。
ナチュリエのほうは、「粉末」で洗顔するなら、ちょっと捨てがたい。
液なら、汗をかく季節でもあり、それほど必要に感じないけど、秋・冬になってみないと本当のところはわからない。

哀しいことに、エイジングケアは必要なお年頃……。
「とれる」の実力は、よくわかっているので、こっちも期待できそうなので、欲しい気持がどんどん膨らむのですが……w

うーん 悩むなあ。



*追記*
記事を保存したら、管理画面で「サントリー ミルコラ」の広告が出て来て、あまりのタイムリーさに、思わずクリックしてサイトをじっくりと眺めてしまいましたw

11-07-19 緑の壁

ゴーヤの緑の壁

壁部分はきっちり、もっさりと出来ているのですが、天井部分が右側がちょっと薄い。
もうちょっと茂ってくれたら、完璧に完成。

らばQ シンプルな発明でフィリピンのスラム街が生まれ変わった!使うのはペットボトルの水と漂白剤だけ


たしか、船につけられている「デッキ・プリズム」というのと同じ考え方かな。
大型の帆船の甲板に、ガラスがはめ込まれていて、外光を船内に取りこむ仕組みだったような。

明り取りの仕組みそのものは、割と古くからあるのですが、ペットボトルと水と漂白剤だけでできるというところが凄い。
光がはいるということは、良いことだけど、暑いだろうなあ……。


11-07-18 強のおやつ

ブルーベリージャムと寒天


ゼリーより寒天のほうが好き

寒天1リットルで、だいたい270円くらい。
あとは、それにいろいろとバリエーションをつけるだけ。

今回は、いま我が家でいくらでも使える、自家製のブルーベリーのジャムと梅酒。
鍋で寒天を良く煮溶かして、砂糖を加えてからよく溶かします。
口触りにこだわりたいのでしたら、この段階で一度漉します。
火を止めて、ブルーベリーのジャム(大さじ3~4杯くらい)を入れて、梅酒を大さじ2杯。
泡立てないように混ぜてから、適当な型に流し入れて、そのまま常温で放置しておきます。

あら熱がとれて、室温になる頃には、固まっていますので、そのまま冷蔵庫へGO! です。

粒あんの缶詰なんかも使えます。
中に入れる物で、どうにでもバリエーションが付けられます。




お昼になった

昼食に農作業から母が戻ってきた

汗だく、ヨレヨレ

そーっと後ろから、着がえ中の母の首に「熱さまひんやり首もとベルト」を乗せた。

「ひや~~~~~」

ほとばしる歓喜の叫び

母の感謝度が上がった………はずw


ということで、昨日、「熱さまひんやり首もとベルト」が届きました。
あいにく、昨夜はちょっと涼しかったので、寝るのには使わなかったのですが、4セット買ったので、さっそく母親に使ってもらいました。
取り回しが楽だし、着脱も簡単。

現在、母は着用のまま、お昼寝中なり。

まじめな話、汗をかくというので、何が一番不快かというと、「顔の汗」だと思うのですよね。
首もとにまくと、さーーーっと顔の汗が引きます。

もう2セット追加しようかな。


large.jpg

7月19日(火)にかけての台風の予想進路図と12時現在の雲の様子

台風6号の進路予想

この2~3年、ほとんど来なかったのですが、今回はデカイ。

今年は災害の当たり年かしら……。
今のうちに、いろいろとチェックしておこう。

ついでに、停電を予想して、仕事もお休みして、PCを落としておこう……。
被害が軽くて済むように、お祈りも忘れずに……。


毎日、フル稼働中の扇風機と冷蔵庫と洗濯機。
なかでも扇風機が大変。

無いと死ねますw

いま話題の扇風機 ダイソンのアレです。

ダイソンのアレを作ってみた

ダイソンのアレを作ってみた2

ダイソンのアレを作ってみた3

久々に笑ってしまいましたw

こういう人、好きですが、これが自分の旦那とか父親とか家族だったら、さぞかし困ったことになりそうです。

Amazonでのレビューを拝見すると、ちょっとガッカリ感が強いものが多い様子。
おもしろい商品だけど……w


らばQ 「どこの家にも、こんな引き出しってあるでしょ?」

この画像ほどひどくはないけど(たぶん)、1つだけ間に合わせの引き出しがありますw
カテゴライズできないもの、とりあえずなものの置き場所。

時々は、中身をチェックして整理整頓してますけどね……。

こういう、生活の中での吹きだまりのような部分も、必要なんじゃないかなと、最近では思います。
お片付け的には、決して褒められたことではないとは思うのですが……。
なにもかもきっちり、すっきりと一度にぱっと出来ない時や、モノがあります。
そういうときに、ムリにやろうとしないで、「棚上げ」思考で、一時的な「溜め場所」があってもいいかなと思います。

ただし、引き出し1つ、箱1つというように、限定して、時々はちゃんとその中身を整理整頓することが条件かな。

どこから落ちたのか解らないネジ、誰のどの洋服なのかわからないボタンなんかも、小さなチャック付の袋に入れて、そこにポイッ!

分類しきれない、収納に迷うような、はみ出しモノを入れる場所。

みんな一緒なんだねえ と思うと、ちょっとクスッと笑えました。



今週の、ためしてガッテンは、今時一番の関心事がテーマでした。

血液からツヨくなる!熱中症で死ぬもんかSP

熱中症を防ぐためには、「塩分」をとる というのは、間違いじゃないけど、正しくはないというのもびっくりでした。
本当は、「玉のような汗が流れる」大汗をかく状態が、しばらく続くようなときには、塩分を補給しましょう。
日常生活レベルなら、塩分の補給はそんなに必要ないし、むしろ取りすぎているので注意しましょうということらしい。

もともと、塩分が不足すると熱中症になりやすいというタイトル部分だけが、一人歩きしちゃって、熱中症を防ぐのには「塩分」という話に広まってしまったんだそうです。

私も、熱中症を予防するのには「塩分」を摂るんだよね と思っていましたw

暑さに強くなる方法として、軽い運動30分のあとに、牛乳300mlを飲むと良いとか。
ヨーグルトとか脱脂粉乳とかでも良いらしい。
つまりは、タンパク質なんですって。

いつもウォーキングの後は、アクエリアスだったけど、今度から牛乳にしますかw

みーさんがおすすめの、「熱さまひんやりやわらかアイス枕」を買う方向でいろいろと検討していたのですが、どう見ても我が家の冷凍庫に、これが家族分入らないという罠……orz

で、考えた末に、

熱さまひんやり首もとベルト

こっちならどうだろうかと。
これなら、人数分+αで入ります。
真っ昼間、本当に耐え難い時に、仕事をしながらでも使える。
寝相がよろしくないので、枕だとどっかいっちゃうし……。

まあ、有効時間が短いけど、1時間もひんやりしてくれたら、気持ちよく寝入れるんじゃないかしら。


2011.07.12 【料理】塩梅
あん ばい

(1)料理の味加減。「吸い物の**をみる」
(2)物事の具合。調子。加減。「いい**に席が空いていた」「ずっとお天気の**もいい」
(3)からだの具合。健康状態。
(4)ほどよく物事を処理すること。ほどよく物を並べること。

(1) (2) (3) は「塩梅」、(4) は「按排」で、もと別語。
「塩梅 (あんばい)」は「えんばい」の転。意味と音の類似から混同されて用いられるようになった〕
[類語]塩梅、加減…


梅干しを作るときに、最初に塩漬けにします。
この塩加減ですが、近年になって「減塩」が健康のために良いというのが常識になって、「減塩梅干し」というものが生まれます。

先日の日曜日に、午後から、共有山林の寄り合いがあり、一応の株主でもあるので出席してきました。
決算報告やら、なにやらの議事が終わったあと、慰労会というか飲み会というか、そういう場になりました。

なにが話の弾みだったのか、梅干しの漬け方のウンチクの話になってきました。
聞いておりますと、どのおじさん方も、それなりに梅干しや漬け物へのこだわりがあるらしく、T氏が言うには
「塩分の取りすぎは体に良くないと、かかあが言うし、まあ、そうだろうなとは思うしで、1%で漬けてみたら、漬けて一週間でカビが生えたわ。」

T氏の奥様は保健婦さん。
健康指導にはうるさい方でしたw

「5%にして、冷蔵庫にいれたら、カビは防げたけど、喰ったら死ぬほどすっぱくて喰えたもんじゃなかった……。」

(塩は保存のためだけじゃなくて、梅の酸を塩のアルカリで中和する意味合いもあるので、塩分が低すぎるとすっぱさ倍増しです。)

「じゃあ、今度は作ってから塩抜きすればいいかと思って、冬に水にさらしておいたけど、一週間水にさらしても塩気が抜けなかった……。」

(梅の皮は固いので、そのままでは塩抜きできにくいので、ちいさな針でチクチクしてやらないと)

その話を聞いていたA氏が
「すっぱいのをまろやかにするなら、塩と一緒に砂糖を混ぜて漬けるじゃ。ほんで、ビニール袋に入れて、冷蔵庫にいれておいて、毎日袋の上からモミモミしてやるとええぞ。」

(量が多かったらムリっしょ)

などなど、聞いていると、それなりに突っ込みどころがいっぱい。
でも当人達は大まじめですw

減塩梅干しというのは、商用のは基本的につけ込みは20%以上で作られるものらしいです。
とくに海外からの半加工状態(塩漬け状態)での輸入品の場合は、もっと塩分量が多いです。
それを塩抜きしてから、みりんや蜂蜜、しょうゆなどでほどよく味をととのえて商品に作り上げているわけです。

最初から塩を減塩パーセントな量で漬け込むと、酸味がきつい、傷みやすいものになります。

昔から、「塩梅が難しい」と言いますものね。
減塩も大事ですが、やりかたを間違えると、美味しくないんですよね……。

特に、魚の干物と梅干しw



猛暑の中で、唯一、ひきこもり労働者で良かったと思う事があります。

クーラーが使えることじゃなくて、すっぴんで過ごせることがステキとか思っている、限りなくダメ女でございますw

ま、まあ、えーと……、お出かけするときには、ちょびっとは化粧しますw


春くらいから、「とれるNo.1」を洗顔に使うようになったのですが、コレがまた、なかなかの優れものなんですよねえ。
まず、下手なメイク落としよりも、「とれるNo.1」を使った方が、綺麗に落ちます。
しかも、洗い流すのが、軽くばしゃばしゃっとやるだけ。
肌への負担がほとんどない感じです。

外出から戻ってきたら、「とれるNo.1」でダブル洗顔するだけで、すっきり。
しかも、洗い上がりが突っ張らないし、化粧水やら乳液やら、必要ない感じです。
夜も、入浴時に「とれるNo.1」で軽くマッサージする感じで洗顔するだけ。

肌トラブルが無くなったし、いま使っている基礎化粧品とか、本当に必要なのかしらとか思うようになりましたw
まあ、どうせ安物の基礎化粧品なんですけどね……。

基礎化粧品については、保留という感じですが、洗顔アイテムは確実に不要じゃないかしらと思っっちゃったんですよね。
今まで使っていたメイク落とし、洗顔フォームなアイテムが、本日めでたく使い切りましたので、今後は買わないことにします。

ということで、洗面所から2つ、アイテムが消えました。

たった2つだし、たいした量じゃないけど、洗面所も自分の気持も、なんだかちょっとスッキリ。

化粧水などについても、寒くなってきても、肌の感じが良かったら、本格的にポイッとしちゃおうと思います。

さて、どうなるやらw




暑中見舞い

汗の出方が半端無い今日この頃。

暑中お見舞い申し上げます。


ちなみに、上のグラスの中身は、シャンパン風な梅酒のサイダー割
ソーダ割じゃなくて、サイダー割というところがミソw


PSPのゲームソフト「ヴィオラートのアトリエ」を買いました。
ゲーム自体は、かなり面白いです。

最近のゲームは、もうほとんどがフルヴォイスなんですね。
個人的には、かなりイヤ。
特に、女主人公だと、ものっそいイヤ。
アニメ声っていうんでしょうか、独特の声としゃべり方が……w

今時のドラマですら、あんな声でしゃべる女の子いないよねえ……と思ったりw

速攻、コンフィグで音声をミュートにしてしまいます。

ヴォイスありが普通になっているということは、やっぱりそういうのを好むユーザーが多いからでしょうか。
海外版のゲームで、音声ありの場合、どれもかなり上手だなあと思うのですが、日本ものはやっぱり、そういう嗜好なのかなあと思う今日この頃。

どうしても音声つけたいのなら、もう少し上手なのをお願いしたいなあ。




ビフォー(あるいは理想)

67472bcf-s.jpg




アフター(あるいは現実)
9f25479b.jpg


そうよねえ、ビフォーの時より、ガソリン代は25円上がったもんねえ……。




11-06-08 猫-02

ひさしぶりにイケメンなニャコムの写真。
頭のてっぺんに、ビシッとピントがあってるようなw
動物の撮影は難しいです……。


西の方から梅雨明けが始まりました。
梅雨明けといえば、梅干しのお手入れです。

梅干しを減塩で漬けたら、カビが生えたり、冷蔵庫に入れても持ちが悪かったりとか、いろいろと苦労しました。
そんな時に、農業雑誌で知ったのが、「みりん梅」の作り方です。
作り方は意外と簡単なのですが、少々コストがかかります。

最初に、梅を減塩ではない普通の昔からのやり方で漬け込みます。
しそも入れて、色よく。
そして、土用干しで、しっかりと干してから、別の容器でみりんの中に漬け込みます。

あとは、そのまま、普通の梅干しの熟成と一緒です。

みりんに漬け込んで、一ヶ月くらいで出して食べてみると、みりんの甘みはほとんどありません。
塩分もほどよく抜けて、酸味もまろやかになっています。
みりん漬けなので、冷蔵に入れなくても、常温(冷暗所でお願いします)でも傷まずに、何年でも保存できます。

最初は半信半疑でやってみたのですが、大当たりでした。

ということで、今年もみりんを通販で箱買いしましたw




11-07-01 ギボウシの花-01

雨に濡れるギボウシの花

増やした記憶がないのですが、なぜだか家の敷地のあちこちにいっぱい生えています。
これはこれで、もっさりと茂った葉っぱ、花も好きだから、まあいいかと放置状態。

ギボウシの若芽は、ウルイと呼ばれて山菜として食べられるそうですが、毎年、よく似た毒草のバイケイソウを間違えて食べる事故が発生しています。
安易に山菜取って食べちゃだめですよw



夏の季節ならではの鍋料理があります。
知る人ぞ知る「クッキング・パパ」の1巻に掲載されていた「イタリア鍋」という料理。
これは、材料がほぼ今の旬の野菜です。
さらに、今流行っている蒸し料理でもあります。

まずは、基本の作り方は、こちら で。

ニコニコ動画で、マンガに掲載されていた作り方を再現されたものですw

これが基本ですが、うちの場合は油は使いません。
材料も、キノコを入れたり、トマトを輪切りにしていれたり、なすを入れたり、麩をいれたり。
ベーコンが無ければ無いでもOKですし。
味付けに、塩こしょうだけでなく、コンソメの顆粒をつかったり。

蓋のできる底の厚手の鍋を使いますが、いま流行のタジン鍋などぴったりかと。

一回で、食べきる量をつくるのがポイントですが、仮に余ったとしても、翌日にちょっとケチャップを足して、パスタにしちゃえばOKです。

蒸し焼き? 蒸し煮? のせいか、野菜のうまみが無くならず、チーズのコクが絡まって、年代の違いも関係なく食べてくれます。

冷めたら美味しくないので、できたての熱々でどうぞ。




11-07-06 寒天酢味噌

熱中症対策に、塩分の補給も大事。

ということで、うちの地元で古くからあるものをオヤツに復活させましたw

寒天と酢味噌です。

これは、もともとは法事などに作る「仏様のごちそう」といわれるものです。
寒天をつくって(いれるのは砂糖だけ)、酢味噌(味噌、酢、砂糖をすり鉢でよくすり混ぜる)をからめて食べるだけという、いたって簡単なものです。

猛暑にぐんにょりしている午後のおやつに、味噌の塩気がとても美味しく感じられますw


これは、うちの地方独特の食べ方なので、食べ慣れていない人には、受入れにくいかもしれません。
真夏のおやつに、甘い・冷たいだけではなく、塩気のあるものも良いかもしれません。
塩あめとかもいいですね。

どちらさまも、くれぐれもお大事に。


11-07-05 ゴーヤ

今年のグリーンカーテンが、ほぼ半分完成しました。
5月末から、暑さと多雨で、あっという間にここまで育ちました。

残りの天蓋部分も、あと10日くらいで完成すると思います。


11-07-05 猫-01

そして、グリーンカーテンの支柱とネット張りが完了した直後から、毎日のように、ニャコムのジャングルジム化しております……w

「かむ」には登れないので、ニャコムには唯一の安全地帯なのでしょうね。



2011.07.04 【料理】麩
11-07-03 へメロかリス

ヘメロカリス

ユリの仲間です。
日本や中国原産のユウスゲやカンゾウ類(ノカンゾウ、ヤブカンゾウなど)がヨーロッパなどに導入されて品種改良されてできた園芸品種をいいます。

出世して、お里帰りしたようなもの?w

今日は意外と涼しかったけど、1日、大雨でした。
今年は、あちこちで災害の年かしら……。



魚柄さんの台所ノートに良く出てくる「麩」。
炒め物に使ってみました。

ピーマン、タマネギ、白菜、豚肉の野菜炒めなのですが、どれも取れたてなので、どうしても炒めていると水分がいっぱい出て来ます。
今回は、豚肉を通常の1/3に減らして、その分「麩」を使うことにしました。

本当は、車麩とか油麩のようなものがいいのでしょうが、こちらのほうでは通販でも使わない限り手に入りません。
なので、普通にスーパーで買える煮物用の麩を使ってみました。

水で戻した麩を、固く絞って、適当に刻んだモノを、調味料を入れてほぼできあがりつつある炒め物に投入して、一緒にかき回します。
材料に火が通ったらできあがりです。

食べてみると、かなりいい感じでした。
野菜炒めの汁気を、麩がしっかりと吸い込んでしまって、肉の量が減ったことが気にならない濃厚さでした。
しかも、水っぽいベショベショになるのを防いでくれて、いい感じでした。

ある程度の年令がいくと、肉々した料理は売れ行きがよくないのですが、これは食べやすかったらしく、かなり好評でした。

夏の定番のゴーヤーチャンプルーでも、豆腐のかわりに麩を使うのもアリかも。
麩なら、豆腐や肉と違って、長期保存が利く乾物ですし、いいかも!




11-07-03 トマト

夏野菜の王様 トマトが色づきました!
今年のトマトは、例年より3割増しのおいしさです。



この春ごろから、我が家のまわりの猫さん’sに、ニューフェイスが加わりました。
白に背中に大きめの黒いブチが2つある、通称「かむ」。
雄猫、たぶん「タマあり」w

我が家のまわりが、この近在で一番猫人口が多いの、毎日のようにやってきます。
そして、手当たり次第にうちのニャコムをはじめ、他の猫を見かけると追い回して、がっちりと両前足でホールドして、噛みまくります。
噛まれる猫の悲鳴が、数日に一度は響き渡るという……。

最初は、雄猫の縄張り争いかと思っていたのですが、被害にあうのが雄猫だけではないようです。
ご近所の、今年2歳になる雌猫も噛まれて、耳のうしろから首筋にかけて、かなりの傷を負ったようです。

「かむ」の家には、もう1匹、これはかなりの老齢の猫がいます。
「かむ」は、都会にいる息子さんが警察官で、ある日、パトカーの中に放り込まれていたのだそうです。
官舎住まいの息子さんは、飼うことができず、ケガが治った「かむ」を田舎に住んでいる猫好きの両親のもとに連れてきたのだそうです。

折悪しく、「かむ」が連れてこられた田舎の家は、奥さんがガンで闘病中であり、抗がん剤の投与治療中なので、奥さんも看護をする旦那さんも、猫に触ることができません。
「かむ」は、餌だけは不自由することがなくなりましたが、飼われている一家に抱かれることも、撫でられることもなく成長したようです。

もともとがなんらかの虐待体験があるのか、人に対して非常に警戒心が強く威嚇してきます。

うがちすぎかもしれませんが、「かむ」が余所の猫を襲う様子をみていると、人に可愛がってもらっている猫への八つ当たり、うっぷん晴らしのようにも見えます。

可愛がって撫でてもらえない猫も、それが出来ない事情がある飼い主も、哀しいですね。

11-07-01 ホタルブクロ

初夏といえば、やはりコレ ホタルブクロ

庭の桜の木の下に群生しています。
これが咲くようになると、闇夜にふんわりと、ほのかなホタルの光がちらほらと見えるようになります。
子どもの頃は、ホタルをおいかけて、田んぼにダイブしてしまい、泥だらけになって泣いていたこともありましたw



「とれるNo.1」を愛用していますが、先日、我が家にニューフェースが届きました。

地球洗い隊さん 「あらた」

こちらは、歯磨き用に購入しました。
先々週くらいに放送されたNHKの「ためしてガッテン!」で、歯周病菌が重篤な病気の原因になるというのをやっていました。
歯周病菌が、心筋梗塞や肺炎の原因になるというのは知っていましたが、実態はもっと恐ろしい……。

免疫力を低下・突然死を招く感染症

実は、亡くなった父親は、歯槽膿漏が原因での入れ歯でした。

高齢の親は、歯磨きや衛生面での知識が古く、新しい知識を教えても、なかなか「慣れ」が必要なものは実行したがりません。
歯磨きの仕方でも、
「あまりこすると、かえって歯茎によくない」
とかなんとか、妙な理屈をこねて、しっかりとした歯磨きをしたがりません。
自分のためにも、親のためにも、簡単にキレイに効果がでる「あらた」ジェルを購入しました。

お値段的には少しお高いw
でも、使用量と効果を勘案すれば、十分に納得できるお値段だと思います。

泡がたたないので、磨きやすいし、口の中がとても気持ちいいです。


11-07-01 沙羅の花-01

沙羅の花

初夏の花というと、まっさきに思い出すのがこれです。
あまり花もちがよくないのですが、昔、お訪ねしたお宅で、煤竹の一輪挿しに無造作に投げ入れてあった風情が印象に残っています。
華やぎは少ないのですが、なんとも上品な花です。


もうそろそろ、片付け本は卒業しようと思います。
片付けから卒業するわけじゃなくて、その手のハウツー本ねw

何度、「片付け・収納特集」と大きな文字に惹かれて、その手の女性雑誌を購入し、そして微妙な足りない残念感に苦笑いしたことか。
著名な整理収納アドバイザーさんの本もそうです。
「美的収納」「断捨離」などなど。

どんなに本を読んでも、綺麗なステキにスッキリ片付いた写真を見ても、実のところ、こうすればいいんですという「自分」のための答えは書いてないわけでw

結局のところ、ハウツー本の多くは、どれを読んでも、つまるところは一緒なんじゃないかなと思いました。
言い方が違うだけ。

・すべての持ち物の棚卸し(仲間同士、分類、おなじものを集める)
・選択(使う・使わない・好き・嫌い・いる・いらない)
・収納(使う場所に使うモノ、使用頻度、ワークステップ数、見えるか隠すか、美しく)

この3つでしかないわけです。
そして、その3つが難しいわけですが……w

ずっと3年間、あれこれと試行錯誤してきて、うーん? と思ったことが一つ。
何度も何度も親と衝突しながら、上の3つをぐるぐると繰り返してきて、最初はうまくいかないわけです。
アレコレとやってみて、考えて、なんとかなりそう? という所までいくまでの道筋は、振り返ってみると、「自分は」なにが好きか、「自分は」なにを仲間どうしに使っているのか、「自分は」……というように、常に「自分は」と自問自答していたわけです。

ものを収納することにしても、これを自分はいつ使う、どう使う、使ったあと、どういう手順でどう戻す、と、具体的に自分の動きを確認します。
収納はどうしまうかよりも、いかに取り出しやすくするかというほうが大事だという話もあります。
大筋では正しいのですけど、私の場合、ちょっとだけ違う気がします。
使うモノ、必要なものを取り出すことは、1~2ステップ多くても可能だけど、戻すとき・収めるときにその手順が我慢できずに、収納が維持できないのだと自覚したりもしました。

美しい収納、さまざまな手法が紹介されていますが、見た目の好みだけでそれを応用しようとしても、大抵は失敗します。
自分がそれをさんざん体験したからw

自分が思っている自分
人から見た自分
本当の自分

という表現がありますが、一連の片付け行動でわかったのは、「自分が思っている自分」をとても高く設定していたこと。そして、「人から見た自分」をとても気にして、薄情な人間だと思われたくなくて、使わない頂き物を死蔵したり、モノを粗末にすると思われたくなくて、処分ができなかったり、すてきに「見える」収納を考えていたことでした。

本当の自分は、行動のワークステップ数が増やせない人間だったということですw

よくゲームなどで、キャラクターにそれぞれの「行動力の総数」があって、なにかをするごとにその行動力を消費していくというシステムがありますが、「行動力の総数」が少ないと、すぐにエネルギー切れになってしまいます。
たぶん、私の場合も、この「行動力の総数」が少ないのでしょうねw

自分には、このステップ数ならできるか? と、常に自問自答です。

片付け本には書いてないけど、本当に大事な部分は、「正直な自分」「己を知る」ということなのではないかしらと思います。

「私」については、どんな本にも書いてない。(当たり前w)

答えは自分と相談して探すしかないのですね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。