上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17-0622 タイサンボクの花

泰山木の花
とても良い香りがします。

「丁寧な暮らし」というフレーズを目にするようになって久しいのですが、ネットやいろいろな意識高い雑誌などを読んでみても、具体的に何がどうなら「丁寧な暮らし」なのか、さっぱり具体的なものがわからずに、ただ、ただ言葉のイメージだけがぼんやりとフワフワとしている感じでした。

その微妙なモニョモニョするような収まりの悪さがずーーっと引っかかっていました。

Twitterで見た深谷かほるさんの「夜廻り猫」の43話を見て、ふっとなんとなく解答が分かったような気がしました。

Twitterより 夜廻り猫 43

「丁寧な暮らし」への疑問とは少し離れますが、昔、TVでシングルマザーのご家庭の大変さみたいなドキュメンタリー風なものを見たときに感じていたものの解答も、この漫画でもらったような気がします。
中学生くらいの女の子がいる母子家庭で、母親が仕事から帰ってくるのが夜の8時前、帰宅してからベランダの洗濯物を取り込んで、食事の支度をして~~という忙しい母親の傍らで、中学生の娘さんは何もせずに漫画を読んでいるという状態に、「なんで中学生にもなって何にも手伝わないのだろう」「洗濯物くらい取り込んだらええのに」と不思議に思っていました。
ちょっと駄目な娘さんじゃないの?
お母さん、ちゃんとやらせないと
とか思ったモノです。

夜廻り猫の43話で、仕事から帰って30分で食事を作って食べて夜の仕事に出るというお父さん。
様子を見にきていたおばあさんが、息子くんにゲームばかりしていないで手伝いなさいと叱ると、お父さんが息子は邪魔にならないようにゲームをしているんだ、自分が教える時間がないのが悪いのだと。

これを読んで、はっとなりました。
昔、見たあのTVの母子家庭の娘さんも、お母さんが忙しくて教える時間の余裕がなかったのかもしれないなあ……と。
そう気づいたときに、ふと、なにが「丁寧な暮らし」なのか分かったような気がしました。

ネットでも雑誌でも「丁寧な暮らし」というと、お菓子の手作りやパンを自分で焼いたり、市販品じゃない時間と手間のかかる料理を作ったり、身につけるものを手作りしたりとか、そういうやり方ばかりが紹介されています。
じゃあ、お米や野菜から育てて食べている農家が一番「丁寧な暮らし」をしているのかしらw
違うんじゃないかなあといつも思っていたのです。

「丁寧な暮らし」というのは、そういうことが出来るような余裕のある暮らしという意味なんじゃないかなあと思うのです。
なにかを手作りしたりしないと「丁寧な暮らし」というわけじゃなくて、なにか少し手間をかけてもいいなと思える気持ちと時間に余裕のある暮らしというのが正解なんじゃないかと思います。
「丁寧な暮らし」という表現じゃなくて、「ゆとりのある暮らし」なのかなと思います。

個人的には生活に「丁寧な暮らし」とか「雑な暮らし」とか無いと思います。
別に手作りしようがしまいがどうでもいいことだし、好きなものを生活スペースに置いて、好きなことを楽しむゆとりがあれば良いのです。

忙しく時間に追われている人の憧れる「丁寧な暮らし」というのは、実のところ「時間にゆとりのある暮らし」なのではないでしょうか。

なんとなく、グタグタとめんどくさい事を書いてしまいましたが、小さなことでも楽しいと思える暮らしにしたいですね。



スポンサーサイト
17-0622 ニワナナカマド

ニワナナカマドの花が盛りです。
遠目には地味ですが、よく見るととても綺麗な形でかわいいです。

ちょっと前に日々の日常を記録するという記事を書きましたが、あれからしばらく続けてみて、いろいろとやり方を試行錯誤してみた結果です。

○手書きはめんどくさいので普通にいつでも使えるパソコンで入力
○昼と夜の食事内容を撮影して、L版1枚に2つの画像をプリントする
○スクラップのように手軽に貼り付け

この3つを前回に決めていました。

試行錯誤してみて、記録としてあとからデータを見直して活用するために

●年月日、天気、気温(最低~最高)
●その日にした作業や出来事を簡潔に記載する
●出来事に対してネガティブで感情的な記載はしない
●金銭の入出金の簡単な記載
●昼と夜の食事内容の記載
●その他 気づいた家族の状態、自分の体調などの記載

これらを、はがきサイズでテンプレートを作って(Excel使用)入力、2部プリントしています。
1部はプリントした画像やレシート、納品書などと一緒に、普通のノートに貼り付けています。
ノートは我が家にあった未使用の学生用のノートw

もう1部は、A4のスクラップブックに貼り付けています。
こちらは画像プリントとかレシートとかはなしです。
A4なので1ページにはがきサイズが4枚貼り付けられます。
ちゃんと続けられたら、このスクラップブックの1ページで4年分の同日が記録できるかなと思います。

今のところ、ちゃちゃっと貼り付けておしまいなので、それほど面倒と感じることはありません。

うまく続けられたらいいな、というか続けようw

17-0611 大根の鉢植え

大根の鉢植え

余っていた大きな深鉢に大根を3本ずつくらい育てています。
ほどほどの大きさで便利。

今年はどういうわけか、虫害・獣害がひどくて、じゃがいもの収穫はほぼ絶望的です。
困ったモンです。

17-0523 猫

今日は雨なので、ひさしぶりの日曜日をみんなで満喫♪





2017.06.04 【日常】動く
17-0604 ムスカリの種

ムスカリの種

17-0604 網戸の張り替え

長年、見ないふりをしていた部屋の網戸の惨状
とうとう限界なので、がんばって張り替えました。

網戸を張り替える羽目になったのは、こいつが犯猫です!


10-07-09 猫-02

ニャコム 御年3ヵ月のやんちゃ盛りの狼藉の数々のひとつ。

さて、明日は、はびこり過ぎた芝桜をひっぱがして、植え替えしましょうか。


17-0603 エンドウ01

サヤエンドウの収穫
スジをとって水洗いして

17-0603 エンドウ02

さっと色が変わるくらいに茹でて、刻んで小分け

17-0603 エンドウ03

くるくるっと空気を押し出すように巻いて、袋の口を下にしてパック詰め

17-0603 エンドウ04

マスキングテープで中身がわかるようにラベリングして、冷凍庫に

みそ汁の具
野菜炒めに
丼ものの彩りに

きっちり小分けして、定型のパック詰めして、ラベリングです。
いまのところ、冷凍庫の中身がとても管理・運用がしやすくなっています。
空いた隙間はアイスを詰める予定。



17-0601 記録

このところチェキが欲しいなと思っていました。
理由は、手軽に撮影して貼り付けて記録に使いたかったから。
食事、農作業、季節の花とか草とか、猫とか。

ブログがあるじゃないかと突っ込まれそうですが、やはりブログでは用が足りない部分もありますw
ブログは手軽ではあるのですが、年単位での閲覧性と検索性がどうしても難点があります。

そう思い始めたのは、母親の話を聞いてからでした。
母親には若くして亡くなった兄がいました。(私からみたら伯父さん)
農業の傍らに山林で仕事もしていて、私が小学校にあがるかどうかの頃の冬に雪崩れに巻き込まれて亡くなりました。
伯父が亡くなった後、残された家族が伯父の仕事の支払いのことでトラブルがあり、先方は知らぬ存ぜぬと言い張っていたそうです。
伯父は大変に几帳面な方で、毎日、その日にあったこと・仕事の作業内容などを丁寧に日記に書き記していたので、それがものを言って先方が負けて支払ってくれたということがあったそうです。
それから、母親はずっと日記を書いています。
その日記も1日1ページではなく、3年日記と言われるもので、1ページで3年間の同じ日の記録が見られるものです。
見せて貰ったことがありますが、すごくシンプルな内容で、その日の農作業の内容、行事、簡単な支出の記録でした。

私は日記とか手帖とか小まめな几帳面さが無いので、本当に三日坊主の帝王なんですよね……。
だけど、そうも言っていられません。
今年からいろいろと考えることもあって、業務日誌のように記録しておかないと後々困るんじゃなかろうかと思うようになりました。
農作業のこと、地域のいろいろなこと、家計簿的なもの、お寺や神社関係のこと、法事や葬儀などの親戚関係のことなどなど。

やったほうが良いのならやるべきですし、できたら簡単でスクラップするように手軽に貼り付けて記録が残せたらいいなという思いから、チェキがあったら良さそうと思ったわけです。

ここ数年でようやく身につきつつあるのですが、一時のイメージ的なものに浮かれないで、「本当にそれがないと出来ない?」と立ち止まって考え直すというやり方でチェックし直してみました。

チェキってかわいいですが、あんまり安くはないです。
しかもランニングコストもそれなりに……w

デジカメは持っている。
性能は最新ではないけど、画質的にはそこそこのレベル。
いろいろ考えてみて、Wi-Fi・無線LANな複合機がチェキより安く買えます。
インクのコストはかなりしますが、汎用性と綺麗さはこちらのほうが上です。
しかも付属のフォトプリントアプリを使えば、上の画像のようにL版用紙に2つの画像をプリントできますし、4つの画像を1枚にプリントもできます。
母親からもデジカメで撮影したデータのプリントを頼まれることがあるので、プリンタを買う方が良いと結論出しました。

適当なノートかスクラップブックで、貼り付けるだけのお手軽な日々の記録帳をスタートすることにしました。
手書きがめんどくさかったら、パソコンのメモ帳でちょいちょいと入力してプリントしたものを貼り付けるだけです。
その日の買い物のレシート、通販の納品書、食べたお菓子が美味しかったと思ったらパッケージもw
ゆるーく、適当なやり方ですけど、自分のためと思ってしばらく続けようと思います。


物騒なタイトルですが、田舎に住んでいると本当に緑との闘いになるんです。
毎年のこととはいえ、とうとう音をあげて草刈り機と生け垣バリカンを買いました。

マキタ(makita) 充電式ミニ生垣バリカン 刈込幅260mm 18V 3.0Ah バッテリ・充電器別売 MUH267DZ

マキタ 充電式草刈機 分割棹 18V バッテリー1個付・充電器付 MUR183UDRF(楽巻きナイロンコードカッタ付きお買得セット)

以前にマキタの充電式掃除機を買っているので、バッテリーが同じものが使えるので、マキタで揃えてみました。
原野の草刈りとは違って、家屋敷の敷地内の草刈りくらいなら充電式で十分に間に合います。
とくに今回欲しかったのが、ナイロンコードカッターでした。
金属歯のチップソーと違って、太めのナイロンコードなので植木や石などのある場所での草刈りが一気に楽になりました。

自然がいっぱいというのは、苦労もいっぱいあるんです……。

家の土台まわりの取りにくい草には熱湯除草一択です。
ちなみに根の深い草にはあまり効果がないので、何度か繰り返す必要があります。
一度にきれいにできなくてもいいんです。
短いスパンで繰り返せばいいのです。
そのへんは家の中の掃除と同じです。

ちなみに腕貫と顔まわりの防虫ネットは必須ですw


17-05-13 モッコウバラ-01

西日の中のモッコウバラ

怒濤のGWも終わり、再び農作業やらなにやらの日常です。
今年は、足が悪くなってきた母親のために、庭や屋敷周りのデコボコを補修したり、除草の手間をはぶくための簡易舗装のようなことをしています。
雨水で表土が流れて溝のようになったりしている場所や、ちょっとした段差のようになっている場所を、「固まる土」で補修したり埋めて歩きやすくなるようにしています。
家の外のバリアフリーリフォームのようなものです。
草の生えてほしくない場所(通路)をしっかりと確保するためでもあります。

それと同時に、毎朝、大きめのヤカンにお湯を沸かして、草取りのしにくい場所を重点的に熱湯を使った除草作業をしています。
草との闘いは、春の今が勝負なのですw


17-05-13 プランター

17-05-13 プランター02

先代の大きな負の遺産が詰め込まれた納屋を撤去した跡地ですが、現在ではこんな感じです。

母親もそろそろ農業は体が辛くなってきたので、いろいろなお付き合いで借りていた畑をお返しして、敷地内だけの畑へと縮小していきました。
そして、いくつかの野菜はプランター栽培へとシフトさせることにしました。

上は、二十日大根やラディッシュ、下は玉レタス、にらねぎ、ネギの苗です。
そのほかに、台所の窓の前にミニトマトとフルーツトマトの大鉢植え5鉢、ピーマンを3鉢の予定です。

ものを減らした結果として、いろいろと暮らしやすくなったと感じているのですが、生活自体も無理せず無駄を出さずに小さく暮らしたいと考えてはいるのですが……。
なかなか大家族で暮らしていた頃の感覚というのは切り替えにくいものですw



ちょっと前のガッテンの情報で、缶詰を見直そうと思ったという記事を書きました。

日常食の一つとして缶詰を見直そうということで、ローリングストック法の備蓄の内容に缶詰を加えることにしました。
たくさんある缶詰の種類の中から、我が家の家族の好みにあうものはどれか、缶詰を食材の一つとして使うときにどれが使いやすいか考えると、結局、一つずつ試してみるしかないわけです。

ホテイ やきとり(柚子こしょう味)
いなば やきとり(塩味)
いなば とりささみフレーク
マルハ いわしレモンスープ

この4つは、缶詰にありがちな甘味が無いので、とても食べやすいです。
特に「やきとり(柚子こしょう味)」と「いわしレモンスープ」は、サラダの付け合わせに使えて、缶汁がドレッシングがわりに使える美味しさでした。

水煮系は、現在、いろいろとレシピをお試し中。

青魚ものは、出来るだけ食べたほうが体に良いのは分かっていますが、食材の量と食べられる量が釣り合わなくなってきているので、なかなか難しくなってきました。
そういう意味でも、最近の我が家では、缶詰くらいの量がちょうど使いやすいかと。
なによりも、生魚と違って日持ちを気にしなくてもいいのが楽ですw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。