260929-本棚

本のデジタル化ですが、現在はこんな感じの状況ですw

マンガ本は完了
文庫本がほぼ半分くらい終わり
ハードカバーは手つかず

自室の本棚は処理終わった資源ゴミ置き場になっていますw
収納庫に突っ込んであるブックストッカーが、残り20個くらいかしら。
たぶん今年中には文庫本は終わります。
ハードカバーについては、やり方を試行錯誤しないといけないので、もう少しかかるかな……。

ちなみにタブレットですが、いろいろと検討した結果、出たばかりのAmazonのFire HD8を買いました。

●あまり外に持ち出さない。
●自宅内のWi-Fi環境でのネットくらいで充分(居間で使うくらい)
●基本的に「読書用」 である

という要点を考えて、
・電子書籍が入手しやすい
・保証が確かである(保証期間内の故障は新品取り替えなので修理の待ち時間がほぼ無い)
・お値段(ここ大事!)

ということで、Fire HDタブレットに決めました。

PC関連のお仕事をしていらっしゃる人から聞いた話で、Androidタブレットの故障率はかなり高く、もって2年くらいだとか。
Appleのipad proが欲しかったのですが、あれは下手なノートPC並みのお値段です……。
そのぶん、安いAndroidタブレット数台を使い潰すくらいの期間は使えるというお話ですが、なかなかにあのお値段は手が出ません(苦笑)。

車でもそうですが、タブレット関連でも本体だけ買ってOKというわけにはいかないものです。
保証、ケース、マイクロSD、保護フィルムと必要なものを揃えると、ひらひらとお札が飛んで行きます。
リンゴマークのにくいやつを見積もってみると、普通のWindowsのノートPCが買えちゃうお値段になっちゃったw

正直な話、タブレットの場合、最大保証で3年くらいつけて、その期間を終わる頃には新しい高機能なものが出て来るので、それに更新するというのが一番堅実かつ現実的ではないでしょうか。
軽く十万超えのものを3年で更新する経済的な体力はないのです……。
今回チョイスしたFire HD8は32Gで、本体は15,800円。
もろもろ入れても2万ちょいでした。
それくらいのお値段なら、3年後に買い換えるとしても懐的にも楽です。
私のように最初から 読書用 と割り切っているのなら、特別に高画質でなくても良い感じに読めます。
Amazonのプライム会員なら、いろいろとお得な使い方もできます。

タブレット読書ですが、これは慣れたら便利です。
なにしろ、本だとシリーズものでまとめて収納しても、あとから出てきた続きが収まらずに適当に別の場所に突っ込んだために、あちこち探さないといけないということがないし、読み終わった本を片付けて収納するという手間もいらない。
本によっては、レーベルが違うとサイズが違ったりして決めておいた収納場所・方法に収まらないという腹の立つ事態も無くなります。
本棚の本もきれいに収まっていても、うっかり掃除が行き届かないとホコリまみれになっていたりするという手間もなくなります。

よくある話ですが、タブレットなどの電子書籍は電気がないと読めないじゃないか、タブレット壊れたら読めないじゃないかと。
それは確かにそうでしょうね。
ただ、停電してもタブレットの充電があれば読めます。
タブレットの充電が不可能なほどの長期間の停電でも、ソーラー充電などというのもあるので使用不可能じゃないです。
あと、それも出来ないほどの停電じゃなくて、失電といわれるような文明レベルでの状況になったら、生存のための努力が先で本なんか読んでいる暇はないと思いますw

私は本が好きですが、普通の一般家庭で負担にならずに管理できる限界は200冊までくらいだと思います。
それ以上は、収納に苦労しますし、管理がほぼできないと思います。

まだまだ道半ばですが、蔵書のデジタル化はやって良かったと思っています。


脱出ゲーム

たまには、こんなゲームはいかがでしょう。
メモ必須です。
現在は、「Linkage」と「VISION」の2つをやりかけです。

これやっていると、いかに自分の頭が固くなっているか実感してしまいましたw
ガチガチに視野が狭くなっているなあと自覚できるので、たまにはこういうゲームもお薦めです。


14-05-17 パーフェクトマスター

昨年の今頃、PCを64bitに買い換えてWindows 7に入れ替え、先月、Adobe Photoshop CS6を導入しました。
10数年前のPhotoshop 7から止まっていた更新を一気に格上げしたので、ある意味「ウラシマ」状態。
日常的に仕事に使う部分は大丈夫なんですが、7から上に実装された機能がほとんど分からないw

ということで、参考書を買いました。
予想以上の分厚さに驚愕です。
ガムボトルの四分の三くらいの厚さ。
測ってみると5センチありました……。

最初のページに、Photoshopの歴史というのがあって、それを見ると、私がPhotoshopを正式に使い始めたのがVer.2.5からです。しかも英語版でした。
1993年に出たとあります。
21年前かあ……。

これから秋くらいまで、仕事に余裕ができるので、この本を見ながら、改めて勉強し直そうと思います。
パラパラと散見しただけでも、画像補正のやり方も、新しいPhotoshopの機能ならではのスマートで新しいやり方がちらほらと見えたので、自分のスキルのステップアップのための投資が無駄にならないように頑張りたいです。

この手の専門書、本当に高いのよね……orz


14-05-01 HDD分解

かなり昔からPCを使ってきているので、どうしたって代替わりするたびにHDDの処分という問題が生じる。
最初の頃は、無造作に捨てていたけど、途中からいろいろな話をきいて、それはマズイよね……とHDDだけ外して処分するようになった。
結果として、HDDだけがかなりの数で貯まってしまった。

本体があるのなら、意味の無いデータを上書きして埋め尽くして捨てるほうが確実ですが、あいにく本体はない、古いタイプのHDDもあって現在の仕様では使えないものもある。
やー、もう、こうなったら徹底してバラして不燃ゴミで捨てちゃうしかない。

HDDの分解そのもはすごく簡単で、六角形の星型の先をもつ「ヘクスローブ・ドライバー」というドライバーが2本あれば、だれでも10分程度でバラせると思う。
必要なサイズは、T8とT6だけ。
普通のホームセンターでは滅多においてない特殊ドライバー。
Amazonで2本合計でも2000円でおつりがくるお値段w
パソコンをこれからも使い続けるのなら、もっておいても損は無いと思う。

写真は、とりあえず4台をバラしたところ。

筐体のシール部分の下(裏表にも)にもネジがあるので、それをはぎ取るのにカッターより大型の安全ピンの針先が便利です。
そして、中の強力な磁石をはずすのに、指先ではむずかしいので、大きいサイズのマイナスドライバーのようなものもあると楽。

全部はずした果ての、写真右下のキレイな円盤がHDDの記録部分。
さらに不安な人は、この円盤だけ保管すればいいし、これを捨てたいのなら、コンクリートの上でじゃりじゃりっとこすって傷をつけてから捨てればいい。
これをさらに割ることもできるけど、結構あぶないので、あんまりおすすめしない。

ソフマップだかで、980円くらいで目の前でHDDに穴を開けて廃棄処分してくれるサービスがあるという話をきいたことがあるけど、ど田舎なのでそんな店はないです……w

HDDの分解くらいしか使い道の無い特殊工具で2000円くらいだけど、あれば安心してHDDを処分できる。
2000円で、「安心」して、「納得」して捨てられるというのは、よい買い物だったと思う。



白状すると、あんまり字は上手じゃないです。
ぶっちゃけ、ヘタのほうが正しい。
自分の書いたメモを後からみて読めないというのはさすがにないけど、人様に読ませるにはちょっと恥ずかしすぎると思う……。

字の練習をすればいいのだが、なかなかそこにたどり着けずに、ついコレ買っちゃった。

CASIO カシオ計算機 memopri メモプリ

付箋紙プリンタとあるけど、実際は弱粘性のノリが全面についているテープ。
よくある一か所だけに粘着ノリのついたピラピラのものとは全然別もの。
書類とかに、はみ出してタブINDEXっぽく使うやり方には向かないです。

どっちかというと、デジタルメモでしょうね。

テプラとかネームランドのようなラベルプリンタとは使いどころがちょっと違うかもしれません。
まず、テプラなどのようなものと違って、感熱紙なので、長期間使うものはには向かないかも。
あくまでも短期なものむけだと思う。

手書きで字を書くより、キーボードのほうが早いのです……。
もちろん、その場かぎりのメモなら、手書きします。

14-04-13 メモプリ-01

PCの筐体のサイドが、いまのところメモ貼り専用になっちゃってるw
だけど、かなりみっともない……。

14-04-13 メモプリ-02

大事なものだけ、メモプリで貼り直してみた。
筐体に直で貼ってもいいけど、それを持ち出す可能性もあるので、メモ用紙でまとめ貼り。

おんなじ内容だけど、結構印象が変わったかも。
メモの種類ごとに色を変えられるし、なによりもやっぱり活字なので、読みやすい……orz

ちなみに1枚目の右下の、ワインレッドな小さなやつがメモプリです。
テープの裏に剥離紙がないので、プリントして、ピッと手でCutして、そのまますぐに貼り付けるという手軽さがいい。
テープを換えるのもすぐできます。
上の黒い蓋をあけたて入れ替えるだけ。
テープ代が、うちにあるbrotherのピータッチのテープの半額なので、相当にリーズナブルだと思います。
「履歴」という機能があるので、同じ内容を何度でも呼び出してプリントできる。

欠点は、いまのところ、電源ボタンがないのがめんどくさいくらいかなあ。
あと、前後の余白がちょっと大きいかも。

家庭内で使うのなら、
家族への伝言メモ
カレンダーへの予定貼り
冷蔵庫の中身などの、開封日を貼っておく
収納のラベリングの仮貼り用

手帳に付箋をつかっている人には便利かも。

これはお手軽に、ぱぱっと使えるというのがウリなコンセプトのものだと思うので、印字の綺麗さ、もっと装飾性が欲しいというようなこだわりで使うと、がっかりするかもしれない。

手書きがめんどくさい私には、かなり便利かも。


車以外にも、増税前とかに関係無く、買わざるを得なかったものがあります。
7年使い倒したScansnap、メディア販売を4月25日で打ち切るとアナウンスされたAdobe Photoshop。

Scansnap fi-5110EOX3からiX500への更新なので、技術的な進化には目を見張るものがあります。
普通のものなら取りっきりでもそのまま使えるくらいキレイにScanできます。
Scansnap fi-5110EOX3 ではできなかった長尺(最長80センチくらいまで)ものもScanできるので、今まで苦労していた表紙カバーのScanも一発です。
これで今年も頑張って本の整理ができるかな。

私個人としては、実はPhotoshopのほうが痛かったです。
CSという形になる以前のPhotoshop 7をいまだに使っていたのですが、PCが64bitになったことだし、そろそろCSに更新するかなあと思っていたのですが、AdobeからのCSのパッケージ販売は4月25日で打ち切りというアナウンスに驚愕でした。

Adobe Creative Cloud という名称からも分かるように、オンライン配信での毎月課金販売です。
ようするに、アプリを売るというより、アプリの使用権を買うという感じ?
毎月課金のオンラインゲームと同じようなものです。

CCのメリット
・バージョンアップにともなうアップグレード料金がない。
・複数のバージョンを扱えるらしい。(クライアントへの対応がしやすい)
・win&MAC 両方に対応できる。
・Creative CloudはMaster Collection相当の内容。

このメリットも、実は使う人の必要度によってはデメリットにもなります。
印刷所とかは、最新鋭の設備をもっている所ばかりではなく、逆にPhotoshop 7レベルのほうが使いやすいところも……。
私のようにPhotoshop(主に写真の補正、特殊加工は滅多にやらない)、Illustrator、InDesign程度しか使わないケースもあります。
逆にInDesignいらないという人も。
情報が錯綜していて、実のところよくわからない部分も結構あるし、CCを実際に使っている人にも賛否両論という感じでしょうか。

肝心の料金体系ですが
個人版 年間契約の場合、月額 5,000円(年契約60,000円)
月ごとに解約できる契約の場合 月額 8,000円

全部はいらない、使いたいモノはPhotoshopだけという場合
個人版 単体サブスクリプションというコースがあります。
2,200円/月(1アプリケーション 年間契約 26,400円)
3,200円/月(1アプリケーション 月ごとに契約解除)

いわゆる法人向けプランというのもあるのですが、正直、一人でやっている自営業ではこのプランのメリットがほとんど無いように思えますので、もし利用するのなら個人版だろうなあと思います。

この料金が高いか安いか……悩ましいところですが……。

Photoshop 7って、2002年に出たものなんですよね。
それこそ数年どころじゃない、12年も使えたわけです。
やろうと思えば、さらに数年はこのままでもいけそうですw
考えてみれば、高いソフトですが、12年も使えるというのは化け物級のソフトでもありますよね。

で、まあ、いろいろと考えて、パッケージ版のPhotoshopを買うことにしました。
CS6で対応できないレベルになったときに、改めてCCにすればいいけど、現状では12年前のものでも十分な状況ですから、CS6で数年はしのげるんじゃないかなと。

契約はともかく、解除がとってもめんどくさいという情報もありますので、かなりためらうというのもあるんですけどね……。

うちのお仕事は、最先端にいるようなお仕事じゃないので、常に最新が使えるCCである必要が無いというのも大きいのです。
もっとぶっちゃけると、古いタイプの価値観もちなので、なんかパッケージ版のような現物があるほうが安心するというのもあるんですw

今回はCCじゃなくて、パッケージ版にしたけど、いずれは考えないといけないんでしょうね。

AdobeのCCへの完全移行というのは、営業戦略的には正しいというか必然でしょうが、古くからのAdobeユーザーとしては微妙ですねえ。



年に一度だけ出現する、レアなkosukeさんからの、最近の注目ゲーム情報。

不思議なサバイバルゲーム「Don’t Starve」の説明書

なかなかに味のある絵で、おもしろそうです。

インディーズゲームの小部屋:Room#273「FTL: Faster Than Light」

これは昨年から気になっているのですが、最近ではPlayerも増えたらしく、日本語化の方法もでてきて、しかもニコニコ動画なんかに解説・play動画もいくつかあります。
このへんがkosukeさんのおすすめ情報でした。

こっからは、私の個人的な感想。

ここ数年、いや10年くらいは、コンシューマの和製ゲームでやりたいと思えるようなゲームの記憶がないのです。
萌え系ゲームは、もう見飽きました。
絵とか音楽以外に評価するべきものがないと酷評したくなるのですが、まあ、そのへんは単純に個人的嗜好に合わなかったというだけでしょうかw

ここ数年のうちで、和製ゲームでもおもしろかったものが無いわけでは無いです。

インディーズゲームの小部屋:Room#36「ルセッティア~アイテム屋さんのはじめ方~」

これは、すぐれもののゲームでした。
インディーズだけど、お金を払う価値があるゲームでした。(買いましたw)
ちなみに、Steamでも買えます。

和製ゲームでも、惜しい! あと一歩! と思うゲームが一つだけ。

セガ,眞鍋かをりさん推薦の化石発掘ゲーム「化石プレイ」を発売

セガって、かなり変なゲームをだすことがあるのですが、これもその一つかしら。
ひたすら化石を、ノミやら刷毛やら、果てはふうふう吹いて、きれいに壊さないように掘り出すというゲームなんですが、やると結構はまるんですよ。
だた、惜しむらくは、本当に掘り出したらそれだけなので、一度やったら再プレイはほとんどしないだろうというところ。

これも、もう少し練り込んで、考古学や地質学的なものや、発掘にかかわるいろいろとか、資金繰りとかゲーム性を深めたら、教育ゲームとして面白いんじゃないだろうかと思います。

和製ゲームも、そろそろ「萌え」以外のゲーム要素に立ち返らないと、未来は無さそう……。



中国製の日本語入力ソフト 入力情報を無断送信

もう少し分かりやすく

【悲報】百度IMEやSimejiなど、利用者の全ての入力情報を無断で送信。パスワードも見られちゃうぞwwwww

以前、うっかりJWordを入れてしまい、CnsMinを含めて、アンインストールにとても苦労したことがある。
最終的にはレジストリの書き換えまでやらざるを得なくなった苦い思い出が……。
JWord、CnsMinともに、悪意のある有害なソフトだという説と、そんなことはないという説とあるが、少なくとも私が苦労した古いものに関しては、入れるべきでは無いと言い切れる。

だってねえ、インストールするのは簡単でも、アンインストールが普通にできないものって、そりゃあ悪意を疑われても仕方ないじゃないですかw

おなじタダでも、こちらはなかなか優秀。

Microsoft Security Essentials

Nortonが検知できなかった TrojanDropper:Win32/Rotbrow の対処もばっちりでした。
これは亜種も結構あって、うちの場合はDだったんですけどね……。
いまだにどこでどうやって入ってきたのか謎です。
仕事柄、クライアント側からのデータというのも結構扱いますし、USBでもデータ入稿もよくあります。

なんにせよ、ものごと、タダには理由があると思うべし。


 
PCが新しくなって、不安定さが無くなったので、コミックや小説(文庫)のスキャン(ネット用語では「自炊」というらしい)を再開したと18日の記事で書いたのですが、それに関連して、来年には「読む」ための環境を整えたいなと妄想中。

通勤とかで持ち歩くわけではないので、デスクトップ以外で居間とか、ちょっとした出先での待ち時間に読みたいなあと思うのです。
病院の待合室のような多数の人目があるような場所では、ど田舎ゆえに目立ちすぎて、さすがにイヤですw

数年前は、iPadが憧れでしたが、最近ではいろいろと選択肢が出てきて、迷いは深まるばかり。

Nexus10 か、iPadのRetinaタイプか、はたまたは、いつも利用しているAmazonの Kindle Fire HD か。
モノクロで読むのなら、Kindle paperwhite が一番見やすいらしいし。

すごーーーく頑張って、贅沢に小説をKindle paperwhite で、コミックを大きいタブレットにするという手もあるけど、そこまでの予算が……(苦笑

どの環境で、どう読むのかというアウトプットが未定なので、今はスキャンしたデータは最後まで加工していない。
スキャン作業以外の加工は、仕様が決まれば、ある程度バッチ処理できるので、スキャンしただけの生データ状態で保持しておくことにしているけど、早い段階で読むための環境を決定しないとなあ。

ああ、悩ましい。



ネタがないので、今日も写真いじりな話。

今回は、写真をイラスト風味にしてみること。

2013-05-15 ボタン-01

元画像は、昨日もつかったボタンの花の写真。


2013-05-15 ボタン-01(日本が風)

ぺたっとした絵画風。



2013-09-15 クロッカス-01

こちらは、元画像のクロッカスの花。

2013-09-15 クロッカス-02

細密なボタニカルアート風に。
もっと本気で仕上げたら、背景の枯れ葉とかを消して、白い紙のような背景にすると、よりイラストっぽくなるのかも。


ぼちぼち、お仕事のほうが忙しくなってきたので、こういうお遊びはあんまり出来なくなりそう……。