一年の計は元旦にありとはいいますが、私の場合、だいたいが冬の間にもんもんと妄想するわけですw

今年、がんばりたいこと
●靴下編みをマスターしたい
●ホームベーカリーを購入したい
●本の残りのハードカバーの電子化(コミック、新書、文庫の電子化は終了)
●レシピ本の整理と自分の使い勝手の良いレシピシステムを作りたい
●アクリル毛糸の消費
●障子の張り替え(プラスチック障子紙)
●網戸の張り替え
●生活のシステム作り

こんな感じでしょうか。

片付けについては、これからどう生活するのか、どういうふうに生きたいのかというゴールイメージ次第でしょうか。
ものの持ち方も、自分なりになんとなく方向性が見えてきたのですが、今後のことを考えると徒歩圏内に店がない地域なので、いろいろと考えないといけないこともたくさんあります。
電気・ガス・水道以外のライフラインとしての物資の調達方法も、良いやり方があるのかと考えていこうと思います。

無理せず、無理なく 暮らすためには、そう出来るように環境を整えないといけないので、言葉は楽そうですが、それに到るまでのハードルは結構高いのかも……orz




17-0126 雪-01
台所から外を見る

17-0126 雪-02
別の角度から

このところの大寒波で一晩で1m近く積もったりしたので、連日の雪かき地獄な日々です。
ごらんの通り、積雪と屋根からの落雪で家全体がかまくら状態です。
ライフラインは、いまのところまだ大丈夫です。
年末に一冬ぶんくらいは買いだめしたので、あと一ヶ月くらいは食料品は大丈夫だと思います。

雪かきは、あとでまとめてやろうとすると大変なことになりますので、その都度、その都度、毎日やらないとだめなんです。
危ないと思ったときには、1日に2回くらいやったりします。
こうなると、本当にどうしようもない用事以外は出かけたくないのです。
冬は編みこもりですw

17-0126 編み物

仕事と家事と雪かきの合間をみて年末から編んでいたものたち。

フリンジつきのネックウォーマー
opalの残り糸に単色を足して腹巻き帽子
キットで買ったネックウォーマー(アスターステッチ)
ウエーブ編みのネックウオーマー(白いのもあるけど洗濯中)
大量のアクリル糸を円座にしようと研究中の物件

円座のほうは、ひたすらガーター編みなので飽きるんですよねえ……。
なんか早く簡単にできるアイテムとかないかなあ・
リズムニッターの太い糸版6本針とかあったら、多少高くても買うかも!
太い糸でのコードが作りたいので(大量のアクリル並太の消費)、クロバーのワンダーリリアンを買おうかなあと思っています。
リリアン編みって子どもの遊びのように思っていたのですが、クロバーの毛糸のリズムのような超極太になったり合太のように細くなったりするような毛糸でコードを作って、それをつなぎ合わせてストールにしたりするような使い方があるようです。
残り糸を太リリアンにしてとじ合わせたら、膝掛けとか暖かいものができそう。
あ、もちろん、棒針で編むコード編みはできるようになりましたが、あれは4目までが限界なのです。

現在は、マジックループで靴下編みの練習中ですw
五本指ソックスを愛用しているので、普通に素肌に履くソックスは編んでも使わないので、冬に五本指ソックスの上から重ね履きする靴下を編みたいのです。
並太で練習を兼ねての試作中なのです。

いろいろとショップを検索してみて思ったのですが、日本は編み物とか手芸の道具はすごく豊富なんですけど、材料の毛糸は種類が偏っているのかなあと。
靴下にむいているナイロン混紡の毛糸は、ほぼ輸入毛糸しかないのです。
しかも太めの糸はほとんど見かけません。
国産糸で靴下用ってあっても、ものすごく高いのですよねえ……。
もっと毛糸が安くならないかなあ。



illust161.png

あけまして
 おめでとうございます
  今年も ほどほどに良い年でありますように


無理なく、無理せず、でも努力は忘れずに頑張りたいと思います。
皆様にとっても、今年も良い年でありますように。



ここ十数年、ずっと枕ジプシー。
座布団+バスタオル
そば殻枕
低反発枕
いろいろと使ってみました。
ミニサイズのパイプビーズを詰め込んで自分サイズに調整できるものが一番最近のものでした。
それもヘタってきて、なんとなく寝心地がいまいち。

ネットの口コミ情報をいろいろと漁って、辿り着いたのがラテックスの枕。

COMAX 天然ラテックス高反発まくら/枕 肩こり防止/首保護枕 天然ゴム 枕

高いけど、自分への投資と思い切ってポチってみました。
この枕、「高反発枕」なのですが、固くはないのです。
マシュマロのような柔らかさで、ほどよく頭は沈みますがふよんふよんと気持ちのいい弾力があります。
仰向けでも横向きでも頭の収まりがいい。

気持ちがよかったので、うっかりとラテックスの掛け布団とマットレスも検索してしまいましたw
マットレスはともかく、

COMAX 正規品 天然ラテックス 掛け布団 ほこりが出にくい布団 薄い 天然ゴム

これに心惹かれてしまいました。

ラテックス製品は天日干しは厳禁のようで、しかもホコリが出にくい。
天然ゴムの性質から抗菌・防ダニというし、めんどうな天日干しが必要ないし、薄・軽・暖 という話。

いま使っている羽毛布団が10年以上20年未満なので、そろそろ買い換え時期なのではないかと思案しているところです。
ラテックスの掛け布団は、お手入れが楽そうなのと軽くて暖かいというのは魅力的です。
お値段的には良い羽毛布団にちょいプラスなお値段なのですが、十分に考慮の範囲内かなあと思います。
今年や来年には無理そうでも、候補としてチェックはしておこうかなと思います。


なんだか、あっという間に11月も半ば近くになってしまいました。
自分でも日常のこと以外でなにをしていたのか良く覚えていないような……?!
親戚の法事や葬儀に出席したり、農作物の収穫をしたり、保存食づくりをしたり、合間に本の電子化をしたり。
いらないものを処分したあとの収納庫を整理整頓したりもしていました。
書き出してみると、割とまともにちまちまと動いていたようなw
母親に10.1インチのFire HDタブレットを買ってあげたので、お小遣いはちょっとピンチ……orz

ああ、もちろん片付けとか掃除とかも頑張って日常化するように努力しています。
努力しています……
出来ていないこともあるけどw

さて、タイトルの腹巻きですが、実は私、いままで腹巻きって使ったことがなかったのです。
相当なめんどくさがり屋でもあるので、衣服でも腹巻きとかめんどくさかったのです。
それに、なんだか腹巻きって、バカボンのパパみたいなイメージが……w

でも、若くなくなってくると、年々、秋から春先の体の冷えがたまらなくなってきました。
暖かいフリースを重ね着しても、綿入れ半纏を着込んでも背中とかお腹まわりがスースーするというか寒いのです。
風邪引き始めに、いくら熱めのお風呂に入っても背中のほうが暖かく感じないみたいな感覚に似ています。

生姜湯で内側から温めようとしたり、いろいろとやってみたのですが、ほんの少しだけで気休めくらいにしかならないので随分と悩んでいました。
貼るカイロを腰に貼っていると冷えが気にならなくなるので、結局はお腹周りの保温が必要なのかなと、思い切って薄くて良く延びるという、お安めの腹巻きをお試し購入してみました。
結果は、大当たりかも!
背中からお腹まわりの冷えの不快感が一気に軽減された感じです。
それに今時の腹巻きって、すごく薄くて着用していても外からは全然わからない。
お腹まわりの冷えが軽減されると、不思議なことに手足の先の冷えも軽減される感じです。

今回、購入したのは
(マモーレ) Mamo-Re ふわっとロング 腹巻

たった一枚の小さな小物なのに暖かさが全然違ってくるのは驚きでした。

そして、腹巻きとともに今年の冬越しのために購入したのが、厚手のトレンカです。
それもぽっちゃりさん用のタイプw
ぽっちゃりって言えば可愛らしいけど、太め用ですね……。
いままではスパッツを使っていたのですが、足首まわりが不快なのと、上に履くものとの相性でもたついたり、ずり上がったりでめんどくさいことが多かったので、思い切ってトレンカに変更しました。
タイツと違って足先がない、かかと穴タイプなので、安定感があってズレを気にしなくてもいいのと、五本指ソックスを重ね履きできるので快適です。
しかも弱いですが少しだけ着圧もあるので、血行にも良いのかも。

この冬は、腹巻きな日々になりそうですが、あったかく過ごせそう。



260929-アクリルタンブラー

九月後半は、連日の雨続きですっきりしないお天気模様です。
たまに晴れると、うへーとなるほどの暑さだったり……。

以前から考えていて、どうにかしたいなと思っていたガラス食器についてなのですが、今回、2つだけお試し購入してみました。

キントー タンブラー TRIA クリア 23147

この間、立て続けに客用のガラスのタンブラーと皿を割ってしまったので、母親だけでなく私もそろそろ考えたほうがいいなあと思っていました。
画像は上のリンクのものを購入したタンブラーなのですが、見た目はほとんどガラス。

最初に母親に「これ、買っちゃった」と、渡してみたら、
「え、え? なにこれ、軽い!」
びっくりしていましたw
ガラスなのに軽いの? と聞いてきたので、アクリルと答えると感心していました。

この見た目なら、ほぼガラスと変わらないので、客用にも充分に使えるのではないかなと思います。

キントー ボウル TRIA クリア 23157

同じシリーズで、ボウルのほうも購入を考えています。
アイスやヨーグルト、フルーツに使いたい。
普段使いするにはガラスは面倒なので、あまり使っていないのですが、これなら気軽に普段使いしつつ客用にも使えそうです。




調味料や粉物などを詰め替えしていて不便だと思った事はありませんか?
わたしは、詰め替えするときに上手く入らなくて不便だなと凄く思います。
なので、

AKAO(アカオ) アルミ 広口ロート 15cm

これを買いました。
商品説明にはありませんが、下の口の直径は5cmです。
これで、いろいろな詰め替えや、ジャム・塩レモンの容器詰めがストレスなく行えます。
乾物の豆や米の詰め替えとかにも重宝しています。
ホームセンターなどでも取り扱っています。

以前にも拙ブログで、セーターのハンガー掛けのやり方を紹介したことがりますが、質問されたので改めて

ニットが「型くずれ」しない、正しいハンガーのかけ方

一回着たけど、洗うにはもう1~2回着てから。
でも、たたんで置くのがめんどいし、洗濯済みのものと一緒にしたくないという時に、こんなふうにちょい掛けしておくと扱いやすいです。
たたむよりも手間がないし、置き場所にも困らない。

動画 コートの毛玉を簡単に取るライフハック

よくある毛玉問題、これ、かなり使える技です。
でもセーターのような柔らかいものはだめですw

小さくなった石鹸を電子レンジで再生!

こちらは、近いうちにやってみようと思っている事です。
というのは、うちの母上、お風呂の石けんが半分より少し小さくなった段階で新しいモノを出して入れ替える。
小さくなった(私基準ではまだ充分に使える)ものをネット(ミカンなんかの入っているやつ)に入れて脇にのけておくのです。
勿体ないから、私が入浴のときに使っているけど、ネットに入る石けんのほうが増える一方……。
これはたぶんですが、母親はもう意識もしていないけど、嫁としてやってきた半世紀近くの体験がさせる習慣なんだろうと思います。
かつては、大家族だった我が家、石けんの残りが少なくなったら、姑に嫌味を言われていたから……。
そういう文句を言われないように立ち回ってきた経験が身に染みついて、誰もそのことで文句を言ったり困ったりしないのに、無意識のレベルで行動しているんではないかと思います。
それを責めてもどうにもならないので、ちょっと面白い実験みたいに遊んでみせて、最後まで使い切れるように誘導していこうかなと思っています。

こういうものだと思い込んだら、環境や状況の変化に、生活習慣や価値観をすりあわせる考えが出ないというのも、年を取るということの現れなのかもしれません。
他人のために生きるのではなく、自分が楽に暮らせるように物事を考えるのは、年を取りすぎてからでは遅いのかも。


片付けのジェネレーションギャップで、一番感じるのが「勿体ない」のズレ。
ゴミ箱にレジ袋入れて使うのだけど、中のゴミだけを移してレジ袋はずーっとそのまま使おうとするのが母親。
レジ袋ごと引き抜いてゴミ袋にinするのが私。
その勿体ないの節約したつもりの行動、1円も効果はないんだけどね…。


暑かったり寒かったり、めまぐるしい春の陽気です。

先日、法事で久しぶりに親戚一同の顔合わせ。
近況報告、あれこれの噂話やらなにやらと花が咲く。
みなさん、みんな高齢者と呼ばれる年齢ゾーンの方ばかりになってきています。
自然に話題は、健康問題になっていき、医者からもっと食に気を遣えと言われたという人もちらほら。
もっといろんな種類のものを食べろということらしい。

高齢になると料理がおっくうになるし、自分ひとりだけのためにきちんと料理するのが面倒になってくるのだとか。
やー、そのへんは高齢者でなくても、若くても自分ひとりだけのためにきっちりと料理するのは面倒ですw
「一人分なら、無理にきちんと作らなくても、インスタントの味噌汁を使えばいいよ」
と、母親が言い出して、慌てて誤解されないようにフォローすることになった。
だってね、似非主婦な体面というものもあるんですw


要するに、以前に記事にしたように 手抜き技 のように、インスタントの味噌汁の素を調味料に使えばいいのだと。
インスタントが悪いというよりも、インスタントだけで終わるからだめなだけで、具を加えればいいじゃないの? というようなことをフォローしてみた。
話の流れから、台所で実演する羽目になってしまったのです。

小鍋に、汁椀1杯ぶんの水を入れて、刻んでタッパーにいれておいた人参、キャベツ(軽く塩もみして水洗いしたもの)、ゆでて切っておいたほうれん草を、ちょいちょいと入れて、インスタントの味噌汁(生味噌タイプ)の素を入れて、沸騰させたらお椀に移して、ネギの刻んでおいたものをパラパラ。

豆苗、もやし、エノキダケ(時々は椎茸・エリンギも)、にんじんの千切りをタッパーに入れて、「白だし」を振りかけたものを、ゆるくラップか、調節できるものならタッパーでもレンジでチンしたものを作り置きしておいて、そのままおひたし風、卵焼きに入れる、ラーメンのトッピング、うどんのトッピングに使うなど、ちょっとした作り置きをしておけば、すぐに手間なしに食べられるからと、いろいろな手抜きノウハウを披露するハメに……orz

魚はいいけど、肉はあんまり食べたくないとか、高齢者によくある食の好みも、車麩をしっかりと煮込んでおいて、炒め物や、卵と野菜を足して親子丼風にしたりとか、いろんな手法がありますよ と。
魚も、煮物・焼き物だけじゃなくて、南蛮漬けのようにすると少しずつ食べられるとか。

結局のところ、自分が毎日の食事の支度を短時間で、それなりに見栄えるようにやりくりするために、自分なりのやり方の「作り置き」をやっているわけです。
時々は、本当に時間がなくて困ったときには、インスタントの味噌汁の素も使いますw
要は、カレールーやシチューの素と同じで、そういうものもちゃんと具を足してやればいいんじゃない? とか、ゆるゆる手抜きもアリと思っている今日この頃……w

「作り置き」の工夫をするようになって、だいたい30分くらいで1汁3菜(うち2菜は作り置き)用意ができるようになりました。
ちなみに、ガス代が「作り置き」を本格的にするようになってから、少しだけ減りました。(金額にしたら月額1000円くらい?)
「作り置き」だって、ある意味、インスタントだよね?(こじつけ)




2月も半ばすぎ、この季節になると卒業・入学やら新卒入社やらで、いろいろと文章を取り扱うことが増えます。
書くほうもいろいろと忙しい中に、あれこれと書かされて大変でしょうねえ……。

社会人になって、学校の勉強で一番役に立つ学科は、基本的なものはともかく「国語」だと思います。
会社の書類、メールでの連絡のやりとり、稟議書、計画書、企画書、プレゼン資料……ほぼすべてのものが文字ベースなので、国語力の有る無しは、意外と仕事に響きます。
さらに欲を言えば、手書き文字が美麗でなくてもいいけど、誰が読んでも読める普通レベルの書き文字であれば良いですね。
学校の授業では決して教えてくれないことなのですが、手書き文字の読みやすさというのは、それを読む立場の人にとっては相手への好感度のかなりの部分を占めると思います。
字も個性のうちという考え方もありますが、どうせなら良い方向の個性と取ってほしいですよねw

字に自信がないのなら、せめて丁寧に書くこと、他人が読むことを意識して書くだけでもずいぶんと違うと思います。
自分だけが読む手帳なら、なんでもかまいませんが、人が読むものは丁寧に書く これだけでも印象度はかなり違います。

点数にかかわる学校の勉強はともかく、このへんの 大人の知恵と価値観 は、子どもに教えてあげてほしいなと思います。

そして、社会人になって独立するときに必須なのが、男女関係なく生活技術だと思います。
衣服をきれいに保つお手入れや、洗濯、部屋を掃除する、健康を維持するための食事の仕方、料理の技術、お金の管理の仕方などなど。

昔、働いていた会社の寮で、新入社員がご飯の炊き方すら知らなかった人もいました。
掃除なんてしたことがなかった人もいました。
家事とか生活技術は、大人になったら自然にできるようにはなりません。
だから、今もって私なども、片付けやらなにやらで苦労しているのです……w
新しい環境で、新しい人間関係で、したこともない仕事をして、ヘトヘトになって、どうしていいか分からない生活のためのアレコレまで、全部、新しいことずくめというのは過酷です。

子どもが本当に可愛いのなら、大人になったときに困らないように生活のための技術、金銭管理のやり方、社会の大人目線の知恵と価値観も少しずつ教えて実践させてあげてほしいと思います。

こういう学校では教えてくれないお勉強も大事。

と、早春のこの時期になると、毎年思うことです。